スタイルトップ  >  絵本・本・よみきかせ   >   今さら聞けない!「かいけつゾロリ」人気の秘密を大検証!!

今さら聞けない!「かいけつゾロリ」人気の秘密を大検証!!

 

今年、最初の発売から30周年を迎えた「かいけつゾロリ」シリーズ。    
「かいけつゾロリ」といえば、小学生なら知らない子はいないというぐらいの人気ぶり。そしてなんと現役東大生100人のうち8割が小学生の頃に読んでいた! なんていう驚きのデータも出てきたり……。    
ということは、ゾロリって面白いだけでなく頭まで良くなっちゃうの?!    
そんな気になる「かいけつゾロリ」シリーズ、でも実はあまり知らない、という大人の方も多いのでは?
そんな方のために、子どもとの会話もはずんじゃうこと間違いなしの人気の秘密、ここで一挙大検証しちゃいます。合わせてオススメの巻の紹介もありますので、実際に読んでみようかな、と思った時の参考にどうぞ。    

かいけつゾロリ、まずは基本情報をおさらい

かいけつゾロリってどんなお話?

http://www.ehonnavi.net/special_label.asp?n=611

「かいけつゾロリ」をちゃんと読んでみる前は、ゾロリがなにか悪だくみをして、それを弟子のイシシとノシシが手伝って事件を巻き起こすお話? と思ってしまってましたが、ごめんなさい……。実は、「かいけつゾロリ」は夢あり、ロマンあり、友情あり、感動ありの壮大な冒険物語だったのです。ただし、旅の目的は「いたずら修行」ということなので、「悪だくみ」も全くのはずれでもないのかも!?

主な登場人物紹介

全巻に共通して出てくるのは、まず主人公のゾロリ。普段はキツネですが、いざというときは「かいけつゾロリ」に変身します。そこに、第1巻でゾロリと出会い、弟子となったふたごの兄弟イシシ(兄)とノシシ(弟)。そしてシリーズの中でちょこちょこ登場し、重要な役割を担うゾロリママ(ゾロリが小さいころ、天国に行ってしまったやさしいママ。ゾロリにはみえないけれど、いつもそばで見守ってくれている)。とりあえずはじめはこのあたりだけ押さえておけばOK! あとは巻ごとにユニークなキャラクターが次々に出てくるので、その都度覚えて楽しめば、登場人物チェックは完璧です!

ゾロリの夢は大きい?!旅の目的って?

旅をするゾロリには、いたずら修行の他にも3つの夢があります。あれこれ巻き起こる事件はこの夢のために起こっているといっても過言ではありません。さて、その夢の内容とは……

  1. いたずらの王者になること!
  2. カワイイお嫁さん探し♡(ちょっと意外な気もしますね…)
  3. 自分のお城をもつこと

2番のお嫁さん探しはともかく、1番と3番の夢を見てみると、読者の子どもたちの共感を大きく呼びそうですよね。そして夢の内容はともかくとして、毎回夢のためにいつも懸命に頑張るゾロリの姿にはつい応援したくなってしまうのかもしれません。

実はゾロリってすごいやつなんです

いつも自分の夢を叶えるために、何かを企み、いたずらを仕掛けては、失敗してしまうゾロリ。なかなかうまくいかないので、さては不器用でいろんなことが苦手なのかと思いきや……、実は特技がいっぱいあることに驚きます。弟子のイシシとノシシがゾロリを尊敬しているのもゾロリのそんなところにあるのでしょう。さて、その特技とは?

 

  • 天才☆発明家である(機械に強い! 材料がガラクタでも自分の手で実用的なマシンを作ってしまう。)
  • なぞなぞが得意でひらめきの天才(知識にはとぼしいが、ひねりのあるなぞなぞは得意。クイズ番組で優勝したことも。)
  • 運動神経がバツグン(スリムな見た目どおり身軽で動作も機敏。身体も柔らかく、どんな危機も切りぬける。)
  • おならパワー!(おもに使うのは発射するときのいきおい。高く飛び上がりたいときなどに活用している。数々の危機をおならで乗り越えた実績あり)

 

なるほど。これは子どもたちも尊敬してしまいそうな特技の数々です。実はゾロリって子どもたちの憧れでもあったんですね。

ゾロリは悪者? ゾロリの意外な性格とは?

特技の次は性格です。いつもいたずらばかりしているゾロリ。さぞ悪いヤツなのかと思うでしょう? ところが本のところどころで意外な一面を見せて、そこに読者は心を掴まれてしまうようなんです。

  • まじめにふまじめ(ゾロリが立てる計画の中には、ふざけているように見えるものもある。ただし、本人はいつでも大真面目)
  • 面倒見がいい(口ではあれこれいいながらもゾロリには優しい面がある。ついつい他人の面倒を見てしまったりも)
  • とくに親子に優しい(ママを亡くした経験から、問題を抱えた親子を見ると放っておけず、損得抜きで助けようとする)←これは意外ですね!
  • ホレっぽい♡(たまに冷たい態度を見せるゾロリも女性となれば話は別。すぐにひと目惚れして騒動になったりします)
  • 詰めが甘い(頭脳と身体、ともに優れているが、自分を過信しているためか、肝心なところで詰めが甘くなりがち)←こういうところも、なんだか親近感が湧きますね。
  • ずるがしこい(ずるがしこさは天下一品!)←これは、ゾロリらしくて逆にホッとしますね。

どうしてそんなに人気なの? 人気の秘密を大検証

ここまでの基本情報だけでも、ちょっとゾロリの人気の秘密が掴めてきたかと思いますが、ここからは、ゾロリ本人の魅力以外のところで、本に隠された人気の秘密をあれこれ検証してみたいと思います。

人気の秘密①とにかくストーリーが面白い

61巻にもおよぶ長い冒険の旅の中には、名場面がいっぱいで、そのストーリーにまず惹きこまれます。ここでは、キーワードとともにその一部をご紹介します。

  • 「3人の友情」ゾロリがつかまらないようにイシシとノシシが立ち回ったり、イシシとノシシのピンチにゾロリが走ったり、ドジを踏んじゃっても、3人の固く結ばれた友情パワーで乗り越えていきます。
  • 「ママの愛情」いつも見守ってくれているゾロリママへの想いから、よそのママにも優しくなれるゾロリ。恐竜のママと子どもを再会させたり、赤ちゃんを助けたり、困っている親子を見つけるたびに頑張ります。
  • 「ラブロマンス!?」可愛いお嫁さんを見つけることは、ゾロリの大きな目標のひとつ。たびたび恋に破れてしまいますが、時にはひと目惚れされるも好みじゃなくて逃げまわったり、またゾロエに女装した時には警官のイヌタクに求婚されたり、と恋の話にも事欠きません!
  • 「おならパワー」おならで隕石を吹き飛ばしたり、ロケットを発射させたり……、どうにもならない時に頼りになるのが、おならパワーなのです。
  • 「いろいろ対決!」VS.ブルル チョコレート城をめぐって対決、VS.食べ物 大食い選手権に登場!VS.アーサー エルゼひめを取り合ったり、お城をだましとろうとしたり……VS.どうぶつ警察 いたずらのしすぎで指名手配されたり、刑務所に入れられたり……さて、勝負の行方はいかに?

人気の秘密②ゾロリの発明がすごい

ゾロリは天才発明家! ものすごいアィディアの発明を、すぐに作って実現することができます。普段はドジなイシシとノシシもメカ作りの助手としてはとても優秀で、ゾロリが設計図を作り、2人で作り上げるというパターン。時間をかけずにすぐに完成するところもナイスポイント。どんな発明メカを作ったかその一部をご紹介すると、

  • ゾロリじょう:材料にお菓子やケーキがふんだんに使われていて美味しそう
  • ロケット:UFOにさらわれたノシシを救うために、あっという間に作成
  • スーパーウルトラ・グレート大かいじゅういちころメカ:8メートルの巨大メカ。かいじゅうをやっつけるためのもの。
  • 潜水艇:えんま大王の身体の中をこれで探索

人気の秘密③本の仕掛けと、作者のサービス精神がすごい

「かいけつゾロリ」シリーズは、1冊ごとに細かな仕掛けがいっぱい。本の隅々まで散らばった仕掛けは、読者を楽しませるためのとてつもないサービス精神で作られています。

  • 本文中に散りばめられた仕掛け:突如現れる迷路、間違い探しなど本文中も仕掛けだらけ。一度読んだだけでは分からない隠し絵もあり。
  • カバーや特典などダイナミックな仕掛け:カバーと表紙の絵が違うので、表紙だけでも倍楽しめる。光らせたり、温度で絵が現れるといった感温特殊印刷にも挑戦している。
  • 現実世界へとつながる仕掛け:突然、現実世界と繋がるのもゾロリの面白さ。作者の原ゆたか先生がお話の途中で出てきて読者に呼びかけたり、ゾロリたちが読者を意識することも。
  • 前作からのつながり:完全な前編後編に含まれない単独巻でも、アイテムだけが次の巻にも登場したり、前の巻のラストで何かを拾ったり、巻と巻とのつながりを見つけるのも楽しい。

ラインナップは現在全61巻! さてどの巻から読む?

2017年7月発売! ほやほやの新刊から読んでみる!?

かいけつゾロリのかいていたんけん

いたずらの王者をめざすゾロリとイシシ・ノシシは、たまて箱とかわいい乙姫さまにあうため海のそこへたんけんにしゅっぱつ! りゅうぐうじょうを目指します。でも、深い海のそこには、ダイオウイカやシンカイザメなどへんてこなが生き物ばかり……。ゾロリたちはぶじに帰ってこられるのでしょうか?

絵本ナビ人気ベスト5!からオススメの巻をご紹介

やはり1番人気は第1巻『かいけつゾロリ(1) かいけつゾロリのドラゴンたいじ』

かいけつゾロリ(1) かいけつゾロリのドラゴンたいじ

【子どもレビュー】
にせもののドラゴンがおもしろい
ゾロリがおもしろいいたずらをたくさんするのですきです。
このほんはイシシとノシシがにせもののドラゴンのみぎあしとひだりあしに
はいっていたところがおもしろかったです。
ふたりがどうじにすすんだのでドラゴンがたおれておかしかったです。
(カスパールさん 10代以下)

第2位は、ゾロリが地獄へ!?『かいけつゾロリ(31) かいけつゾロリのてんごくとじごく』

かいけつゾロリ(31) かいけつゾロリのてんごくとじごく

ゾロリが……
閻魔帳にゾロリの名前が・・・!
悪魔に追われ、そして地獄へとやってきたゾロリ。
とうとうあのゾロリが地獄へ落ちる日がきちゃいました!!

地獄はどんな所か、天国はどんな所か、息子は真剣に眺めていました。
ゾロリの世界とはいえ、地獄はやっぱり恐ろしい!!
それに比べ天国は本当~~~楽しそう^^

天国でゾロリママに会えるシーンは少しウルっときちゃいます。
果たしてゾロリたちはどうなるんでしょう。
続きがとっても気になります。
(Yuayaさん 20代・ママ 男の子6歳、女の子4歳)

第3位は、2位の続編『かいけつゾロリ(32) かいけつゾロリのじごくりょこう』!

かいけつゾロリ(32) かいけつゾロリのじごくりょこう

いろんな地獄をどうきりぬけるか
(31)てんごくとじごくの続編です。子どもはおもしろかったようで、何度も読んでいます。
ゾロリはなんとか地獄から生き返らせてもらうよう、7つの地獄をクリアしようと頑張ります。怖い地獄もありますが、ダジャレ地獄なんてのもあって、楽しめます。最後、閻魔大王のミスがわかって、びっくりのオチでした。
(じっこさん 30代・ママ 女の子5歳、男の子2歳)

第4位は、ゾロリついにオリンピックに!?『かいけつゾロリ(59) かいけつゾロリのおいしい金メダル』

かいけつゾロリ(59) かいけつゾロリのおいしい金メダル

久々、やっぱり面白い!
5歳の娘と読みました。

思えば今年11歳になる長男が5歳くらいのときから
ゾロリファン。
その頃に生まれた娘が今年6歳になり、
今現役のゾロリファン。
ひさしびりにゾロリを一緒に読んで、
やっぱり面白いなぁーと思いました。

金メダルをめざすゾロリ達の行動も面白いのですが、
それ以上にいつもハッとさせられるのが、
ところどころに引かれている巧みな伏線!
読んでいる時には絶対に気づかない、
だけど後になって、「あ、あぁ~!」と大人の私でも思う、
さすが原たかしさんです!

読み聞かせにはちょっと長いかもしれませんが、
大人でも楽しめるのであっというまに読み終えてしまう。
やっぱりゾロリは面白いです!
(ムスカンさん 30代・ママ 男の子10歳、女の子5歳)

第5位は、ゾロリが魔法使いになる?『かいけつゾロリ(3) かいけつゾロリのまほうつかいのでし』

かいけつゾロリ(3) かいけつゾロリのまほうつかいのでし

誰もが欲しい杖!
6歳の長男が夢中になってシリーズを読んでいます。せっかくなので、第1巻から順に図書館で借りてきて、親子で読んで感想を言い合っています。

誰もが一度は考える「願い事が何でも叶う魔法の道具」・・・。ゾロリたちもまほうつかいのところで手に入れますが、ちゃんと回数制限がありました。それを知らずに無駄に使うところが読者としては面白いですね。

いたずらをしたいのに最後にはなぜか感謝されてしまい・・・、修行は始まったばかりですね。
(さみはさみさん 40代・ママ 男の子6歳、男の子2歳)

いかがでしたか? 知れば知るほど奥が深い「かいけつゾロリ」シリーズ。ゾロリのお話は 現在61巻も出ていますが、どの巻から読んでもすぐに話が分かりますので、子どもでも大人でも気になった巻からまずは手にとって読んでみて下さいね。1冊読んだら他の巻も読みたくなること間違いなしの面白さですよ。

※参考資料『かいけつゾロリぴあ』(ぴあ株式会社 2017年4月30日発行)

  「30周年記念かいけつゾロリ大冒険展」(日本橋高島屋)

 

秋山朋恵(絵本ナビ 児童書担当)

http://www.ehonnavi.net/specialcontents/contents.asp?id=215
掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部

この記事の関連キーワード