スタイルトップ  >  育児情報誌miku   >   miku53号 2018年秋冬号   >   好き嫌い対策の幼児食スープ
miku53号 2018年秋冬号

好き嫌い対策の幼児食スープ

離乳食が終わったらどうすればいい?

寒い季節は、体も心もぽかぽかあたたまる、あったかスープが大活躍。

今回は、幼児期の好き嫌い対策にもぴったりのスープをご紹介します。
子どもの好き嫌いは、見た目にも左右されることがあるので、ぜひ挑戦してみましょう。

滝村雅晴さん 
Masaharu Takimura

 

ビストロパパ代表取締役。パパ料理研究家。大正大学客員教授。農林水産省食育推進会議。日本パパ料理協会会長飯士。料理を習慣化させる「パパの料理塾」を都内で開講。2018年3月、パパさかな大使代表に就任。

幼児期の好き嫌いは、見た目が重要!

この時期の「嫌い」の原因は、味だけでなく、その食材にまだ慣れていない、食感が苦手といったことがあげられます。見た目も大きな要因で、見た目を変えるだけで食べられるようになることも少なくありません。
 
例えば、子どもの興味を引くような星やハート型にするだけでも、「食べてみようかな?」という気持ちになることも。クッキー作りなどで使う型抜きなら、車や船、熊などさまざまな型を作れます。ポトフなどのスープに、こうした型抜き野菜をちょっとプラスしてみましょう。
 
それでもだめなら、形をなくしてしまうポタージュで、まずは味に慣れさせてみるのもひとつの手です。今回ご紹介したポタージュは、ブロッコリーをにんじん、かぼちゃ、ホウレン草などに代えて作ることができます。
 
離乳食や幼児食では、なるべく手作りの出汁を使いたいものですが、スープなら、素材をじっくり煮込むことで十分な出汁が出ます。コツは、火加減。煮立てすぎないように、沸騰したら火を弱めましょう。鶏肉の出汁は取り分けておくとほかの料理にも利用できます。

ささみ出汁の野菜スープ

[材料] (2~3人分)

 

・ささみ                               2本
・大根                                   50g
・ほうれん草                        1株
・にんじん                            30g
・水                                   500cc
・塩                            小さじ1/2

[作り方]

 

ささみは筋を取ってから1cm角に切る。大根は皮をむいて5mm角のサイコロ切り。ほうれん草は根元を切り落とし、3cm幅に切る。にんじんは皮をむいて薄切りにし、型抜きを使って好みの形にする。
鍋に水とささみを入れて火にかけ、あくを取る。大根、にんじんを入れてやわらかくなったらほうれん草を加え、ひと煮たちしたら火を止める。塩で味を調えてできあがり。

離乳食後期~完了期に作るなら

◎野菜の大きさは離乳食適齢にあわせて切り、十分にやわらかく煮ます。

 

大人味にするなら
◎コショウやお好みのスパイスをプラスします。

ブロッコリーのポタージュスープ

[材料] (2~3人分)

 

・ブロッコリー                       1/2茎

・じゃがいも                        1個
・玉ねぎ                            1/2個

・バター                            大さじ1
・水                          150cc
・牛乳                            200cc

・塩                     小さじ1/4~
・ドライパセリ                       少々

[作り方]

 

ブロッコリーは房を千切りにし、芯は皮をむいて薄切りにする。じゃがいもと玉ねぎも皮をむき、薄くスライスする。
鍋にバターを入れて中火にかけ、玉ねぎ、じゃがいも、ブロッコリーの順に入れて炒める。火が通ってきたら水を加えて蓋をし、沸騰したら弱めの中火で10分ほど煮詰める。
❸ 鍋を火からおろして牛乳を加え、ハンドブレンダー等で攪拌したら、再度火にかける。あたたまったら塩で味を調え、器によそい、パセリをふってできあがり。

離乳食中期~完了期に作るなら

◎塩分の摂りすぎにならないように、無塩バターに塩少々でおさえます。
※乳製品アレルギーのある場合は、「バターと牛乳」を「お水と豆乳」に変えましょう。ただし、大豆アレルギーの場合には豆乳はNGです。

OnePoint

 ハンドブレンダーやミキサーがなければ、牛乳を加える前に野菜を漉したり、すり鉢で擦ったりしてなめらかにしてから牛乳を加えます。
● バターが有塩か無塩かによって、塩の量を調整します。

2018 AUTUMN-WINTER
撮影/福田依子 取材・文/山田治奈

掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部
この記事の関連キーワード
人気連載
JavaScriptをOnにしてください