スタイルトップ  >  ライフスタイル   >   お金のプロに聞く!イマドキ保険事情   >   【絵本プレゼント】”子どもも大人も泣ける絵本”から紹介!10冊目は「ずーっとずっとだいすきだよ」
お金のプロに聞く!イマドキ保険事情

【絵本プレゼント】”子どもも大人も泣ける絵本”から紹介!10冊目は「ずーっとずっとだいすきだよ」

ライフスタイル 2017.11.29 連載
[PR]保険のビュッフェ x 絵本ナビ
絵本プレゼントキャンペーン

クリスマスキャンペーン☆絵本プレゼント

「学資保険は入る必要がないってホント?!子育てとお金の簡単アンケート+無料相談体験でもれなく全員にプレゼント!」では、15冊の絵本ラインナップからお好きな絵本がもらえるキャンペーンを行っています。

絵本のラインナップは、話題本から「だいすきおかあさん絵本」「ママが泣ける絵本」「優しいきもちを育む絵本」や「きもちを考える絵本」などのテーマから厳選した絵本!どれも魅力的な絵本ばかり。子どもといっしょに読んでみませんか?

 

今日から15日間、1冊ずつご紹介していきますよ。

愛を注ぐ心のたいせつさ

ずーっとずっとだいすきだよ

エルフィーとぼくは、いっしょに大きくなった。年月がたって、ぼくの背がのびる一方で、愛するエルフィーはふとって動作もにぶくなっていた。ある朝、目がさめると、エルフィーが死んでいた。深い悲しみにくれながらも、ぼくには、ひとつ、なぐさめが、あった。それは・・・

お母さま方へ
 作者のハンス・ウィルヘルムさんは西ドイツに生まれました。現在、アメリカ合衆国のコネチカットに住んで、絵本の仕事に専心されています。
 「ずーっと、ずっと、だいすきだよ」で語られるテーマは、大変美しい考え方ではないでしょうか。相手が、人間だろうと動物だろうと、愛するものに対して、心のありったけで、「愛している」と告げてあげよう、それは、日びの暮らしを暖めて、幸せにしてくれる、そして、やがてやってくる「死」をいたずらに嘆くことなく、愛の思い出が悲しみをもいやし、なぐさめをもたらしてくれるだろう、というのです。
 お子さまにどうか、人や動物に愛を注ぐ心のたいせつさを、教えてあげてください。
(表紙カバーより)

●ベストレビュー

愛するものとの別れを知る 
4歳の娘には愛犬の死の悲しみがどれくらい理解できたかわかりませんが、読み手の母親の声の調子や表情で少なからず伝わるものだと信じています。前半は、とても犬をかわいがり幸せそうな関係がよく描かれています。それだけに突然の別れがとても悲しく、読んでいて目がウルウルしてしまいました。悲しいけれどとてもいい本なので絶対おすすめします。心に染みます。
(はなしんさん 30代・千葉県市川市  女4歳、男2歳) 

  

保険のビュッフェでは、ファイナンシャルプランナーひとりあたりの平均経験年数は8.3年、平均相談件数1,253件。

これは保険業界において、経験豊富なエキスパートと言えます。

お客様に多いお金のお悩みの解決法を知り尽くしているからこそ、ベストな方法をアドバイスできるのです。

 

保険のビュッフェでは、日本全国どこでもご相談をお受けいたします。

お近くのカフェやファミレス、ご自宅など、お好きな場所・お好きな時間でご相談いただけるので、忙しい方にもぴったり。

お子様とご一緒でも、もちろんOKです!

※お申し込み時にお選び頂いた絵本を後日お送りします。絵本は、相談完了後約2ヶ月以内に絵本ナビよりお送りいたします。

掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部
この記事の関連キーワード
人気連載