スタイルトップ  >  あかちゃん・こそだて   >   入園前に…ひとりでお着がえ、できるもん!の絵本

入園前に…ひとりでお着がえ、できるもん!の絵本

桜のつぼみもふっくら、保育園や幼稚園入園のお子さんはまもなく新生活ですね。
親子で指折り数えながら、ドキドキワクワクしている毎日でしょうか。
一方でママの頭をチラホラよぎる「うちの子、ちゃんとできるかな。」
そのひとつが・・・お着がえ。
いつもママが追いかけまわして着せたり、ズボンは前・後ろ反対、ボタンは互い違いだったり。
おまけに脱いだTシャツやくつした、パンツはぐしゃぐしゃ、ポイポイポイ・・・。
あぁぁ、想像しただけで、頭がいたい。

そこで絵本でいっしょにお着がえの練習。
最初はゆっくりのんびり、まちがいだらけのお着がえも「ひとりでできるもん!」。
子どもたちの「やりたい!」をくすぐる絵本を紹介します。

【保育園入園の子に】だいすきなパンツ。ひとりで、はけるかな?

パンツちゃんとはけたかな

お気に入りのぬいぐるみ、お気に入りのお洋服――みんなもきっとありますよね。ピコちゃんのお気に入りは、くまちゃんの絵がおしりについているパンツなんです。

ピコちゃんは、もう、ひとりでパンツをはくことができます。右足を入れて、左足も入れて、とっても上手! ピコちゃんも満足そうです。
でも、あれれ? なにかがおかしいみたい。くまちゃんの絵がおなかのほうにきているようですね。それを見たお母さんは、「ピコちゃん、パンツがうしろまえになっていますよ」と言います。でも、ピコちゃんの答えは……?

カラフルなパンツがずらりと登場するカバーは、眺めているととっても楽しい気持ちになります。しましまのパンツ、おほしさまのパンツ、みずたまパンツ。みんなのお気に入りはどのパンツかな?
ここにあるパンツ、ピコちゃんはひとりで上手にはけるのに、どうしてお気に入りの1枚だけは、うしろまえにはいてしまうのでしょうか? ふしぎです。ピコちゃんのお母さんと一緒に、首をひねってしまいますね。そして、はき方に隠されたピコちゃんの秘密とは……思わず笑顔になります。

くるくる変わる表情や、愛らしい仕草が魅力的なピコちゃんと一緒に、向きや、足をとおす穴を確認しながらパンツをはいてみたら、とっても楽しそう。パンツトレーニング中のお子さまと一緒に読みたい、ほのぼの心温まる1冊です。

【お着がえが苦手な子に】失敗してもいいんだよ!考えながら一歩ずつ。

どうすればいいのかな?

シャツをはいたらどうなる?どうしたらいいのかな?
くまくんがお出かけのしたくをしますが、シャツをはいたり、パンツをかぶったり、ぼうしをはいたりしてしまいます。そのたびに「どうしたらいいのかな?」と考えて、ひとつひとつクリアしていきます。
そしてシャツを着て、パンツを穿いて、ぼうしをかぶって、くつを履いて、いってきまあす。

【幼稚園入園の子に】制服、毎日ちゃんと1人で着るんだ!

ペネロペ ひとりでふくをきる

ペネロペはひとりで朝起きて、服を着るのに挑戦! パンツ、シャツ、ズボン、くつした・・・さあ、ちゃんと着れるかな? 上手に着れたらパパとママに見せにいくつもり!

掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部