スタイルトップ  >  育児情報誌miku   >   miku43号 2015年冬号   >   鶏だんご入りちゃんこ鍋
miku43号 2015年冬号

鶏だんご入りちゃんこ鍋

家族みんなでお鍋を囲もう!

今回の子どものお手伝い=子手伝いは、しょうが入りの体がぽかぽか温まるちゃんこ鍋です。家族みんなでひとつの鍋を囲める幸せを分かち合いながら、心もほんわか温まりましょう!
 

 

パパ料理研究家。ビストロパパ代表取締役。内閣府食育推進会議専門委員。大正大学客員教授。日本パパ料理協会会長飯士。料理教室、講演のほか、各メディアでも活動し、パパ料理の普及・啓蒙を行う。NHK「きょうの料理」にも出演。
 

 

コショク知らずの団らんお鍋タイムを

子どもをとりまく食のトラブルのひとつに、「コショク」があります。一人で食事をする孤食。同じ食卓を囲みながらもそれぞれが自分の好きな、別のものを食べている個食などです。コショクによって、栄養バランスが片寄ったり、社会性や協調性が育まれないなどの影響も懸念されています。

 

将来的に子どもが成長するにつれ、孤食となる日も来るでしょう。そのような状況になっても、乳幼児期に食生活の土台作りができていれば安心です。

 

お鍋は、家族や仲間同士が同じ食卓を囲み、ひとつの料理をつつきあうもの。ひとつのものを取り分けてシェアし、おいしさを分かち合うこともできます。ぜひ家族で、お鍋で心も体もぽかぽかと温まる体験をしてみましょう。

<鶏だんご入りちゃんこ鍋>

(2~3人分)

 

・ねぎ                                 1本
・にんにく                          1片
・しょうが                          1片
・ごぼう                            1/4本
・にんじん                        1/4本
・白菜                      1/16カット
・小松菜                      3~4株
・こんにゃく                      1枚
・木綿豆腐                          1丁
・生ラーメン                      1玉
・ごま油                       大さじ2

 

 

<たれ>

 

・生卵                         人数分
・ぽん酢                         適量

 (鶏だんご)

 

・あさつき                       10本      

・鶏ひき肉                              500g
・卵                                           1個
・しょうが                                 1片
・みそ                                 大さじ1
・片栗粉                             小さじ1
・白ごま                             小さじ1
・ごま油                             小さじ1

 

 

 

・水                                       1200cc
・酒                                         100cc
・出汁こんぶ                           1枚

<作り方>

ねぎ、にんにく、しょうがはみじん切りに。ごぼうは千切りにする。
にんじんは薄切り、白菜・小松菜はざく切り、または子手伝いとして手でちぎる。こんにゃくは、スプーンでちぎり下茹で。木綿豆腐は食べやすい大きさに切る。ラーメンは熱湯で茹でる。
あさつきを小口切りにし、Aの材料をすべて混ぜ合わせて練る。ひと口サイズのだんごにして熱湯で下茹でする。
鍋にを加えてごま油で炒め、Bを加えた後、具材を入れて煮込む。煮えたら、器に生卵とぽん酢を溶きスープを少し入れ具を取り分けて食べる。ラーメンは、あとから加えてもよし。

子手伝い例

 

 

※食卓で鍋を使って調理する場合は、やけどにくれぐれも注意してください。

 

 

 

 

 

 

 

読者モデル/宮結人くん(2歳)&舞ママ 撮影/福田依子 取材・文/山田治奈 読者モデル募集中

掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部
人気連載
JavaScriptをOnにしてください