スタイルトップ  >  育児情報誌miku   >   miku 50号 2017年秋冬号   >   豚肉を使った幼児食レシピ
miku 50号 2017年秋冬号

豚肉を使った幼児食レシピ

離乳食が終わったらどうすればいい?

 

離乳食が終わったら、すぐに大人と同じような食事ができるわけではありません。消化機能の発達もこれからですし、歯も生えそろっていません。味付けも、4~5歳になるまでは大人より薄味を心がけましょう。今回は、離乳食を終えた後の幼児食のレシピをご紹介します。

滝村雅晴さん

 

 

ビストロパパ代表取締役。パパ料理研究家。大正大学客員教授。農林水産省食育推進会議。日本パパ料理協会会長飯士。4月に「47fish(ヨンナナフィッシュ)」を設立。代表取締役に就任。家庭内での魚食推進のための事業をスタート。

4歳までは、幼児食ととらえて、具材の大きさや味付けに工夫を

離乳食を終えたら、大人と同じものを食べていいというわけではありません。4~5歳になれば大人と同じ程度のものでよくなりますが、それまでは幼児食時期ととらえて、調理に工夫をしていく必要があります。とはいえ、食べられるものも増えますし、大人の食事にひと手間加えるだけで与えられるものなら助かります。今回ご紹介するのは、奥歯も生えだしてかみ切れるようになる、豚肉を使ったレシピ。いずれも具材の大きさと味の濃さを変えれば親子で一緒に楽しめる料理です。豚しゃぶは、ポン酢などでは味が濃いので、薄めのめんつゆを使います。

 

立ったり、歩けたりする時期がそれぞれ異なるように、食にまつわる成長具合もそれぞれ違います。具材の大きさ、固さは、成長の様子をみながら調整していきましょう。味付けも濃くならないように配慮します。

 

ワンポイントの「味付けの目安」は、ほかのレシピでも活用できます。離乳食後期から完了期のお子さん向けのレシピにもアレンジすることができます。

ONE POINT

味付けの目安
今回紹介しているレシピの味付けは、幼児期の平均的な味付けです。幼児食作りでは、離乳食の完了する1歳半~3歳ぐらいまでは大人の1/3~ 1/2 の味付け、3~4歳で2/3の味付けを目安にしましょう。

豚しゃぶ

[材料] ※分量は茹でた後の量

 

出汁こんぶ:         1枚
豚ロースしゃぶしゃぶ用:    10g
もやし:            20g
レタス:            15g
A     
・めんつゆ(2倍濃縮):    小さじ1
・水:             大さじ1
 

[作り方]

 

鍋に水(分量外)と出汁こんぶを入れて沸騰させたら、豚肉、もやし、レタスを茹で、火が通ったら取り出し、小さく切る。

皿に盛り付けて、Aをかける。
 

離乳食後期~完了期に作るなら

 

◎肉、野菜をさらに小さく刻めば、離乳食後期でもOK ! 

豚なす味噌炒め

[材料] 作りやすい分量です。出来上がりから食べられる量を取り分けてあげましょう。

 

豚もも薄切り肉:   100g
舞茸:        50g
なす:        1本
ごま油:       少々
A     
・味噌:       大さじ1/4
・砂糖:       大さじ1/2
・日本酒:      大さじ1/2
ごはん:       少々※柔らか目
白すりごま:     少々
※ごまは消化しやすいように必ず擦ったものを
 

[作り方]

 

肉と舞茸は噛みやすいように小さく切る。なすはいちょう切りに。
フライパンを火にかけ、ごま油を入れ、肉、舞茸、なすを炒め、Aを加えて炒める。
器にごはんをよそいを盛り付け、白すりごまをかける。

離乳食後期~完了期に作るなら

 

◎なすの皮をとる。味つけを薄めに。
◎豚肉は、ひき肉を使うと食べやすい。
◎ごはんは、日ごろ与えている軟らかさに。

 

撮影/福田依子 取材・文/山田治奈

掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部
この記事の関連キーワード
人気連載
JavaScriptをOnにしてください