スタイルトップ  >  育児情報誌miku   >   miku36号 2014年春号   >   いつもの町が違って見える!忍者になって町探険!
miku36号 2014年春号

いつもの町が違って見える!忍者になって町探険!

 

お散歩や通園途中の見慣れた近所の風景が忍者に変身して、歩いてみたら、まるで違った景色に見える!電信柱やブロック塀、垣根をからくり屋敷のように見立てると子ども達の想像力や発想力がキラキラしてきます。パパ&ママも一緒に変身してみよう!

 

遊び、表現活動を通じて、仲間が関わり合いながら、一人一人が自分らしく表現することを目指し、豊かな地域社会をつくり出すことを目的にさまざまなワークショップを行っているNPO法人あそび環境Museumアフタフ・バーバンの専任スタッフ。アフタフ・バーバンの著書は『今こそ、あそびの力を信じて!まちをあそぶ BOOKLET 3』(晩成書房)ほか。
http://www.afutafu-barban.org/

与えられた遊びではなく考えながら進める遊びを

「町中に、親子忍者が出没する!」
そんな噂をききつけて、実態をさぐるべくミク読者を集い「忍者になってみ隊」を結成。みんなで忍者に変身してきました。忍者になった子どもたちを待ち受けていたのは、どんな遊びでしょう。
 
忍者遊びを導いてくれたのは、地域に根付いた数々の親子ワークショップを展開しているアフタフ・バーバンのかたがた。
 
「忍者になると、子どもたちがいつも以上にイマジネーションを豊かにして、自分たちの力で遊びを進めていけるんですよ」。
 
○○レンジャーや戦隊だと、そこから発想できることが戦いごっこなどに偏ったり、お姫さまに変身すると、遊びが室内遊びになりがちということもあります。でも忍者には、スパイのようなスリリングさもあるなかで、さまざまな生きるための術をイメージしながら、遊びを広げていくことができます。
 
「近頃の子ども達をとりまく遊びの環境は、テレビゲームのように受け身だったり、決められたルールの中で展開するものが多いですよね。

 

与えられるものが多く、自分がどうしたいか、次はどうしたらいいかなどを考える機会が少ない。それでは生きる力は伸びないでしょう」。

 

決められたルールやマニュアル通りにしか行動できない、その中でしか遊べない今どきの子ども達。でも、社会は何事もが思い通りにいくわけでもありませんし、ときには理不尽な出来事もおこるでしょう。そんなときに、「自分で考える力」があれば、きっと乗り越えていけるはず。

 

「日常的な遊びは、自ら工夫し考える力、想像力や発想力をたくさん育んでくれます。それを軸に、遊びのなかで小さな成功体験を重ねていくと、自尊心も育ちます。仲間と相談しながら遊びを進めていくことで、お互いを尊重できる関係を築けるようにもなります」。

 

「できた!」の成功体験。「忍者になってみ隊」が体験した「秘密の巻物探し」では、そんな様子がたくさんみられました。巻物をどこに隠したら見つかりにくいか仲間と相談したり、いかに手分けして広い範囲を探すか知恵をしぼったり。その結果の「あった!」「見つけた!」という笑顔を見ると、大人もうれしくなってきます。

見守るだけでなく 大人も子どもと一緒に遊ぶ

「忍者遊びの魅力はもうひとつ。親子が一緒になって遊べることです。子どもを遊ばせて、親はそれをみているだけではなく、ときには親子で一緒に遊んでもらいたい。遊び合うことで関係が深まりますし、何より、親が「いっしょに遊ぼう!」と関わる瞬間は、子どもにとって宝物になります。週末の度にどこかに連れて行って楽しませなきゃ……と思う必要はなく、普通の生活も、アイディアひとつで楽しい遊びになります。そのひとつが、忍者に変身して遊ぶことです。私たちが提案しているのは、「早く」「上手く」「競争する」遊びではなく、大人と子どもが「いっしょに」遊び合うことです。
 
忍者の修業と命名すれば、身近なものから遊びが広がっていくそう。

 

「五感を使った遊びも、たとえば耳=“聞く修業”にするわけです。小さな声で伝言ゲームしたり、町にあふれる擬音探しなど、“忍者はいろいろ情報を集めないといけないから、聞く力を高めよう!”という風にする。そう考えるだけで、イメージが広がってワクワクした気持ちになりますよね」。

 

鼻=“かぐ修行”なら、「忍者だから風の吹いてくる方向を知るために匂いをかぐ力をつける修業をしよう」と、袋に食べ物やお花などを入れて、何の匂いか当てるなど、どんな些細なことでも遊びに変わるとおっしゃいます。子どもに、「目=“見る修業”をするには、何をしたらいいかな?」と一緒に考えてもいいかもしれません。

 

親子や仲間とともに、アイディアを出し合い、考えながら進める遊び。忍者修業は生きる術をも教えてくれそうです。これからの季節、お散歩に町歩きをすることも増えるでしょう。ときには親子で忍者に変身し、いつもの町を違った視点で楽しんでみては?

参加しました!

忍者になりきって変身してました!

堀江莉里花ちゃん(4歳)&芽里ママ


園で忍者のからくり屋敷を制作している影響か、すぐに忍者になりきって遊べて楽しかったです。


 

想像力を使う遊びっていいですね。

杉井花帆ちゃん(4歳)&ゆうきママ


忍者は奥が深いですよね。兄が忍者好きなので、家に帰ったらまたみんなで忍者ごっこをしてみたいです。

帰ったらまた巻物探しをやってみます!

小宮慶太くん(3歳)&秀斗(しゅうと)くん(1歳9カ月)&雅美ママ


レンジャーものが好きなのですが、忍者は新鮮でした。歩き方などちょっとしたことも楽しかったようです。

 

撮影/平瀬拓 取材・文/山田治奈

掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部
この記事の関連キーワード
人気連載
JavaScriptをOnにしてください