スタイルトップ  >  育児情報誌miku   >   miku21号 2010年夏号   >   ビストロパパの子手伝いクッキング「エスニック風タコライス」
miku21号 2010年夏号

ビストロパパの子手伝いクッキング「エスニック風タコライス」

炒め + 盛り付け子手伝い 休日ランチは、パパにおまかせ!

“子手伝い”をしてもらいながらパパがお料理に大奮闘!家族コミュニケーションを広げる“ビストロパパ”のお料理コーナー。夏休みや週末の休日ランチをパパ&子どもで作るレシピです!

 

滝村 雅晴さん

ビストロパパ代表取締役。パパ料理研究家。大正大学客員教授。農林水産省食育推進会議専門委員。日本パパ料理協会会長飯士。2016年4月に「47fish(ヨンナナフィッシュ)」を設立。代表取締役に就任。家庭内での魚食推進のための事業をスタート。

“とのさまかこむ”で、楽しく親子タイム

子手伝い=子どものちょっとしたお手伝いは、「とのさまかこむ(殿様囲む)子手伝い」と覚えましょう。
 
パパを囲みながらわいわい親子クッキングをするので、そう言っているのですが、
る=へたやえびの背綿など
ぞく=なべ、電子レンジ、あさりの塩ぬきなど
わる=魚介類ほか食材全般
わす(水きり器、溶き卵など)
う(一緒に食材を買いに行く)
ねる(ハンバーグ、ピザなど)
く(皮など)を楽しんでいます。
 
=かざると言い換えて、盛り付けをさせることもあります。彩りを考えながらかざると、食べる楽しみが増すでしょう。
 
また、年長以降になれば、これに「炒める」をプラスしてもいいですね。もちろん、親のリードが必要ですが、意外とできるものですよ。今回のエスニックそぼろは、あまり混ぜずにじっくり炒めるものなので、子ども調理にもおすすめですよ。

エスニック風タコライス

[材料(4人分+ストック用)]

 

・ にんにく------------- 1個
・ しょうが  -----------  1個
・ トマト  -------------- 2個
・ レタス -------------- 100g
・ オリーブオイル--大さじ1
・ 豚ひき肉   ----------  600g
・ ナンプラー ------ 大さじ3
・ 粗引きこしょう ------ 少々
・ ご飯  --------------- 4膳分

[作り方]

にんにく、しょうがをみじん切り。トマトをざく切り、レタスを千切りに。

フライパンに油をひき、しょうが、にんにくを入れ、弱火で炒める。香りがたってきたら、ひき肉を加える。肉の色が変わってきたら、ナンプラーとこしょうを加え、汁気が飛ぶぐらいまで炒める(=エスニックそぼろの完成!)。

ご飯を器によそい、2のそぼろ、トマト、レタスと盛り付けてできあがり。

 ・ひき肉を炒める。

・トマト、レタスを盛り付ける

・カイエンペッパー、タバスコ

 

 

ひき肉は、へらで押しつぶしすぎないようにじっくり炒める。つぶすと油や旨味が出過ぎてしまう。

ひき肉600gは、ストック用を含めた分量です。保存容器に入れ冷凍で2週間、冷蔵で2~3日保存できます。エスニックそぼろは、アレンジレシピに使えます。

少なめに作りたい場合は、全分量半分で。
 

エスニック風にゅうめん

[材料(大人1人分または子ども2人分)]

 

 

・ トマト  -------------------  1個
・ レタス  ------------------- 100g
・ 水 ----------------------- 600cc
・ エスニックそぼろ  ----大さじ8
・ しょうゆ  ------------- 小さじ2
・ 粗引きこしょう-----------  少々
・ そうめん ----------2束(100g)

[作り方]

トマトをざく切りに、レタスを千切りにしておく。

水を沸騰させ、そぼろを加えてひと煮立ちさせて、しょうゆ、こしょうで味付けてスープを作る。

そうめんを熱湯(分量外)で1分茹で、湯を切って2に加える。

器に3のそうめん、そぼろ、汁を入れ、トマトとレタスを添えてできあがり。

 ・盛り付ける

 

・お好みでラー油をプラス
 

そうめんは堅めでOK。もう一度スープに加えるので茹ですぎないこと。

スープの味が薄ければ、しょうゆ、塩で整える。
 


撮影/福田依子 取材・文/山田治奈

掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部
この記事の関連キーワード
人気連載
JavaScriptをOnにしてください