スタイルトップ  >  育児情報誌miku   >   親子で遊びながら身につける、自然災害への備えと心構え

親子で遊びながら身につける、自然災害への備えと心構え

アウトドアの遊びから防災の知恵が身に付く

地震、ゲリラ豪雨、台風、洪水、竜巻など、自然災害が頻発している昨今。いつ我が身に起こらないとも限りません。赤ちゃんや幼児がいる家庭では、どんな備えをしたらいいのでしょう。親として、日頃から心がけておきたいことは?防災ファシリテーターのあんどうりすさんに教えていただきました。

あんどうりすさん
アウトドア流防災ファシリテーター。阪神・淡路大震災の被災経験とアウトドアの知識を活かし、2003年より全国で講演活動を展開。著作に「自然災害最新サバイバルBOOK」エイ出版社(共著)、「震災を生き延びる100の知恵」第7章 山と渓谷社など。http://andorisu.jimdo.com/

災害から家族を守る対策は日常できることから

 

大震災から3年が経ち、時間の経過とともに、防災の意識が薄れがちです。でも、最近は、“想定外”の天候に見舞われることが増えていて、あらゆる災害に対する備えが必要です。まずはできることから、始めてみましょう。
 
内閣府では、巨大地震を想定して、「家庭での飲料水や食料の備蓄は最低3日分、できれば1週間分が望ましい」と呼びかけています。自宅が安全であれば避難しなくてもすみますから、自宅の耐震化、家具の固定を最優先に進めましょう。

 

備蓄も、長持ちする食品を多めに用意しておきましょう。
 
避難が必要なのは、自宅の倒壊や火事、津波といったケースです。いつどこで被災するかわからないので、日常使いの“マザースバック”を防災仕様にしておきましょう。子育てに役立つコンパクトなものと、防災に使うものを共用にすれば、カバンが重くなりません。

的確な判断と行動ができ知恵のある自分になろう

さまざまな防災グッズを用意しても、使用法を正しく理解していなければ意味がありません。例えば、防寒用シート(アルミ蒸着フィルム)は、体温の放射熱を利用して空気層に温かさを保つ原理。洋服が濡れた状態では、気化熱で体温が下がってしまいますから、シートを巻いても温かくなりません。
 
暑さ寒さの対策は、水と風と空気をコントロールするのがポイント。防寒用シートがなくても、「体に近いところに新聞紙を重ね(空気を蓄える)、一番外側に風を通さないビニールシートを持ってくる(風を防ぐ)」というように、その場にあるもので、空気と水と風対策をすれば対応できます。

 

自宅に防災グッズをそろえていても、いざという時、持っていなかったという事態もありえます。その時に役立つのは、知恵のある自分自身です。台風情報を見て、「子どもは逃げるのに時間がかかるから、早めに行動しよう」、長く揺れる地震は海溝で起こるケースが多いため、「津波が起こりやすいから、早く避難を開始しよう」などと、知識があれば自分で判断し、適切に動くことができます。
 
日頃から天気図を見たり、災害の基礎的なことをインプットしておきましょう。親が学ぶ姿勢をみせると、子どもも一緒に学びたがり、自然と理科が好きになるかもしれません。

親子で遊ぶアウトドアで楽しみながらプチ防災体験

 

親子一緒に自然の中で遊ぶことは、防災のプチ体験になり、同時に子どもの身体能力を高めます。海や川で遊ぶときに必須のライフジャケットの使い方、ひざより上に水がきたら簡単に流されやすいこと、沖に流される離岸流の場合は、「岸と水平に泳ぐ」という命を守る基本的スキルも教えられます。

 

でこぼこの川原で歩くことで、体のバランスの取り方、岩ですべったときの体勢の立て直し方を、子どもは身をもって体験することができます。いざという時、自分の力が信じられることは、生きぬく強さにつながります。親子で外遊びを心がけましょう。
 

CHECK 布一枚でできる だっこ&おんぶの方法を覚えておこう!

 

もしも避難が必要になったら、子どもをだっこするかおんぶするのがベスト。結び方の基本を覚えておけば、だっこひもがなくても、カーテンやシーツをさいて使う応用ができます。子どもが動かないよう固定すると、軽くて楽チン。

1.布を半分に折って首にかけ、中央を背面の腰あたりまで垂らす。

 

2.前に垂らした帯を胸の前で交差させ、背中の垂らした部分に両端を通す。

 

3.端をお腹側へ回して軽く結んでおく。

 

4.胸前の交差した布を広げて子どもを抱き入れる。布の重なる部分でお尻をささえた状態。

 http://www.youtube.com/watch?v=jVk6opR0vas (北極しろくま堂)

CHECK 抱っこで試してみよう! ものを軽く持つ方法

 

手を影絵のきつねの形にした状態で、子どもを抱き上げてみてください。普通に抱き上げたときよりも軽く感じるはず。腕の筋肉にかかる負担が軽減されるからです。重いものを持ち上げるときも、この方法を利用して

CHECK 外出時はつねに持ち歩こう! 命を守る必須アイテム

 

マザーズバッグの中には、子どもに必要なものがいつも入っているはず。その中に、次のものを追加して、いつも持ち歩くようにしましょう。

 ホイッスル

大きな音で助けを呼ぶために。玉の入っていないタイプを選ぶこと。

 

 LEDライト

停電時の必須アイテム。LEDは電池の消耗が少なく、小型でも明るいのでおすすめ。

 

  携帯電話/スマートフォン

家族との連絡や情報を得るのに大事なアイテム。充電器や電池も準備。

 

 マルチツール

ミニカッター、爪切り、耳かき、ピンセットなどを収納。

 

★これもあると便利!

CHECK いざという時に役に立つ! あんどうさんおすすめアプリ&サービス

災害時には、いち早く情報を得ることが大事。緊急地震速報など、災害発生の予報や警報を届けてくれるアプリは、ぜひスマートフォンに入れておきましょう。

 

◎アプリ
「Yahoo!防災速報」(Android/iPhone) 
地震、火山噴火、熱中症、放射線量など、自然災害に関する情報が揃った重宝なアプリ。ゲリラ豪雨を予想して、事前にメールが届きます。(無料)

 

「高台サーチ」(Android/iPhone)
津波避難のための高台をすぐに検索。沿岸部に住む方や、旅行で海や川に行く時などにあると便利です。(有料)

 

◎携帯電話
「緊急地震速報、緊急速報メール」
携帯電話で、気象庁が配信する地震速報などを受信できる無料サービス。あらかじめ受信設定をしておきます。

 

◎WEB
「地図上クリックで標高を調べる」
サイト上の地図をクリックすると、標高を簡単に調べることができます。 http://www.benricho.org/map_elevation_oneclick/


 

CHECK 防災対策は必要な情報を集めることから・・・

何をどう備えるべきかわからないという方も多いはず。家の中の安全対策、災害時の行動、備蓄品や持出品の目安など、基本的な情報を得ることが第一ステップ。ウェブサイトやお住まいの自治体が発行する印刷物などで、情報を入手しましょう。

 

◎「内閣府防災シミュレーター」
http://www.bousai.go.jp/simulator/list.html
(各自治体の防災情報サイト一覧。お住まいの地域の情報
をチェック!)

 

◎「NHK for school 学ぼうBOSAI」
http://www.nhk.or.jp/sougou/bosai/
(防災の基本を子ども向けの番組映像でわかりやすく解説)

 

◎「竜巻から身を守る〜竜巻注意情報〜」
http://www.jma.go.jp/jma/kishou/books/tatsumaki
(竜巻発生時に出される情報や対策について詳しく説明)


 

 

撮影/福田依子 取材・文/中野洋子

掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部
人気連載
JavaScriptをOnにしてください