スタイルトップ  >  育児情報誌miku   >   miku37号 2014年夏号   >   夏の暑さに!冷汁風ぶっかけごはん de 離乳食
miku37号 2014年夏号

夏の暑さに!冷汁風ぶっかけごはん de 離乳食

パパママごはんにアレンジ離乳食

食欲が落ちがちな季節ですが、しっかり食事をとり体力維持を心がけたいもの。冷汁風お手軽ごはんで、ついでに離乳食も作ってしまいましょう!

パパ料理研究家。ビストロパパ代表取締役。NPO法人ファザーリング・ジャパン会員、食育指導士。料理教室のほか、各メディアでも精力的に活動し、パパ料理の普及・啓蒙を行う。著書に『パパ料理のススメ』『ママと子どもに作ってあげたい パパごはん』。

 

天然だしを使ったサッパリごはんで夏を乗り切ろう

この時期、赤ちゃんだけでなくママ&パパの食欲も落ちやすいでしょう。そんな季節を乗り切るために、今回は天然だしを使った冷汁風ぶっかけごはんを紹介します。
 
手作りの天然だしと聞くと、手間がかかりそうなイメージがあるかもしれませんが、粉末いりこなどは一度にたくさん作れますし、こんぶだしは、水に昆布を入れて沸騰させるだけですから、意外とお手軽です。なにより栄養たっぷりで味もしっかりしていますから、薄味でおいしく栄養をとりたい赤ちゃんの離乳食にはおすすめです。
 
また、しらすも天然の塩分がとれるので離乳食には活用したい食材ですね。お粥に混ぜるだけで赤ちゃんには立派なごちそうになります。

材料 (3~4人分)

・きゅうり                      1本
・なす                                    1本
・みょうが                           2個
・大葉                                    10枚
・トマト                                1個
・絹豆腐                                1丁
・粉末いりこ                 大さじ1.5
・米味噌                          大さじ4
・こんぶだし                   500cc~
・ごはん                               適量
・しらす                         大さじ6
・白ごま                                適量

作り方 (大人用)

1. きゅうり、なすはスライサーで薄切りにして軽く塩(分量外)をふって揉む。みょうが、大葉は千切り。トマトは湯むきをしてざく切り。絹豆腐は小さくさいの目に切る。


2. 粉末いりこと味噌を混ぜ、こんぶだしで溶き、冷汁を作る。※粉末いりこの作り方はワンポイント参照


3. ごはんの上から②を180ccかけて、①としらす、白ごまをトッピングしてできあがり。
 

< 離乳食の作り方>

[初期]5~6ヶ月

作り方から
湯むきして裏ごししたトマト(15g)と、つぶした絹豆腐(15g)を和える。
 

[中期]7~8ヶ月

材料から

ごはん(10g)に水(30cc)を加えて煮込んだ7倍粥に、しらす(小さじ)を和える。

[後期] 9~11ヶ月

材料から

ごはん(20g)に粉末いりこ(小さじ1/4)と水(40cc)を加えて煮込んだ5倍粥(全粥)にさいの目切りの絹豆腐(大さじ1)を混ぜ、粉末いりこ(少々)をふりかける。

[完了期] 1歳~1歳半

作り方から

ごはん(80g)にの絹豆腐(大さじ1)、トマト(小さじ1)、きゅうり(小さじ1)と、しらす(小さじ1)をのせて、の冷汁(80cc)をかける。

離乳食ワンポイント

天然粉末いりこの作り方


煮干やだし用雑魚の頭と内臓をとり、フライパンで空焼きしてからすり鉢ですりつぶすか、ミルで挽くだけ! 時間のあるときに多めに作っておくと便利です。

※月齢は目安です。離乳食の回数、量、かたさなどは、赤ちゃんの成長にあわせて無理なく進めましょう。
 

 

 

 

撮影/長尾浩之 取材・文/山田治奈

掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部
この記事の関連キーワード
人気連載
JavaScriptをOnにしてください