スタイルトップ  >  育児情報誌miku   >   miku37号 2014年夏号   >   自分の手で赤ちゃんを守り抜く~防災型ウォーターサーバー
miku37号 2014年夏号

自分の手で赤ちゃんを守り抜く~防災型ウォーターサーバー

「美味しい天然水」が、被災時は「子と母の命を守る水(サーバー)」になります

東日本大震災の後のママたちの声を参考に誕生した「防災型ウォーターサーバー EMISUI」。震災があったときに、自宅で赤ちゃんや家族を守るために考えられたウォーターサーバーです。

東日本大震災のママたちの声を参考に

大和ハウスグループの一員のダイワサービスは、全国でマンションの管理サービスを展開している会社です。
 
東日本大震災が起こった後に、「飲料水がない!」「赤ちゃんのミルクが作れない!」「ライフラインが復旧しない!」「トイレが使えない!」と言う言葉が寄せられ、その声をきっかけにして「防災型ウォーターサーバーEMISUI」が誕生しました。

 

ウォーターサーバー+防災機能で自助力アップ

「EMISUI」は一般のウォーターサーバーとして使えるもの。でも、もし大震災が起こって停電になったり、水道が止まったりして「お湯が沸かせない、トイレが使えないという状況になったときに、〝ご家庭の防災センター〞としての真価を発揮します。
 
停電したときでも、サーバーに備えている水を飲むことが出来ます。又、非常灯を搭載していますので、暗闇でもサーバーの位置を確認することができます。サーバーの下部が収納スペースになっているため(L型のみ)、常に防災備品を入れておくことができるよう工夫されています。

万が一の時に赤ちゃんとママを守る備蓄

今回利用してもらったミク読者の大橋貴子ママは、妊娠6カ月。もうすぐ2歳の優真くんもいるので、防災にも関心が高いとのこと。「震災後は、可能なら家で過ごせるのがベスト。ウォーターサーバーがあると、震災時に水の確保もできます。サーバーの下部が収納スペースになっていて、ライトやカセットコンロなどを収納できるのはすごくいいアイディアですね」と貴子ママは言います。
 
普段は「美味しい天然水」が、被災時は「子と母の命を守る水(サーバー)」になる。サーバー選びのポイントとして、考えてみてはいかがでしょうか。

震災が起こったときに!

地震そして停電になったら

 

 

夜間の停電時に、非常灯が点灯し、サーバーの所在を確認することができます。

防災備品の定位置を確保

 

 

防災備品を収納するためのスペースを確保しました(L型のみ)。非常時に最低限必要なものをサーバーの定位置に確保できます。

 

お籠もりセットB
15,664円(税込)
自宅でライフラインの復旧を待つために必要なものをセットにしました。電池式LEDランタン、非常用トイレ、携帯充電LEDライトラジオ、ジュニアカセットコンロがセットされており、「EMISUI」L型に収納できます。

料金は富士山で採取した天然水のウォーターパック代のみ

 

ウォーターサーバーレンタル料+送料とも、無料です!
EMISUI(1箱:7.2リットル4パック)
4536円(税込)
※ご利用方法により、別途必要となる手数料などがあります。詳しくはホームページをご確認ください。

2014年9月20日までにWEBでお申し込みの方に

Amazonギフト券2000円分をプレゼント!

◎申し込み時にキャンペーンのコードを入力をお願いします。

 

610223412

※ほかのキャンペーンとの併用はできません

 

 

   

 0120-223-412

 

EMISUIの魅力を 動画で紹介

理念編

お客様の声編

 

読者モデル/大橋貴子ママ(妊娠6カ月)&優真くん(1歳10カ月) 撮影/福田依子 読者モデル募集中

掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部
人気連載
JavaScriptをOnにしてください