スタイルトップ  >  育児情報誌miku   >   miku37号 2014年夏号   >   潮だまりを探検して、海の生き物と仲良くなろう!
miku37号 2014年夏号

潮だまりを探検して、海の生き物と仲良くなろう!

 

潮だまりって聞いたことありますか?潮が引いたときに、岩場の凹部に海水が残されてできる水たまりで、タイドプールとも言います。海水だけでなく海の生き物も残されるので、未知の出会いがたくさん!砂浜での海水浴も楽しいですが、2014年は岩場の潮だまりで、生き物探しをしてみませんか?

鍵井靖章さん


水中写真家。大学在学中に水中写真家・伊藤勝敏氏に師事、1993年よりオーストラリア、伊豆、モルディブに拠点を移し、98年に帰国。フリーとして独立。2003年日本写真協会新人賞受賞、2013年日経ナショナルジオグラフィック優秀賞受賞他。2014年8月には東京・東急百貨店渋谷本店にて個展を開催予定。写真集は、『海中散歩』『ゆかいなお魚』(パイインターナショナル)など。

海の底の世界で、生命を存分に味わって

二児のパパでもある水中カメラマンの鍵井靖章さん。海の近くにお住まいで、「昔はよく子どもを連れて海水浴に行っていたのですが、一度潮だまりに連れて行ったら、海水浴より潮だまりで遊びたい!と子どもがすっかりはまってしまって」とおっしゃいます。
 
そんなに楽しいの? 潮だまりではどんなことができるの? その魅力を知りたくて、ミク読者をつのり、「潮だまりを探険し隊」を結成。鍵井さんに案内してもらいながら、潮の引いた海に遊びに行ってきました。

 

「潮だまりで遊ぶには、干潮時間のチェックから。子どもの体力も考え、干潮前後2時間ずつを遊び時として海に向かいましょう。潮だまりのできている場所は、言わば海の底。つまり、地球の表面です。ですから、宇宙を感じる気持ちで楽しんでほしいですね。日頃は見られない海の底を探険するなんて、それだけでワクワクしませんか?」。
 
潮の満ち引きに深く関わりがある遊び。出産なども潮に関連深いといわれていますが、宇宙の生命を感じられる遊びなのですね。

自然のリズムに寄り添いながら遊ぼう

さて、海に出た探険隊。岩場に一歩踏み込んだとたんに、貝がらを見つけはじめました。潮だまりにたどり着くまでも、発見がいっぱいです。思わず「早く海水がたまっている所まで行こう」と声をかけたくなりますが、「これも立派な海遊びのひとつです」と鍵井さん。水中撮影でも、自然のリズムに寄り添いながら撮影をしているだけに、子どもたちのリズムをとても大切にしてくださいます。本気で楽しむためには、子ども自身のペースを守りながら進めることが大事。鍵井さんご自身もお子さんたちと貝や波で角が丸く削られたシーガラスなどを拾い集めて、作品作りをしているそうです。
 
潮だまりに到着すると、いました、いました、ヤドカリ、ウミウシ、アメフラシにウニ!

 

「生き物に出会って、わー! っとよろこびたい気持ちもわかるのですが、実は人間が騒ぎたてるとみんな岩陰に隠れてしまいます。そこをぐっとこらえて、ゆっくり、そうっと近づき静かにしていると、向こうから現れてきてくれますよ」。
 
「静かにするのよ!」と子どもに指示しておさえつけるのではなく、「生き物に気づかれないように、抜き足差し足忍び足でね……」と、静かに近寄ることも遊びのひとつにしてみると楽しそうです。「岩をひっくり返せば隠れた生き物を見つけることもできますし、時にはそれもよいでしょう。でも、岩陰は生き物にとって大切な寝床ですから、あまり荒らしすぎないようにしてあげたいですね」。

興味が高まり夢中になると、自然と静かに

「このトゲトゲしているのが、ウニなんだって! いつも見ているウニと違うね!」「ちっちゃいお魚が動いた動いた!」と、初めての体験でテンションが上がっていた探険隊員たちも、数分後には夢中で観察をしはじめます。自然と静かになると、なるほど! 生き物たちがどんどん出てきてくれました。
 
みんなの関心が一斉に集まったのが、日頃身近なタコ。絵本の中や、食卓に並ぶタコは動いたりしません。でも今日のタコはうねうねと腕にからまってきそうです。不思議な動きに驚きつつも、勇気を出して触ってみました。「どう?」「にゅるにゅる」。一度触れたら、心の警戒バリアがほどけてきて、触り方も少しずつ大胆になっていきます。

 

子どもによっては、初めは怖がることもあるでしょう。でも、そこで無理強いせずに、やはり子どものリズムにあわせることが大切。「海の時間の流れにのって、ゆっくり過ごせれば、それだけでいいんですよ」と鍵井さん。触らなくても、潮風を受けながら生き物たちを見ているだけでも、子どもはいろいろなことをキャッチしていきます。
 
潮の満ち引きを感じながら、ゆっくりと流れる海の時間を過ごす。人間も宇宙の生き物ですから、自然界の時間にあわせて命を感じながら過ごすことは、とても必要なことかもしれませんね。

参加しました!

また親子で海遊びをしたいです!

柴田花恋(かれん)ちゃん(6歳)&
こずえママ


干潮時に海底に降りて、こんな風に宇宙と対話できる体験は、本当に貴重でした。生きているものみんなで、地球をわけあい、優しく共存する生き方を教えてもらったような気がします。

水族館とはひと味違った楽しみが!
 

原虎冴くん(5歳)、りせ葵ちゃん(3歳)、優冴くん(5カ月)、沙織ママ&浩一パパ、小山新(あらた)くん(5歳)


水族館では生き物を見ることはできてもなかなか触れ合うことができませんが、海では直接触ったり、生き物との距離が近くて、子ども達にもとても印象に残ったようです。お友だちの新くんが積極的に生き物に触っている様子をみて、虎冴もタコが触れるようになってよかったです。

※日照りの強い日は帽子をかぶる、水分補給をするなど、熱中症などにも注意しましょう。
※子どもから目を離さないで一緒に遊びましょう。
取材協力/ダイビングショップ ナナ
神奈川県三浦郡葉山町堀内647  TEL: 046-854-4770 http://www.nana-dive.net/

 

 

 

 

 

 


撮影/長尾浩之 取材・文/山田治奈

掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部
この記事の関連キーワード
人気連載
JavaScriptをOnにしてください