スタイルトップ  >  絵本・本・よみきかせ   >   【テーマ】「さあ!不思議なショーがはじまるよ」楽しいサーカス絵本5冊

【テーマ】「さあ!不思議なショーがはじまるよ」楽しいサーカス絵本5冊

 

大きなテント、あっと驚く技や芸、愛嬌のある動物たちにピエロ。にぎやかだけど、ちょっと不思議な雰囲気も漂う「サーカス」の世界観は、子どもたちの心を惹きつけます。

 

そして、絵本作家が描くサーカスは、どれも美しく、魅力的な作品ばかり。ハラハラ、ドキドキ。実際に行ったことのない子でも、充分に楽しめるんです。

 

個性的な「サーカス絵本」5冊をご紹介します!

夜、星、サーカス、うさぎ…夢見るような気持ちで味わいたい

ほしうさぎとサーカスだん

ほしうさぎとサーカスだん

ねえねえ、ほしうさぎって知ってる?
「ほしうさぎ」、すごく素敵な響きですよね。
美しく装飾的な表紙の絵にもドキドキします。
どんなお話なのでしょう。

ぴかぴか星に住んでいる、みつごの兄弟ほしうさぎ。
彼らが得意なぴょんぴょんジャンプを見て、流れ星が言います。
「ほしうさぎのジャンプって、サーカスみたいだね」
そこで、ほしうさぎたちは“おかのうえのサーカス”に行ってみることにします。
サーカステントでは、空中ブランコに1輪車、玉乗りや火の輪くぐりなど、みんなが得意な技を披露しています。
早速ほしうさぎたちも練習開始!
最初はうまくできないけれど、毎日練習を重ねるうちにみるみる上手になっていきます。
「はやくサーカスにでたいな~」
ところがあるばん…。

続きはこちら>>>

 

(磯崎園子 絵本ナビ編集長)

http://www.ehonnavi.net/ehon/90471/%E3%81%BB%E3%81%97%E3%81%86%E3%81%95%E3%81%8E%E3%81%A8%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%82%B9%E3%81%A0%E3%82%93/

「われるのがこわがってちゃ りっぱなたまごとは いえねぇぜ」

たまごサーカス

たまごサーカス

「たまごサーカス」。なんてスリリングなネーミングなのでしょう。
想像するだけでヒヤリとしてきちゃいますよね。

実際に「ぼく」もピエロの真似をして卵をほうりなげ、
ぐしゃっ!!と、割ってしまったばかり。
おかあさんに叱られ、ふてくされてベッドに入ると…つんつん、こしょこしょ。
足をくすぐっていたのは、なんとたまごのピエロ。
彼らに招待されたぼくの目の前に広がっているのは、豪華絢爛たまごの大サーカスです!

色とりどりに着飾った観客たちを前に、団長が声をかけると音楽が始まります。
♪われやすいのがたまにきず~
切実な表情をして歌い上げられちゃったら、心配になってきちゃうのだけれど、
♪そんなことにゃあ まけられない いつも えがおでうたうのさ
なかなか頼もしいたまごたちなのです。
お手玉みたいに小さなたまごを放り投げたり、大きな熱々のフライパンを振り回したり。
なんといってもメインは空中ブランコ!
いち、にの、さん…びゅんっ!!つるりっ!!
「あ、あぶない!!」

続きはこちら>>>

 

(磯崎園子 絵本ナビ編集長)

http://www.ehonnavi.net/ehon/89211/%E3%81%9F%E3%81%BE%E3%81%94%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%82%B9/

サーカスの全てがわかる!?絵本

サーカス!

サーカス!

テントが組み立てられ、舞台や客席が作られ、にぎやかにサーカスの幕あけです。ページを開くたびに人と動物のどきどきする芸がくりひろげられていきます。

http://www.ehonnavi.net/ehon/634/%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%82%B9%EF%BC%81/

サーカスの全てが分かる

サーカスは、まだ1度も見に行った事がないんですが、この絵本を見ると、サーカスの全てが分かるような、そんな絵本でした。

32人のスタッフで、サーカス小屋を組み立て、座席を作ったり、電線を引いたり、作業場を作ったり…と準備するのに、たったの12時間というからビックリです。
演技も1つ1つが、とっても丁寧に描かれていて、本当にサーカスに行ったみたいな臨場感があり、空中ブランコや綱渡りにハラハラドキドキ、4歳の娘も楽しんでいました。

サーカスが終わって、小屋を片付けるところは、何だか「寂しいね~」と悲しんでいました。
本当に素敵な絵本でした。

(みっちー77さん 30代・ママ 7歳、4歳)

招待されたそこは、かがみのサーカスの舞台の上!

かがみのサーカス

かがみのサーカス

「こんな絵本、見たことない!」
発売された途端、大きな驚きと喜びの声が沸き起こった「かがみのえほん」シリーズ。
鏡のように反射するピカピカの紙でつくられていて、絵本を開くと、両側のページの絵が互いに映りこみ、立体的な絵が浮かび上がってくるのです。

『ふしぎなにじ』と『きょうのおやつは』に続き、待望の新作が登場しました。
タイトルは『かがみのサーカス』。
男の子が鏡をのぞいてみると、中から不思議なクラウンがこちらをのぞいています。
「ようこそ、かがみのサーカスへ。」
招待されたそこは、かがみのサーカスの舞台の上。
華やかな曲芸に見とれていると、男の子も飛び入り参加することに!?

続きはこちら>>>

 

(磯崎園子 絵本ナビ編集長)

http://www.ehonnavi.net/ehon/113657/%E3%81%8B%E3%81%8C%E3%81%BF%E3%81%AE%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%82%B9/
http://www.ehonnavi.net/ehon/113657/%E3%81%8B%E3%81%8C%E3%81%BF%E3%81%AE%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%82%B9/

みなさん、そろそろふしぎなサーカスがはじまりますよ。

へんてこサーカス

へんてこサーカス

こういう絵本、子どもたちは大好きですよね。
そして大人も大体夢中になっちゃう。
摩訶不思議な“だまし絵”の世界です。

みなさん、そろそろ不思議なサーカスがはじまりますよ。
ピエロのパパドンが案内してくれます。
表紙にも登場している平均台をわたる犬たち、さて一体何匹いるのでしょう?
こちらは色んなものが隠れているロープ、よく見ると…あれあれ?
更に絵本を持ってななめから覗いてみたり、さかさにしてみたり、ゆらしてみたり。
読んでいる方にもお手伝いをしてもらいながら、サーカスは進んでいきます。

続きはこちら>>>


(磯崎園子 絵本ナビ編集長)

http://www.ehonnavi.net/ehon/87155/%E3%81%B8%E3%82%93%E3%81%A6%E3%81%93%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%82%B9/
http://www.ehonnavi.net/ehon/87155/%E3%81%B8%E3%82%93%E3%81%A6%E3%81%93%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%82%B9/
掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部
この記事の関連キーワード
人気連載