スタイルトップ  >  絵本・本・よみきかせ   >   【新刊】トマトの豚、リンゴのゴリラ、ゴボウのゾウ……!?『わくせいキャベジ動物図鑑』

【新刊】トマトの豚、リンゴのゴリラ、ゴボウのゾウ……!?『わくせいキャベジ動物図鑑』

 

注目の新刊をご紹介します!
気になった作品はぜひチェックしてみてくださいね。

野菜の写真を組み合わせて描かれた、ふしぎな動物たちの図鑑!

わくせいキャベジ動物図鑑

わくせいキャベジ動物図鑑

はるか彼方。
地球から831光年はなれた銀河のかたすみに、新たな惑星が発見された!
黄緑色に輝く、その惑星の名は「キャベジ」。
そこは、野菜と動物が組み合わさった、まか不思議なキャベジ動物たちが住む星でした。

トマトの体を持つブタ、「トマトン」
まるでしりとり、「リンゴリラ」
ゴボウ足すゾウ、ほそ~い体の「ゴゾウ」

などなど、その数28種。
野菜の写真を組み合わせて描き出す、奇妙な生き物たちの動物図鑑です。
作者は『しろくまのパンツ』、『パンダ銭湯』などの作品で知られる大人気絵本ユニット、tupera tuperaさん。
さまざまな作風の絵本を発表してきた著者の、オリジナリティあふれるあらたな一冊!

むいたみかんの皮は、ライオンのたてがみ!?
カボチャの断面は、おおきく開いたカバの口!?
それぞれのキャベジ生物は、ひとつの野菜だけを使い、それを切ったりくっつけたりしながら組み合わせることで、モチーフとなっている動物を描き出しています。
「なるほど、その部分をこう表現するのか!」と、大人もうなるおもしろい工夫がたくさん。

また、それぞれの野菜の特徴と動物の性質とをうまく組み合わせた、キャベジ動物のユニークな生態もみどころ。

「体がその野菜なら、たしかにそうかも!」
そんなふうに思わせる不思議なリアリティが、巨大なキャベツの大地で懸命に生きている彼らの様子を、ありありとイメージさせます。

キャベツを巨大な惑星に見立てて、そこにある目には見えないミクロな世界を想像してみたり、身近なもののサイズ感を極端に変えてイメージしてみたり――。
この作品でおこなわれている大胆な発想の楽しさは、子どものワクワクする空想には欠かせない要素ですよね。
この絵本には、それと同じワクワクがいっぱいに詰まっています!
読み終わったら、きっと自分だけのキャベジ動物を作りたくなるはず。
男の子、女の子、問わず楽しめるおすすめの一冊です。

 

(堀井拓馬  小説家)

アリス館ホームページにて制作動画公開中!!

惑星に住む28の野菜動物たちを、tupera tuperaさんが美しい絵で再現。 
特長や生態を解説する絵本図鑑です。
その制作動画がアリス館さんのホームページで公開中です!
↓↓

http://www.alicekan.com/news/2016/11/post-75.html

「楽しい。」(みんなの声より)


「パンダ銭湯」以来大好きなtuperatuperaさんの新作は色鮮やかな野菜動物図鑑。
作品によって絵のタッチが違うのに娘はどの作品も大好きです。
オリジナルの野菜動物はどれもユニークで愛らしくてちょっと迫力もあって、字がまだちゃんとは読めない娘も何回も開いて楽しんでいます。
個人的にはストーリーがある絵本が好きなのですが、たまにはこういうのもいいなあと思います。
娘も「野菜で動物を作りたい!」と早速影響されています。

 

(よるさん 30代・ママ 女の子4歳)

掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部
この記事の関連キーワード
人気連載