スタイルトップ  >  まなび   >   みおちゃん、「ぷちドラゼミ」始めました!(絵本ナビスタッフ 親子体験レポート)   >   えんぴつ正しく持てるかな?

みおちゃん、「ぷちドラゼミ」始めました!(絵本ナビスタッフ 親子体験レポート)

えんぴつ正しく持てるかな?

絵本ナビスタッフの家族、みおちゃん。4歳の幼稚園年中さんです。4月からぷちドラゼミをはじめて、ドラえもんとお勉強、がんばっています。
前回の記事では、1年でどんなお勉強をしてどんなことができるようになるのか、年間カリキュラムをご紹介しました。
今回は、ぷちドラゼミが力を入れている「運筆」への取り組みについて、それから、年に2回、ドキドキの「添削」について、お届けしたいと思います!

楽しい問題が満載。ぷちドラゼミはオリジナルテキストにこだわっています。

 

ぷちドラゼミは、もじ・かずのための主教材「もじかずブック」と、右脳左脳をきたえる副教材「ちえトレーニングブック」を毎月お届けします。
ドラえもんと仲間たちがたくさん登場、大好きなキャラクターが学習の手助けと応援をしてくれるので、どのお子さんも、楽しく学習を続けることができます。

子どもたちにとって大事な「運筆」。運筆は、えんぴつの動かし方のことです。
たいていの子どもは、えんぴつを持つ前にクレヨンを使います。そうすると、クレヨンの持ち方のくせがぬけないままえんぴつを持ってしまうことがあるんだそう。えんぴつの持ちかたが違っていると、上手な字が書きづらかったり、書くスピードも遅くなり、体が疲れたり、集中力が続かない原因にも。
厳しく持ち方を注意してえんぴつが苦手になってしまうのは困る。だけど、小中高・・と続くお勉強との長いお付き合い、ずっと手にするえんぴつは、早めに正しい持ちかたをマスターしておきたいですよね。
そんなとき心強いのが、ぷちドラゼミの運筆カリキュラム。ぷちドラゼミでは、毎月のテキストの問題はもちろん、
入会時の特別教材に運筆練習用のテキストと補助教具がついていたり、運筆への取り組みが充実しているんです。

年中コース特別教材:はじめてのえんぴつノート

http://www.ehonnavi.net/style/7/img/70.jpg かきコプター、かわいい・・・!!

年長コース特別教材:かきかたれんしゅうノート

http://www.ehonnavi.net/style/7/img/71.jpg
タケコプターの部分を人さし指と中指の間にはさんでにぎり、人さし指は削り際にくるように鉛筆をそえると正しい持ち方になるとのこと。 みおちゃんも練習中です。

補助教具はまるでドラえもんの秘密道具。
これなら、楽しく正しい持ち方が学べて、自分のペースで練習できそうですね。

 

では、みおちゃんも「はじめてのえんぴつノート」に挑戦!

http://www.ehonnavi.net/style/7/img/74.jpg 斜めの線を描く練習。まずは点線をなぞって、次は自分で線を書いてみます。
http://www.ehonnavi.net/style/7/img/75.jpg これは、「ぬり文字」という練習。右まわしと左まわしに、らせんを描きます。

「ぬり文字」は、鉛筆でらせん状にくるくると描きながら、枠の中を塗っていく運筆練習です。描きやすいのは、右利きの子は右まわし、左利きの子は左まわしが多いようです。これを「得意まわし」と呼ぶのだそう。

たとえば右まわしが得意でも、左まわしができないと、「ひ」や「む」などのひらがなを上手に書くのが難しくなることがあるんだとか。

なるほど、どちらでも自由にらせんを書けるようにしておくことが、運筆の上達に役立つのですね。

みおちゃんは、右まわしは上手だけれど、左まわしが難しかったみたい。うまくいかなくて、べそをかいてしまう場面も・・・。

そこで、ママの出番。手を添えて、一緒にくるくる・・。「ママじょうず!」と、あっと言う間に笑顔になりました。

焦らず練習練習。だんだん上手になるといいね、みおちゃん。

毎月のテキストの中にも運筆を考えた問題がたくさんあります。
6月号のテキスト<年中コース>を見てみましょう。

http://www.ehonnavi.net/style/7/img/77.jpg お城の屋根や王冠など、ジグザグのラインをなぞる練習

まっすぐ線を引いたり、ジグザグを書いたり、いろんな手の動かしかたが毎月の教材でも練習できるのがいいですね。

正しい姿勢と持ち方、出来ているかな?

みおちゃん、背筋が伸びていい姿勢!何ごとも最初が肝心。正しい姿勢が習慣になるように毎日コツコツ頑張ろう!

 

そして、今回ご紹介するもう1つのトピックは、通信教材ならではのサービス、「添削」。

ドラゼミの添削ってどんな内容なのでしょう?

ドラゼミの添削は年2回。年中コースは9月・2月、年長コースは、6月・11月に届きます。


1回目の「やってみようテスト」は、春からの学習の力試し。
2回目の「できるかなテスト」は、これまでの成果をチェックします。特に年長コースでは、小学校への入学準備を始める時期でもあり、入学前の学習の成果を確認できる内容となっています。

 

ちょうど6月は、年長コースの添削テストの月!ということで、 今回は特別に、みおちゃんのお友達で年長さんの、なのかちゃんに友情出演してもらいました!

なのかちゃんも、4月からぷちドラゼミ(年長コース)をやっている、ぷちドラゼミ生。

ドラえもん大好きな女の子です。

http://www.ehonnavi.net/style/7/img/99.jpg テストは、裏表にプリントされた用紙が1枚。テストにつかうシールも、通常の教材についてきます。

さあ、なのかちゃん、はじめての添削テストに挑戦です。

ひらがなをなぞる問題に、真剣な表情!
シールをペタン。  「すきなどうぶつは?」という質問には、うさちゃんの絵も描きました。上手!

出来た!頑張った解答用紙はこちら!

http://www.ehonnavi.net/style/7/img/91.jpg
http://www.ehonnavi.net/style/7/img/92.jpg

なのかちゃん、お疲れ様でした!どんな風に添削してもらえるのか楽しみですね。
添削結果は、次回記事でご紹介予定です!

ただいま、教材サンプルプレゼント中!ぜひためしてみてくださいね。

※ためしよみできる内容はサンプルブックの一部となります。

http://www.ehonnavi.net/style/7/img/196.png

「あいうえおのうた」サンプル動画はこちら

 

※なくなり次第終了となります

http://www.ehonnavi.net/style/7/img/48.jpg
掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部

この記事の関連キーワード

人気連載