絵本ナビスタイル トップ  >  あかちゃん・こそだて   >   【48の事例別】イライラをコントロール!困ったママを助ける「怒らずのばす育て方」

【48の事例別】イライラをコントロール!困ったママを助ける「怒らずのばす育て方」

「ママ、いつも怒らないで」と言われないためにママができる解決法

ママが子どもにイライラするランキング1位ってなんだと思いますか?

 

何度言っても『子どもが片付けない』。

「片付けてよ!」「わかってる!」「なんで片付けないの!」「今やるって!わかってるよ!」

不毛なやりとりループからそのうちママの怒りはMAXに!!よくある光景。毎日同じことの繰り返し。でも子どもを怒った後に感じる罪悪感。最近なんだかいつも怒っているみたい。本当はママだって怒りたくない!そう思っている親御さんは多いはず。

 

この本では、具体的な場面での子どもへの声かけのアドバイスはもちろんのこと、ママがどうやって自分のイライラと向き合ってコントロースするか、その方法がわかりやすく紹介されています。

最近子どもに怒ってばかりだな、怒る気持ちを上手に扱えないかなと気になる方は、是非手に取ってほしい1冊です。

怒りはなぜ生まれる?怒りはコントロールできる?怒りと付き合う方法

長い目で見ると、「怒る」より圧倒的に効果的な方法があるということを本書では繰り返し教えてくれます。目先のことだけで、怒ってやめさせるのではなく、子どもが自発的に考えてやめることを選択する、そういうアプローチがあるということ。

 

そのために、この本では2つのことを提案しています。

・一つは、ママが自分のイライラや感情をコントロールする術を身につけてほしい。

・もう一つは、子どもの成長を考えた上での効果的な言葉かけする。

 

親と同じように、子どもも感情の生き物、言葉によって子どもの心に働きかける叱り方や言葉かけを使うことが重要になってきます。

それには、まずママが感じる「怒り」の原因やその矛先を知って、その怒りとどうやって付き合っていくかで、子どもたちにかける言葉も変わってきます。人間は、起こった出来事に意味づけをして、その意味づけによって芽生えた感情で自分の行動を決めます。その仕組みを図解で分かりやすく解説してくれた上で、怒りの感情の付き合い方を学ぶ4Stepsを詳しく伝授してくれます。また、具体的に、深呼吸をする、一度その場を離れる、体を動かすなどすぐに実践できる具体的なメソッドやヒントものっているので、すぐにでも参考にできそうです。

48場面別イラストでわかる怒らない子どもへの接し方

ママが「怒り」をコントロールする方法を学んだ後は、実際にありそうな場面での子どもへの言葉かけのアドバイスが載っています。よく言ってしまいそうなNGワードと共に、OKな言葉かけとその言葉かけに隠された理由や意味も詳しく説明されているので、納得した上で自分たちの場面に無理なくき換えて実践することができそうです。

 

また、どのシーンもイラストレータのモチコさんの可愛い子どもたちの「あるある」場面が再現されており、思わず、そうそうこれ!このシチュエーション!と共感をもてるのも読んでいて元気づけられます。毎日のほんのちょっと言葉のかけ方を変えるだけで、子どもたちの反応も変わっていきそうです。

ありそうでなかった!シーン別怒らない「言葉かけ」大全集

イラストでわかる 怒らずのばす育て方

子どもが「お片付けをしない」「夜なかなか寝つかない」
「身支度が遅い」「せっかく作った食事を食べない」。
育児をしているとよく出くわす場面です。

コラッ!!
と感情的にならずに、子どもにどう気持ちを伝えるか?

つい親が怒ってしまう48の場面を取り上げ、
声かけ例や気持ちの持ち方に関するアドバイスを
わかりやすく載せています。

インスタでフォロワー15万人超の人気イラストレーター
モチコさんのイラストがとにかくキュートで、「怒り」
というテーマについても、楽しく読めるから不思議です。

かわいい子どもに「いつも怒らないで」と言われる前に、
ぜひ本書を開いてみてください。

いかがでしょうか。

なかなか毎日のこと、気づけば無意識に「怒ってる」「怒鳴ってる」、だけど改善されないことがあったら、一度、自分の「怒り」とそれに対する子どもたちへの「言葉かけ」を考えてみる良いきっかけとなるかもしれません。子どもを変えようとするのではなく、まず自分の「怒り」と向き合うことで、今まで気づけなかったことがいろいろと発見できると思います。いつもニコニコするのは難しいかもしれないけれど、抱えなくてもいい「イライラ」から解放されれば、ママの子育てもグッと楽になるはず。子どもたちと楽しく笑顔で過ごせる時間を作りましょう!

富田直美(絵本ナビ編集部)

掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部
この記事の関連キーワード
人気連載
JavaScriptをOnにしてください