スタイルトップ  >  絵本・本・よみきかせ   >   かわいいおばけ大集合! おばけ絵本かわいい子選手権

かわいいおばけ大集合! おばけ絵本かわいい子選手権

子どもたちはおばけの絵本が大好き。

 

「え、怖くて泣いちゃったりしないの?」

 

実は、「こわい」が好きな子って多いのです。「こわい、こわい」って言いながら、嬉しそうな顔をしていたりするんです。

 

それに、おばけと言っても、絵本の中のおばけはかなり“かわいい!”のです。
こんなかわいい子たちを、紹介しないのはもったいない!!
・・・ということで、絵本ナビ編集部の独断で「おばけ絵本 かわいい子選手権」を開催しちゃいましょう。

◆かわいい!!・・・あれ、でもおばけ?

最初に登場したのは、とにかくかわいいこの子。
白くて、ふわふわしてて、どこからどう見てもおばけ。
でも・・・みみがある?!
あれあれ、どうやらこの子はおばけじゃないみたい。

うさこちゃん おばけになる

いたずら好きのうさこちゃん。ある日おばけに変身してみんなを驚かしてやろうと思いつきます。
さっそくお母さんに古いシーツをかぶせてもらって、穴をあけたら・・・
おばけうさこが現れた!みんなはもう、上を下への大騒ぎ!

◆おばけとアイスクリームってぴったり!?

次に登場したのは、正真正銘おばけです。
ちゃんと職業も持っているんですよ、「アイスクリームやさん」。
ちょっと力が抜けたフォルムがクセになるほどかわいいと思いませんか?

おばけのアイスクリームやさん

おばけのぼんちゃんはもりでアイスクリームやさんをしています。ねこちゃんに会ったら「ねこちゃんアイス」、うさぎちゃんに会ったら「うさぎちゃんアイス」、ふたごのはとさんにあったら「ふたごちゃんアイス」。もちろんみんな大喜び。

◆よく笑うおばけくんと、すっかりお友だち

今度は、とっても親しみやすいおばけくんの登場です。
なんたって、るいくんとおばけくんが出会ったのは夜中におしっこに行ったとき。
るいくんがつかまえようとすると・・・
「ふひゃひゃひゃ、くすぐったあい。」
ちっともこわくないみたい。

るいくんとおばけくん

おばけとお友だちになっちゃったんだ。るいくんは夜中におしっこがしたくなっちゃったんだけど、暗くてこわいなあって思ってるとき、あらわれたのが小さなおばけ、おばけくん。かわいいおばけくんはちっとも怖くないよ。一緒におしっこして、すっかり仲良しになったんだ。おばけくんは昼間も来てくれるよ。お父さんのシーツでおばけごっこしたときは、おばけの動き方を教えてもらった。

 

いつだって一緒のふたりだけど、やっぱり幼稚園は別々に行くことにしたんだ。

◆ほのぼの可愛いおばけの兄弟さくぴーとたろぽうの一家のおはなし

実は、みんなが寝静まる頃、おばけの兄妹のさくぴーとたろぽうが保育園に行っている・・・なんて。
想像するだけでもほのぼのしてきますよね。だって、こんなに嬉しそうに遊んでいるんですよ。

おばけかぞくのいちにち

おばけ家族の暮らしは、夜に始まります。夜起きて、おばけの兄妹のさくぴーとたろぽうは、保育園に行き、お父さんは仕事に行きます。夜昼逆転した人間の暮らしのようなおばけの暮らしを愉快に詳細に描きます。
今おばけたち一家は何やってる時間かなぁ・・・なんて考えているだけでおばけと友達になれた気分。想像が膨らんでいきますね。

◆おばけと言えば、せなけいこさん! 数ある作品のなかから・・・

ひとめ見てすぐにわかるほど、せなけいこさんの描くおばけは子どもたちに愛されています。
たくさんある名作絵本の中から、今回登場するのはこちら!
美味しいにおいにさそわれて、自分がてんぷらにされちゃうなんて・・・かわいいおばけです。

おばけのてんぷら

こねこくんがおべんとうを食べているのを見て、うさこは自分でもてんぷらをつくってみることにしました。お買い物にいって材料を揃え、野菜を切って、ころもをつくって、野菜にころもをつけて・・・熱い油でじゃーっとあげる。我慢できなくて、あげたてのてんぷらを食べながらたくさん作ります。
すると、おいしいにおいに誘われて、山のおばけがうさこの家にやってきた。
うさこに見つからないように、ちょろちょろ飛び回りながらてんぷらのつまみぐい。
「あー、おいしい!おいしい!」
そのとき、大変! おばけがあやまってころもの中にぽちゃーん!

◆フランス生まれの、お洒落でちょっぴりとぼけたおばけたち!

おばけたちがパーティ―を開いているのは、古いお城の大広間。
ところでおばけって、料理を食べるとどうなるの?お酒を飲んだら?
動く姿は愛嬌たっぷり、ユニークなフランス生まれのおばけたちです。

おばけパーティ

古いお城の大広間。今日はおばけのアンリが友だちみんなを晩さん会にご招待。おもてなしをしようと準備中。アンリはまだキッチンで忙しそう。
さてさて、おばけのパーティーってどんな様子なのでしょう。どんなごちそうが出るの?おばけってお料理食べたらどうなるの?興味津々。さぁ、みんなでのぞいてみましょう!

◆説明いらずの人気者!バーバパパもおばけです

大きくて、自由自在に形を変えることができて、家族仲良しで。
そう、世界中で大人気のバーバパパは、おばけだってことを忘れちゃうくらいチャーミング。
おまけにからだの色はピンクなのです。

おばけのバーバパパ

庭で、花に水をやっていたフランソワ。バーバパパはね、その庭で生まれたんですよ。(土のなかでだんだん大きくなってね!)さいしょ、フランソワはびっくりしたけど、すぐバーバパパと仲良しになりました。
でも大きすぎて家においとくわけにいかないわ、とママがいうので、しかたなく動物園にいくことに・・・。「バーバパパ」の、記念すべきさいしょのお話絵本です。

◆「ばけばけばけばけ・・・」

表紙は大きな目玉のかわいい顔。ページを開けばやっぱりふわふわキュートなおばけの子。
ところが美味しそうなぺろぺろキャンディーをなめると・・・あらららら。
今度はいちごを食べると・・・おやおやおや。ページをめくると、ばけたくんがそれはそれは鮮やかに変身していくのです。かわいいのは、最初だけ?いえいえ、そんなことありませんよ。

ばけばけばけばけ ばけたくん

おばけのばけたくんは、とってもくいしんぼう。おいしそうなにおいがすると、ふわふわ、ふわ~りとんできて、パクパクつまみぐい!今日も夜中の台所にやってきました!キャンディー、いちご、スパゲッティー。「いただきま~す!」するとあれあれ・・・ばけたくんのからだが、食べたものにかわっちゃった!?

◆おばけじゃないかもしれないから、番外編?

かくれんぼが大好きなぷうちゃん。 ちっちゃくて、まっしろで、まんまるで。 色んなところにかくれるぷうちゃんのかわいさに夢中です。 おばけみたいだけど、本当はなにかわからないので、番外編として登場です!

かくれんぼのぷ

ぷうちゃんはかくれんぼがだいすき。
「もう いーかーい?」「もう いーよー」
さてさて、ぷうちゃん。どこにかくれているのかな?
へんてこな場所にかくれているぷうちゃんをみつけて、思わず笑ってしまいます。親子で楽しめる「ぷうちゃんのえほん」シリーズ、第三弾!

掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部