スタイルトップ  >  育児情報誌miku   >   miku 44号 2016年春号   >   【お出かけ】ぬり絵コンテストで横浜・八景島シーパラダイスに行こう!
miku 44号 2016年春号

【お出かけ】ぬり絵コンテストで横浜・八景島シーパラダイスに行こう!

JTB PassMe! ✕ miku ちびむすドリル タイアップ企画

LINEスタンプでも大人気のカナヘイさんのぬりえを完成させて、横浜・八景島シーパラダイスで記念写真を撮って応募するだけ!優秀作品にはかわいいぬいぐるみをプレゼント。

 3月18日~4月20日に実施しておりました、春休みのJTBの電子チケットサービスPassMe! とちびむすドリル、miku 共同企画  横浜・八景島シーパラダイスでのぬりえコンテストに写真の投稿をいただきましてありがとうございます! 
また、一生懸命ぬりえをしてくれた子供たち、ありがとうございました。

 

優秀作品決定!

優秀作品は下記3作品に決定いたしました。 

 

 

審査員からのコメント:ピカソ的な何か光るものを感じます!後ろのペンギンもびっくりのアート作品です。

 

 

 

審査員からのコメント:パステルな感じとちょっと宇宙人的な感じと好対照が印象的です!英語も入れてくれました。 

 

 

審査員からのコメント:暖かい色合いの可愛いリスに仕上げていただきました!かわいい!

優秀作品の方には、かわいいぬいぐるみを贈呈いたしますので楽しみにお待ちください。 

お出かけシーズン真っ只中です。  JTBのPassMe!でおでかけを楽しんでください! 

 

お魚大好き蒼大(そうた)君と佐々木ファミリーがPassMe!体験!

お魚大好きな蒼大くんを連れて、いろいろな水族館を訪れることもある佐々木香有里ママは「電子チケットを簡単に購入できるのは便利ですね。スマホ画面に、そのままスタンプを押される仕組みも楽しいです」と言います。
 
お出かけが楽しいこの季節、PassMe! で便利でお得なチケットを購入して、親子でたくさん楽しい思い出を作りましょう。

PassMe! なら、チケット購入が便利でお得!

1. PassMe!に登録する

 

 

 

会員登録は無料!画面にしたがって必要項目を入力するだけで登録が完了します。
※購入にはクレジットカードが必要です。

2. チケットを購入

 

 

 

パパや友だちとチケットをシェアしたり、プレゼントしたりもできちゃう。時間差で入園して、「園内の○ ○で待ち合わせ」なんて使い方もOK。

3. 電子スタンプを押してもらう

 

 

 

チケット販売の列に並ばずに、窓口でスマホのチケットページを提示。

4. 園内へ!

 

 

施設によっては、受付でペーパーチケットを引換えて、提示する場合もあります。

お魚大好き蒼大くんの八景島シーパラダイスレポート

 

さかなクンの大ファンだという蒼大くん。大人になったらさかなクンのようなお魚博士になりたいと、日々水族館にかよってお勉強中。さかなクンになったら、次はくじらクンを目指すそうです。

 

横浜・八景島シーパラダイスは、シーサイドライン八景島駅を降りたら、橋を渡ってすぐ。
駅の前には周遊バスのバス停もあるけれど、30分に1本しかないので、たまたま来たらラッキーかな。

 

休日のチケット売り場はいつも長蛇の列。今回は、PassMe!で事前にお得なチケットをママがゲットしてたので、引換券優先窓口ですぐに入場券と交換できたよ。

 

シーパラに来たら、まずジンベエザメの水槽へGO!

ジンベエザメって本当におっきいよね。水槽の前で記念写真撮ったらこんなになっちゃった。フラッシュ光らせちゃいけないから、難しいんだよ。せっかくのぬりえも暗くて見えなくなっちゃった。 

ジンベエザメの水槽のオススメの時間は、イルカショーのとき。イルカショーはこの水槽でやるんだ。

ジンベエザメは普段は水面近くを泳いでいるけど、ショーが始まるとイルカとぶつからないように下に沈んでくるから、目の前で見られるんだよ。

 

それに、イルカやあしかが泳いでいるのを下から見上げるのも、楽しいよ。みんな知らないんだよね。
水の中のトンネルをエスカレーターで上るアクアチューブも気持ち良いよ。
アクアミュージアムにはたくさんのお魚もいて楽しいけど、今日はお魚の解説はなし。きりがないもん。

 

次はドルフィンファンタジー
頭の上をイルカさんが飛んでるんだよ。天気が良い日はイルカさんが光ってとっても幻想的なんだけど、日差しを遮る物が無くて温室みたいに暑くなっちゃうから気をつけてね

 

僕の一番のお気に入りは、ふれあいラグーン

ヒレアシビーチフレンドリーサークルでは動物のパフォーマンスが見られたり、海の動物たちにタッチしたりもできるよ。

 

さかなリーフは東京湾の礒だまりを再現したプール。実際に水に入って、いろんな観察ができるから楽しいよ。

 

広いアクアリゾートを歩き回ってお腹が減ったので、ちょっと休憩。

 

帰りのシーサイドラインでは運転席に座って帰りました。シーサイドラインって無人運転なのに運転席があって、座れるんだよ。知ってた?

 

撮影/長尾浩之

掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部
人気連載
JavaScriptをOnにしてください