スタイルトップ  >  育児情報誌miku   >   miku 47号 2016年冬号   >   【甘酒メーカー】自宅で甘酒を作っちゃおう!
miku 47号 2016年冬号

【甘酒メーカー】自宅で甘酒を作っちゃおう!

自然の素材が体にやさしい

最近、甘酒が人気ってご存知でしたか?米糀からつくるアルコールが0%のタイプは生後10カ月くらいからの飲むことができママのお肌にも良いと話題にされています。本誌では、ご自宅で簡単に作ることができる「甘酒メーカー糀美人」をご紹介します。

日本の食文化を支えている糀(こうじ)のこと

和食に欠かせない味噌、醤油、みりん、酒。実はすべて糀の力によるもの。糀には多くの酵素が含まれ、デンプンをブドウ糖に、タンパク質をアミノ酸に分解します。腸内環境を整えるオリゴ糖や肌の健康的な代謝にかかわる多種のビタミン類も生成し、毎日の食生活を支えます。
 

手作りの甘酒を子どもと一緒に

米こうじの甘酒は、ご飯やおかゆに米こうじを混ぜて保温して作ります。炊飯器や鍋では温度管理が難しかったりしますが、マルコメの甘酒メーカーなら適温を簡単操作で保ちます。今回、甘酒づくりにチャレンジしてくれたのはミク読者の木原さゆりママ。1歳4手作りの甘酒を子どもと一緒にカ月の双子の男の子のママです。

 

お子さんが生まれてからは特に食にはこだわりをもたれていて、幼児食は全て手作りされています。
 
「甘酒メーカーは始めて使ってみましたが、とても簡単に甘酒を作ることができました。砂糖を使っていないのに自然な甘さが美味しく、子どもも私もどんどん飲んじゃいました」とのこと。取材の時にも、うれしそうに飲む双子ちゃんたち。
 
「子どもの口に入るものなので、素材はとても気になりますね。国産だし、自分で作ることができてとても安心して与えられます。冬はあたたかくして。おやつにもいいですね」とさゆりママ。
 
飲料としてだけでなく、砂糖の代わりに料理にも使える甘酒。ぜひご自宅で手づくり甘酒にチャレンジしてみませんか。
 

炊いたご飯から甘酒を作ろう!

1.甘酒メーカーの内容器にご飯とお湯(または水)を加え、よくかき混ぜる。

2.米こうじを加えよく混ぜる。

3.時々混ぜながら、甘酒メーカーで55℃で8時間程度、保温する。

 

※できあがり目安は、お好みの甘さになった時です。熟成時間が長いほど甘く仕上がります。

プラス糀 甘酒メーカー
糀美人MP101

6000円(税抜)

 

本体サイズ/約(幅)20.0cm※取手部分を含む×(奥行)17.0cm×(高さ)21.5cm
保温・タイマー機能でご家庭で甘酒をはじめ塩糀・しょうゆ糀・ヨーグルトと発酵食品が手軽に作れます。

プラス糀
国産米使用
米こうじ(100g×2)

300円(税抜)

 

ほぐす手間の要らないバラタイプの乾燥米こうじ。乾燥していないこうじに比べ、長期保存が可能。1回分の甘酒づくりに最適な100gタイプ2袋入り。レシピブックも同梱。

 マルコメ 甘酒メーカー糀美人のモニターを募集します。

 

応募受け付けは終了しました。

 

モニター希望の方は「miku読者アンケート」の甘酒メーカーモニター募集欄にチェックを付けてご応募ください。乾燥米こうじ(100g×2)とセットでお送りします。抽選で10名様の募集です。

 

読者モデル/木原さゆりママ&光遥くん、叶翔くん(1歳4カ月) 撮影/高野長英

掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部
この記事の関連キーワード
人気連載
JavaScriptをOnにしてください