スタイルトップ  >  絵本・本・よみきかせ   >   【夏フェア 絵本】本当に大好きな子におすすめしたい「昆虫の絵本」

【夏フェア 絵本】本当に大好きな子におすすめしたい「昆虫の絵本」

 

昆虫が大好きな子どもたちの夢って?
ちょっと虫が苦手なママ達には想像もつきません。

 

だけど、絵本を一緒に読んでいると伝わってくるのです。
「ああ、この子、本当に嬉しそうだな」

 

それは、一緒に昆虫と遊ぶお話だったり、虫取り名人のお話だったり、昆虫の事をもっと詳しく教えてくれる絵本だったり…。もちろん、色々なタイプの楽しみ方があるはずです。ぜひ絵本を楽しみながら、子どもたちの世界を一緒にのぞいてみてくださいね。

大好きなカブトムシと、もし一緒に遊べることができたら…?

こんちゃんは虫が大好き。なかでも一番好きなのはカブトムシ!
そんなカブトムシと、もし一緒に遊べることができたら…?

カブトくん

カブトくん

冬のある日、こんちゃんは森で出会うのです。大きな大きな幼虫に。家に持ってかえって大事に育てると、夏も真っ盛りになった頃、地面の上に出てきたのは、自分とほぼ同じ大きさになったカブトムシ。こんちゃんは「カブトくん」と名付けます。

カブトくんは、食いしん坊。大きなスイカをシャミシャミ食べます。
朝は日曜日のお父さんみたいになかなか起きてきません。
力持ちだけど体は軽くて、羽を上手に使って縄跳びができて、お風呂は上手く入れません。

…と、ここまで読んでいるうちに、虫の苦手なママも思うはず。
「カブトくんと一緒に遊ぶ子どもたちの楽しそうなこと!」
それがどれだけ嬉しいことなのか、伝わってくるのです。(カブトくん、ちょっと大きすぎるけどね)

だけど、カブトくん。夜の街に飛び出してみて思います。
「とっても明るいけど、美味しいものはなさそうだなあ」
ちょっと元気がなくなってきて…。

そうですよね。カブトくんの本当にいるべきところはここではないのかもしれません。こんちゃんだって、わかっています。だって、本当にカブトくんのことが好きだから! こんちゃんの決心は簡単ではないけれど、それはとっても大事な経験です。

『カブトくん』は昆虫が大好きな作者タダサトシさんが初めて手がけられた絵本だそう。子どもの頃のワクワクした思いをベースに作られていると聞いて納得です。その興奮と喜びが素直に表現されている絵とストーリーに、子どもたちはもちろん、周りの大人だって巻き込まれていってしまうのです。食わず嫌いと言わず、ぜひ親子一緒にその喜びを味わってみてくださいね。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

https://www.ehonnavi.net/ehon/429/%E3%82%AB%E3%83%96%E3%83%88%E3%81%8F%E3%82%93/

あれ、こんなに可愛い顔しているんだっけ?

じーーーっと見ているうちに、なんだか…好きになってきた?

だれだか わかるかい?

だれだか わかるかい?

次々に出てくる昆虫の顔のクローズアップ写真。どれも、迫力満点で、しかもユーモラスな顔です。さあ、この顔を見て、虫の名前がわかるかな? 見ているうちに、虫好きになります。

虫にだって、表情がある?!
表紙のバッタが可愛い!
やぁと手を挙げて挨拶してくれているみたいです。
知っているつもりだけど、実はまじまじと見たことがなかった虫の顔が
こんなに表情豊かとは驚きでした。
写真も文章も今森光彦さん。
きっと虫が大好きなのでしょうね。
虫たちが読者に語りかけてくるようなコメントは、
知識を増やしてくれるだけでなく
同じ地球に暮らす仲間たちへの親近感を深めてくれます。

息子があぁっと声をあげたのは、トノサマバッタにカミキリムシ。
まさに仮面ライダー?!
クモでも敵役の怪獣?達を思い出していました。
このあたりの虫の顔のフォルムって、独特の雰囲気ですよね。
虫をモチーフにした怪獣が多いのも分かる、なんて
親子で脱線した読み方も楽しめました。

写真絵本ならではの迫力と
写真のページをめくると、虫の名前とコメントのページ、という構成はクイズにもなり、お話会でも盛り上がりそうです。
年少さん位から、小学校低学年のお子さんにおすすめです。
(ランタナさん 40代・ママ 男の子8歳、男の子5歳)

本格的時代劇絵本と新ヒーローの登場!舞台は…春爛漫の虫の町!?

発売されると同時に子どもたちの支持を得て、大評判となった「くものすおやぶん」。本格的な虫の描写は虫が大好きな子どもたちにとっては、大好物なんですよね。

くものすおやぶん とりものちょう

くものすおやぶん とりものちょう

「よし、おいらにまかせなっ。」
こんな男前な岡っ引き親分が(江戸らしき)町を舞台に大活躍する時代劇調絵物語。
でもこの親分、男前だけど口が・・・そう、ここは虫の町、親分は蜘蛛なのです。

お菓子屋の老舗の「ありがたや」に盗人からの予告状。お祭りのための倉のお菓子を今夜盗みに来ると店の者(蟻)達が泣いている。
蜘蛛の巣親分、倉を蜘蛛の巣で囲っていざ見張り!ところが、敵は姿の見えないかくればね。悪戦苦闘の親分、さぁどうする?

小気味良い時代劇調の語り口と奇想天外なストーリー。そして何といっても出てくる虫達がとってもリアル。と言っても虫がちょっぴり苦手な私でも気持ち悪いわけではなく、愛嬌のあるキャラばかり。

続きはこちら>>>

https://www.ehonnavi.net/ehon/7254/%E3%81%8F%E3%82%82%E3%81%AE%E3%81%99%E3%81%8A%E3%82%84%E3%81%B6%E3%82%93%E3%81%A8%E3%82%8A%E3%82%82%E3%81%AE%E3%81%A1%E3%82%87%E3%81%86/

親子で笑える虫図鑑みたいな絵本です♪
タイトル&イラストに一目ぼれし、即買いしました。
表紙の親分のするどい目つきとぴょんきちの愛らしい瞳。
なんといってもクモが時代劇の捕物帖風の話の主人公なんですよ。まず見たことないっ!というすごい設定のニューヒーローにワクワク。

ページをめくるとなんとも楽しく細やかなタッチで、虫たちの時代劇ワールドが展開されているじゃありませんかっ!

1ページずつよく見ると、虫たちの特長や雰囲気に合ったキャスティングで話が展開されていき、虫があまり好きじゃなかった私もすっかり夢中。
建物や背景、小物にいたるまでこまこま描かれているのがまた楽しいんです。

息子に内緒で買ってきて一緒に読むと、今まで見たことないユニークさに大喜び。
時代劇風の言葉や絵の新鮮さも加わってか、何度も読まされています。もちろん何度読んでも楽しいですよ。ついつい口調もべらんめえ調になり、テンションもヒートアップしますが。

「かくればね」を始め、いろんな虫を探したり、虫たちの表情やしぐさを比較しては親子で「コレ見て!」と指さしてはケラケラ笑っています。なんともかわいい虫図鑑みたいな絵本です。

とにかく一度本を手に取りめくってみてください。
その魅力にクギヅケになること間違いなしです。
久々に多くの方に読んでいただきたいと思う本に出会い、感想を書いてみました。
(ともだちやさん 30代・ママ 男の子5歳、女の子2歳)

お兄ちゃんは、虫とりの天才。お兄ちゃんといると…虫がいっぱい見えてくる!?

作者のはたこうしろうさんも、子どもの頃、夏休みになると毎日虫取りに出かけていくお兄ちゃんの影響で夢中になっていたのだそう。そんな「本気」がこの絵本を通して伝わってくるのです。

むしとりにいこうよ!

むしとりにいこうよ!

「おにいちゃん まってー!ぼくも むしとり つれてって!」
お兄ちゃんは、虫とりの天才。お兄ちゃんといると不思議。
いつも通る道なのに、小さな小さなしげみなのに・・・だんだん虫がいっぱい見えてくる!

大人気絵本作家はたこうしろうさんの新作は、こんな風に男の子の兄弟が帽子をかぶって、大きな網を持って、虫取りに出発するところから始まります。夏、日差し、少年。今度はどんなドラマティックな展開が待っているのかと期待で胸はふくらみます。

だけど驚くのは、ちょっと離れた森のような公園に着く前に、いくらでも昆虫が見つかってしまうということ。イタドリの葉っぱを見てみれば、鮮やかな模様のイタドリハムシ。ノブドウの葉っぱがかじられていれば、裏には沢山のアカガネサルムシ!枝の先を網に入れてガサガザゆらせば…見たことのない形をした小さな虫がいっぱい。
見たことがないっていうより、ちゃんと見たことがなかったって言う方が正しいのかな。
とにかくお兄ちゃんがすごいのは、どこにどんな虫がいるかってことをちゃんと知っていること。
切った木に集まってくるのは?石をひっくり返せば?静かな公園の池の水の上には…?

楽しくワイワイ騒いでいるようだけど、ページをめくるたび、次から次へと広がっていくのは、お兄ちゃんとぼくの結構「本気」の世界。
それもそのはず。「ぼく」のモデルは小さい頃のはた少年。実際に、夏休みになると毎日虫取りに出かけていくお兄ちゃんの影響で、はたさん自身も虫とりに本気で夢中になっていったのだそう。
それは大人になって、絵本作家となった今も変わらず。
満を持して発表されたはたさんの「虫の絵本」。
「虫とりの楽しさを伝えたい!」「カブトムシやクワガタだけじゃない、身の回りにはこんなにも沢山の昆虫がいるんだ」
そんな熱い思いが伝わってきて、今すぐにでも外に飛び出していきたくなってしまう1冊となりました。

これを読めば、今年の夏はちょっとちがった景色が見えてくるかもしれませんね。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

https://www.ehonnavi.net/ehon/90381/%E3%82%80%E3%81%97%E3%81%A8%E3%82%8A%E3%81%AB%E3%81%84%E3%81%93%E3%81%86%E3%82%88%EF%BC%81/
https://www.ehonnavi.net/ehon/90381/%E3%82%80%E3%81%97%E3%81%A8%E3%82%8A%E3%81%AB%E3%81%84%E3%81%93%E3%81%86%E3%82%88%EF%BC%81/

「虫の重さってどのくらい」って考えたことある?

昆虫の体重測定

昆虫の体重測定

虫の重さってどのくらい?

私たち人間や、動物園にいる動物など、体重測定はひろく行われています。では、昆虫はどうでしょうか。昆虫図鑑をひらくと、大きさは書かれていますが、体重はのっていません。作者は、一万分の一グラムからはかれる電子天びんというはかりを使って、身近にいる昆虫の体重をしらべはじめました。すると、おもしろいことがわかってきたのです。

https://www.ehonnavi.net/ehon/118973/%E6%98%86%E8%99%AB%E3%81%AE%E4%BD%93%E9%87%8D%E6%B8%AC%E5%AE%9A/
掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部
この記事の関連キーワード
人気連載
JavaScriptをOnにしてください