スタイルトップ  >  育児情報誌miku   >   miku 51号 2018年春号   >   身近なものが大変身?!手作りおもちゃでとことん遊ぼう!
miku 51号 2018年春号

身近なものが大変身?!手作りおもちゃでとことん遊ぼう!

子どもの発達や成長に合わせてさっと作れる!

子どもは毎日さまざまなことを吸収してどんどん成長します。手作りおもちゃなら、その育ちの変化に合わせて、その時期にぴったりのおもちゃ遊びが手軽にできちゃいます。今回は、クリエイターの佐藤蕗さんが、実際に息子さんの成長を見守りながら作ってきたおもちゃ遊びを教えてもらいました。家遊びも外遊びも、子どもの想像力が加わって、無限に広がりますよ。

佐藤蕗さん


1982年愛知県生まれ、一児の母。多摩美術大学卒業後 店舗設計会社、建築設計事務所勤務を経て、第一子出産を機にフリーランスに。育児をしながら作っていたおもちゃが反響を呼び、デザイナー、イラストレーターの活動のかたわら、造形作家として、雑誌、web、テレビで活躍中。著書に『親子で笑顔になれる魔法の手作りおもちゃレシピ』(宝島社)。

発達や興味に合わせて与えられる手作りおもちゃ

「子どもを観察することからおもちゃ作りが始まる」という佐藤蕗さん。観察をすることで、子どもの成長や発達に合わせた手作りのおもちゃができるとおっしゃいます。加えて、子どもがどんな題材に興味や関心を持っているかもおもちゃのアイディアに盛り込めるので、身近なものを使った簡単なものでも、子どもはぐんぐんとそのおもちゃに惹かれ、夢中で遊びだします。
 
「私自身、子育てをしながら自分の作ったおもちゃに何度となく救われてきました。身近なもので子どもが笑顔になってくれたら、毎日の生活がちょっとハッピーになりますよね」。
 
今回教えてくださったおもちゃレシピも、折り紙や画用紙など手軽に入手できるものや、トイレットペーパー、紙コップといった生活の中にあるものを使った、簡単に作れるものばかり。
 
「おもちゃ作り隊」として集まってくれた3組のミク読者たちも、たくさんあるおもちゃレシピの中から、それぞれ子どもが興味のある題材を選んで親子に分かれて作ってみました。

さて、どんなおもちゃができるかな?

 

「私はお魚おもちゃがいい」「僕は虫!」と、さっそく作りたいものを選ぶ子ども達。「ハサミを使わせたことがないのに、大丈夫かなぁ……」というママの不安をよそに、子ども達はどんどん作りはじめます。とはいえ、そこは子どもです。最初から自分の思い描いた通りのものは作れません。「もっとここは大きくしてみよう」「ここはどうしたらもっと足らしくなる?」と何度もやり直し。その創意工夫こそが知恵となり、成長へと繋がります。

「おもちゃ作り隊」のみんなは3歳以上なので、親子で一緒に制作しましたが、子どもが制作をするのが難しい2歳ごろまでは、大人が作り、与えましょう。例えば今回紹介している“お魚マグネット”は、佐藤さんの息子さんが1歳になって指先を少しずつ上手く使えるようになり、カードやシールをつまんだり、貼ったりすることに楽しさを覚える時期に思いついたものなのだそう。3歳以上になって親子で一緒に作る際も、子どもの成長やできることにあわせて作業を分担するといいですね。

シーンが変わると無限に広がる遊び方

作ったおもちゃは、家の中だけでなく、外出先や公園など、シーンが変わることで遊びの幅も広がります。例えば、“着せ替えカード”は、家の中でも十分楽しいのですが、公園で草木や花々をあててみたり、いろいろな壁やブロックなどを使って柄を楽しむなど、遊びが無限に広がります。
 
「こうしてみたらどう?」と、ちょっとしたヒントを投げかけるだけで、ときに大人以上の想像力を発揮して、思いもよらぬ遊び方をすることもあるでしょう。そんなときは、安全を見守りながら、子どもの意見を優先してみましょう。それこそがクリエイティブです。今回の手作りおもちゃ遊びに、「こうあるべき」といった決まりはありません。
 
「おもちゃ作りや遊び方のアイディアを膨らませながら、“考えること”“工夫すること”の楽しさを知ったら、これから子どもが成長していくうえでも、将来子どもがどんな分野に進むときにも、役に立つのでは?」と佐藤さん。今回のレシピを参考にしながら、親子遊びを楽しんでみてはいかがでしょう。

 

 

 

冷蔵庫などにぺたぺた貼って遊びましょう。マグネットの付くところ、付かないところの違いがあら不思議! 化学遊びの第一歩に。

1.魚の絵を自由に描いて。

2.ハサミで切り抜く。

※手貼り用のラミネートフィルムで加工すると、劣化しにくいので長く遊べます。

3.裏面に100円ショップでも買えるマグネットシートを貼り付けて。

 

 

 

ニコニコ笑顔やびっくり、おとぼけ顔など、いろいろな顔の変化を楽しめちゃう。自分だけのオリジナルカップができあがるから、パーティーなどでマーキングカップとしても使えるよ。
 

1.目の形をくり抜き、眉、鼻、口など顔を描く(250ml紙コップ)。
2.くり抜いた目の位置に合わせていろいろな形の目を描く。(205ml白い紙コップ)。
3.250mlの紙コップを一番内側に重ねてできあがり!

One point!

カップを重ねた後、穴に合わせて目を描くと目の位置がずれにくいよ♪一番外側の紙コップはカラフルなものを使うと華やかに!
 

一番上のカップを回すと、表情が変わってオモシロイ!

折り紙を使って、切ったり貼ったり書いたりしながら、自由に好きな虫を作ります。

 

虫の裏側にトイレットペーパーの芯をテープで止めてできあがり!

♪外遊びがもっと楽しくなる手作りおもちゃいろいろ♪

落ち葉が飛び出すクラッカー。子どもはちょっと驚きのある遊びが大好き。何度も何度も挑戦します。遠くに上手く飛ばせるかな?

1.割りばしの先を4cm切る。ハサミを入れてから折ると簡単に切れる。

2.切った割りばしに写真のように輪ゴムを通す。

3.紙コップを2つ重ねて底に穴を開け、2の割りばしがコップの中にかかるように、輪ゴムを紙コップに通す。

4.輪ゴムにガムテープでスーパーボールをつける。外れにくいようにガムテープはしっかりと。

スーパーボールにアルミホイルを巻き付けて、カップに顔を施して完成!紙コップに落ち葉を入れて、スーパーボールを引いて手を放して紙コップにあてると、パーンと落ち葉が飛び出します。

ハートやダイヤ、リボン、星形など、好きな形にカッターやハサミでくり抜き、カーテンや壁、花や葉っぱ、看板などいろいろなところにあてて柄の変化を楽しみます。

子どもの絵を描いて、洋服の部分を切り抜くと、着せ替え人形カードにもなります。かさばらないので外出先にも持っていけるのがうれしい♪子どもの観察力も高まりそう!


ご近所迷惑を気にしてチョーク遊びを控えるママもいますが、水を使ったお絵描きなら消えるから大丈夫!

食器洗い用スポンジを、はさみやカッターで好きな形にカット。

スポンジを水で濡らして、地面にぺたぺたぺたぺた。スタンプのように使ってもいいし、好きな絵を描いてもよし!

鈴木勇翔くん(4歳)&未久ママ


帰宅してからも家族に「これ自分で作ったの!」と自慢しながらうれしそう。小学生の兄も今度作ると張り切っていました。買って与えるおもちゃとは違った愛着があるようで、虫の目が取れると自分で貼りなおしたりして大切にしています。
 

小田島友梨亜ちゃん(3歳)&真紀子ママ


お寿司が大好きで日頃から魚の種類をいろいろ覚えているのですが、今回選んだおもちゃも、お気に入りの魚を実際に絵に描くのがとても楽しかったようです。親にとっても子どもが捉えている魚の形や特徴を観ることができて新しい発見でした。
 

野口愛未ちゃん(5歳)&悦子ママ


100 円ショップで揃えられる身近なもので、作り方も簡単!それなのに子どもはこんなによろこぶのだなぁ、と目からウロコでした。着せ替えカードは、家や公園、いろいろな場所で遊べていいですね。帰宅後も、お花クラッカー作って~♪とおねだりされています(笑)。
 

 

撮影/長尾浩之 取材・文/山田治奈

掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部
この記事の関連キーワード
人気連載
JavaScriptをOnにしてください