スタイルトップ  >  育児情報miku   >   miku 46号 2016年秋号   >   うま味を生かして薄味を心がけよう
miku 46号 2016年秋号

うま味を生かして薄味を心がけよう

さつまいも✕うま味

離乳食体験としてクローズアップしたいのは、「うま味」です。「うまい」という言葉から「おいしさ」と混同されることもありますが、甘味、塩味、酸味、苦味に並ぶ五味の一つ。離乳食では大いに活用したい味覚です。

滝村雅晴さん

 

ビストロパパ代表取締役。パパ料理研究家。大正大学客員教授。内閣府食育推進会議専門委員 。日本パパ料理協会会長飯士。4月に「47fish(ヨンナナフィッシュ)」を設立。代表取締役に就任。家庭内での魚食推進のための事業をスタート。

味に深みを出すうま味は薄味離乳食にも大活躍

離乳食作りで心がけたいことの一つに「薄味であること」が挙げられます。赤ちゃんの舌は大人よりも敏感である上に、濃い味に慣れてしまうと素材本来の味がわからなくなってしまうこと、濃い口好きでいると将来的に成人病へのきっかけにもなり得ることなどから、離乳食では薄味であることが大切とされています。また、いったん濃い味に慣れてしまうと、後から薄いものに変えても食べてくれなくなるので、最初が肝心です。
 
薄味離乳食で活躍するのがうま味です。うま味たっぷりの出汁や乳製品をプラスすることで、味に深みが出て満足度が高まります。うま味を「おいしい!」と感じられ、好きな味覚になると、その後の食事でも塩分控えめで楽しい食生活を送ることができるようになりますよ。

初期 さつまいものお粥

[材料]

 

・さつまいも        20g
・昆布出汁       小さじ1
・十倍粥          20g

 

[作り方]

 

蒸して皮をむき、裏ごし(すりつぶし)したさつまいもに出汁を入れてのばす。

中期 鱈とさつまいものマッシュ

[材料]

 

・鱈           大さじ1
・出汁用の昆布        適量
・さつまいも             30g

 

[作り方]

 

鍋に鱈と昆布、水(分量外)を入れて茹でる。煮たてた出汁は取っておき、鱈は取り出してみじん切りにする。
蒸して皮をむき、裏ごし(マッシュ)したさつまいもを、①の出汁大さじ2杯を混ぜて器に入れ、鱈をのせる。

後期 スイートポテト

[材料](1個分)

 

・さつまいも

*蒸したもの       40~50g
・牛乳        大さじ1.5
・卵黄                      適量

 

[作り方]

 

ゆでて皮をむいたさつまいもをつぶして牛乳と和え、焼き型カップに入れる。表面にはけで卵黄をぬる。
※卵アレルギーの場合はぬらない。
180度のオーブンで、表面が焦げないように焼く。

完了期 さつまいもサラダ

[材料]

 

・さつまいも      100g
・きゅうり       1/2本
・塩            少々
・粉チーズ           少々

 

[作り方]

 

さつまいもは蒸して皮をむき、フォークやすり棒でつぶす。きゅうりはスライサーで薄切りにして塩で揉む。
①を混ぜて器に入れ、粉チーズをかける。

ONE POINT

「うま味」というと、日本人にとって出汁のイメージが強いかもしれませんが、グルタミン酸を多く含む母乳、牛乳、卵黄、パルメザンチーズ、トマトなどにも含まれています。
 

 

 

 

 


撮影/福田依子 取材・文/山田治奈
 

掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部
人気連載
JavaScriptをOnにしてください