スタイルトップ  >  絵本・本・よみきかせ   >   【全ページためしよみ公開中!】はじめてのオーケストラ

【全ページためしよみ公開中!】はじめてのオーケストラ

絵本ナビでは、新刊から人気作品まで「絵本を1回だけ全ページためしよみ」できるサービスがあるのはご存知ですか?
 
・おうちにいながら試し読み
・購入前に内容を確認
・子どもと一緒に絵本選び
 
ためしよみには、こんなメリットがあります。
参加方法は、メールアドレスとパスワード登録でOK!
では、全ページためしよみ作品にはどんな作品があるのでしょう。
そこで、新しく届いた全ページためしよみ公開作品をピックアップしてご紹介します。

わくわく、そわそわ、今日ははじめてオーケストラを聴きに行く日。

はじめてのオーケストラ

はじめてのオーケストラ

12月、とある寒い冬の夜。
みーちゃんにとって今日は、待ちに待った特別な夜です。
なんてったって生まれてはじめて、オーケストラを聴きにいくんですから!

ママと選んだかわいいドレス、おそろいのリボン、よそゆきのコート――
広いコンサートホール、大きなステージ、高い天井――
今夜の演目は「歓喜の歌」で有名な、ベートーヴェンの交響曲第九番!
特別な夜の華やかな空気が、みーちゃんを包みます。

パパがオーケストラの指揮者という女の子、みーちゃんを通じて、オーケストラの魅力と音楽の喜びを伝える本作。
作者は、年末に行われる「一万人の第九」や、テレビ番組「題名のない音楽会」などで知られ、ウィーン・トーンキュンストラー管弦楽団の主席指揮者を勤める佐渡裕さん。
みーちゃんがオーケストラをどう味わい、どう心を動かされたのかが、実に子どもらしく率直な言葉で語られています。

そして、日本人が慣れ親しんだ第九の音楽性に、絵本として目で楽しめるように色をつけ、形を与えたのは、多彩なタッチでさまざまな味わいの絵本を生み出してきた、はたこうしろうさん。
楽章ごとに異なる、情感あふれた色彩とファンタジックな光景は、第九を聴いて想起したイメージの記憶と結びつき、かのメロディが耳によみがえるようです。

音楽の原初的な楽しみを、なんと雄弁に語った作品でしょう!
そして、オーケストラコンサートの空気感を、なんとリアルに描いた作品なのでしょう!
そわそわと浮き足立つコンサート直前の空気。
オーケストラの演奏をホールで、生で聴いたときの、衝撃と感動。
最後の音が消える瞬間の静けさ。
そのあとにわき起こる、拍手と熱狂。
そして、閉幕後の、うっとりとしていて喜びに満ちた余韻。
その全てが、繊細であたたかな色彩により、臨場感たっぷりに描き出されています。

みーちゃんの忘れることのできない特別な夜を、あたかもその場にいるように追体験させてくれる、音楽愛にあふれた一冊。
さあ、オーケストラコンサート、その魅惑の世界へ!

 

(堀井拓馬  小説家)

http://www.ehonnavi.net/ehon/113300/%E3%81%AF%E3%81%98%E3%82%81%E3%81%A6%E3%81%AE%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%A9/
http://www.ehonnavi.net/ehon/113300/%E3%81%AF%E3%81%98%E3%82%81%E3%81%A6%E3%81%AE%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%A9/
掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部

人気連載