スタイルトップ  >  育児情報誌miku   >   家具の固定は基本。赤ちゃんと家族を守る、わが家の防災!

家具の固定は基本。赤ちゃんと家族を守る、わが家の防災!

安全を選び行動する感性と知恵を大切に

乳幼児がいる家庭では、地震や災害に備えて、どのような対策をしておいたらいいのでしょうか?
万一の時に対する心構えや備えておくと便利なもの、より安全な行動を選び取る力などについて、防災コーディネーターのあんどうりすさんにお聞きしました。

あんどうりすさん
アウトドア流防災・防寒コーディネーター、NPJ 認定ファシリテーター。阪神大震災の被災体験とアウトドアの知識を生かし、全国で「エコでナチュラルな防災講座」を開催。赤ちゃんからできる川遊びや山遊び、焚き火体験教室なども開いている。著書は『ちいさないのちをまもるママのた めのナチュラル防災講座』(自然育児友の会)。 
http://plaza.rakuten.co.jp/risurisurisu/

防災対策は、家具の固定と安全な場所の確認から

防災対策というと、水や非常食を常備したり、持出袋を備えることが真っ先にイメージされるのでは? もちろんそれも大事ですが、まずしなければならない
のは、自宅の倒壊を防ぐ対策と安全の確認です。避難所生活は、授乳や子どもの泣き声などで周囲に気をつかい、かなりのストレス。家が無事なら避難所へ行かずに済みます。
  
大地震によって亡くなった方の多くは、倒壊した家屋や家具の下敷きになったことが原因です。背の高い家具は、壁にL型金具で固定したり、冷蔵庫は専用のストラップで固定するなどの対策をしましょう。窓ガラスに飛散防止フィルムを貼ると、割れたガラスによる被害を防げます。
  
キッチンは、食器類や瓶など、割れる物が多く、地震の際には最も危険です。揺れた時にキッチンにいた場合でも、身の安全を確保することがまず最優先。最近のコンロは揺れると消火する機能がついているので、別の場所からわざわざ火を消しに行かないこと。子どもが後追いしたら、なおさら危険です。揺れている最中は、とても動ける状態ではありません。普段から家の中で安全だと思われる場所を確認しておくと、パニックにならず素早く移動できます。
とっさに子どもの体を守ろうと覆いかぶさるのは、ママの怪我で身動きがとれなくなることもあるのでNGです。

地域の危険箇所を確認し被災時のシミュレーションを

地震の発生が子どもと外出中の場合も想定して、いつもの散歩コースや児童館、公園、スーパーなどで、危険な場所や避難ルートをチェックしておきましょう。災害発生時は電話がつながりにくくなるため、家族で集合場所を決めておくか、災害用伝言ダイヤル(※1)の利用法を知っておくことも重要です。
  
戸外で揺れた場合、ブロック塀、家屋の屋根瓦、マンションのベランダからの植木鉢など、落下物が意外に危険。多くの自治体で防災マップを無料配布(またはサイト公開)しているので、それを入手して避難経路や帰宅コースを書き込み、歩いて確かめてみましょう。子どもをおんぶして移動するなど、シミュレーションしておくことが実際に役立ちます。

身を守る動きを楽しく教えよう!

 

危険から身を守る動きを、普段から子どもに教えておきましょう。それだけで身を守れるわけではありませんが、子どもたちの心構えにもつながります。
 

地震の時にはしゃがんで、頭を守ろう!火事の時には手を口に当てて、小さくなろ

※1「災害用伝言ダイヤル」

被災地の通信が集中し、つながりにくい場合のサービス。「171+1+被災者の電話番号」で伝言を録音。「171+2+被災者の電話番号」で伝言を再生。
 

※2「緊急地震速報」

気象庁が震源近くで地震をキャッチし、最大震度が5弱以上と推定した地震で、震度4以上が予測される地域に対し、強い揺れが始まる数秒~数十秒前に速報が配信されるしくみ。国・地方公共団体が配信する災害・避難情報も、回線混雑の影響を受けずに受信できる。現在、docomo、au、ソフトバンクの特定の機種で受信可能。

1. 常時、持ち歩こう! 携帯用防災グッズ

軽い&かさばらない&用途が多様なものが便利です。

LED(発光ダイオード)ライト

停電時には、電池が長持ちするLEDライトが重宝。バッグにはキーホルダータイプをつけ、自宅保管用にはヘッドライト型を。おでこに付けると両手が使えます。

ホイッスル

万が一、倒壊物の下敷きになった際、早く助けを呼ぶために必要。軽い息で吹いても大きな音が出るもの、内部に玉が入っていないタイプがおすすめ。

輪ゴム

輪ゴムがあると、授乳の際にハンカチと服をとめて目隠ししたり、髪を結う、袋の口を閉じるなど、何かと便利。倒壊物の下敷きになった際、40分前後まで(※)なら、輪ゴム10本程で心臓に近い部分を巻いて、毒素が急激に全身に回らないような対策も必要に。

 

※長時間重いものに圧迫された場合、全身に毒素が回ってしまうクラッシュ症候群を避けるには、救出せずそのままの状態で治療する必要がある。

2 .これがあると便利! 育児グッズ=防災グッズ

防災時に使えるものを、育児グッズとして普段から利用する発想を。

アウトドア用座布団

 

コンパクトでクッション性があり、おむつ替えシートとしても使える。お尻の冷えを防いでくれるので、長時間座る時も便利。

ストッキング

 

片方の足の部分を、もう片方の足に通して重ねる。頭のケガの時はかぶったり、腹部のケガには足の部分を切るとはらまき型包帯に。
 

アウトドア用

 

レインウエア透湿防水素材は、雨や風が防げて蒸れず、撥水加工のウエアより耐水圧がある。普段の雨具やスキーウエアとして重宝。

合体ママコート

 

子ども用コートとママ用コートをジッパーで合体(ジッパーの規格が同じなら可能)すれば、寒さを防げる機能的なママコートになります。
 

災害時にこそ助かるおっぱい!母乳育児のすすめ

乳児を抱えたママにとって、母乳は大きな助けになります。被災しても、泣いたらどこでも即あげられる母乳が赤ちゃんの命をつなぐことはもちろん、抱っこしておっぱいを与えることで、ママ自身もリラックスでき、気持ちがなぐさめられます。

 

○母乳育児中のママは、母乳育児を続けて大丈夫。
○ストレスで母乳が干上がる心配はありません。
○栄養状態のよくないママの母乳にも、完全な栄養が含まれています。
○下痢の赤ちゃんでも母乳なら続けられます。
○一度母乳育児をあきらめたママも、必ず再開できます。
○母乳が足りないのでは?と思ったら、便や尿を確認しましょう。

 

「災害時の母と子の育児支援 共同特別委員会」
※日本ラクテーション・コンサルタント協会とラ・レーチェ・リーグ日本は、被災されたママのために無料で母乳育児相談に応じている。
http://www.jalc-net.jp/hisai_mother.pdf


 

普段のママバッグにプラスαで非常持ち出しバッグになる

 

日頃、外出する際の荷物には、おむつや着替え、ミルク、おやつなど、子どものお世話に必要なものが入っているでしょう。これに災害時に役立つグッズをプラスすれば、〝毎日持ち歩けるMY防災バッグ〞として十分機能します。
  
必携したい防災グッズとして、自分の居場所を人に知らせるためのホイッスル、停電時に必要で長持ちするLEDライト、あると便利な輪ゴムを、荷物に追加するといいでしょう(コラム参照)。
  
携帯電話は、災害時に役立つ機能やサービスを利用できる機種が増えています。「緊急地震速報」(※2)の自動受信機能は、震度4以上の揺れが予想される際、本揺れの前に警告音や画面表示などで地震発生を知らせてくれるというもの。ほんの数秒でも事前に地震が来るとわかれば、助かる確率が高まります。また、近くの避難所や病院がわかる災害時地図サービスなど、役立つ機能もあります。パケット通信は繋がりやすいのですが、充電切れ対策を考える必要があります。
 

自然の中の遊びを通して感性や生きぬく力が養われる

言葉が理解できる幼児には、災害時にどう動いたら安全かを教えてあげましょう。例えば、「地震が来たら? しゃがんで頭を守ろうね」などと練習しておくと、余計な恐怖心を与えることなく情報がインプットされます。
  
災害時は予測不能な事態が起こりうるもの。瞬時に複雑な状況判断をし、危険を回避することが求められます。頼りになるのは自分自身であり、安全を選び取る感性や経験から生まれる知恵です。
  
キャンプで野外生活を体験したり、でこぼこ道を歩いたり、親子一緒に木登りや川遊びなどをして、小さなリスクを冒してみる経験を通して、命に関わる危険
を察知する感性が養われていきます。自然の中で遊びを考えたり、必要最低限の道具を工夫して利用するなどが、災害時に危険を乗り切る力、生きぬく力につながります。
 

 

取材協力:江東自主保育の会「どろんこ」 撮影/福田依子 取材・文/中野洋子

掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部
人気連載
JavaScriptをOnにしてください