スタイルトップ  >  育児情報誌miku   >   miku23号 2011年冬号   >   子どもが片づけしやすいおもちゃ収納
miku23号 2011年冬号

子どもが片づけしやすいおもちゃ収納

年齢に応じて柔軟にスタイルを変えて・・・

「おもちゃを片づけてくれない~」となげくママも少なくありません。子どもに片づけさせるには、どう工夫したらいいのでしょう。
住生活デザイナーのすはらひろこさんに教えていただきました。

すはら ひろこさん


住生活デザイナー。一級建築士・整理収納アドバイザー・インテリアコーディネーター。わかりやすい収納術が好評で、テレビ・ラジオ出演ほか雑誌掲載多数。東京・青山で整理収納セミナーを定期的に開催。著書に「面倒くさがりの人も上手くいく 即効片づけ術」(三笠書房)他がある。
http://www.comtecj.com/habita/

遊んだ後のおもちゃは、子どもに片づけさせたいものですね。片づけることが習慣になるように仕向けていくには、年齢に応じた収納スタイルで、簡単に出し入れできることがポイントです。
  
子どもは成長するに従って、遊ぶおもちゃが変わってくるもの。収納には、おもちゃの大きさや形態に合わせて柔軟にアレンジしやすい、シンプルなカラーボックスを利用するのがおすすめです。
  
1~2歳頃はお片づけを、遊びの延長で教えてあげましょう。一目で中身がわかる“上から収納スタイル”が、出し入れしやすいはず。
「赤い箱にないないしよう」と声をかけながら、一緒にお片づけを。

 

年齢が上がって、おもちゃの分類やスムーズな出し入れができるようになったら、ボックスの向きを変えて、“横入れスタイル”に。棚のインナーに隙間がとれるボックスやバケツなどの入れ物を使うといいでしょう。
  
何をどう収納するか、子どもの姿勢、子どもの目線になって、片づけやすい方法を考えましょう。子どもが大きくなってきたら、収納法を一緒に相談するのもいいですね。

 

イラスト/サカモトアキコ 取材・文/中野洋子
 

掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部
この記事の関連キーワード
人気連載
JavaScriptをOnにしてください