スタイルトップ  >  絵本・本・よみきかせ   >   年齢別おすすめ絵本<2歳>   >   2歳の子と読みたい絵本ベストセレクションよりこの3冊をご紹介(3)
年齢別おすすめ絵本<2歳>

2歳の子と読みたい絵本ベストセレクションよりこの3冊をご紹介(3)

夢中になれる経験を


お話が少し長くても、夢中になれればあっという間に本の世界に入り込めてしまいます。
等身大の主人公が登場するお話は特に共感できるはず。シリーズになっている作品もおすすめです。

「14ひきのあさごはん」

14ひきのあさごはん

一日の始まりは、生活の中でとても大切なもの。当たり前のことを当たり前に行う14匹の生活ぶりは、何気ない日々の営みの尊さを再度思い起こさせてくれます。 
 早起きをして全員で朝ごはんの準備をする14匹の姿には、活力がいっぱい。朝の清々しい森の描写と合わせ、元気を分けてもらえそうです。湯気の立つきのこスープ、焼きたてのどんぐりパン、摘みたての野いちごを並べ、みんなで「いただきます」――。一人一人の表情には充実感が満ちあふれ、いつの間にか読み手も温かな気持ちになっています。 
 注目はくんちゃん、とっくん。小さな存在の彼らもしっかりお手伝いをして、朝の準備に加わっていますね。 

「おやおや、おやさい」

おやおや、おやさい

リズムカルな言葉遊びをユーモアたっぷりな絵の世界で表現し、人気となった前作『くだもの だもの』。その名コンビ石津ちひろさん&山村浩二さんの新作が『おやおや、おやさい』です。 
 今度の主役はフレッシュな野菜たち。これがツヤツヤ、ゴツゴツしていていかにも美味しそう。そしてモリモリ元気。なんてったって「マラソン大会」を繰り広げるくらいですから。にんにくの筋肉がむきむきしていたり、ラディッシュのダッシュが素晴らしかったり、かぼちゃの体はやっぱり重そうだったり・・・それぞれのキャラクターが野菜の雰囲気とぴったり合っている所が何だか笑ってしまいます。さて、一等賞になったのは誰だったのかな? 
 声に出して楽しい、石津さんの野菜にまつわる言葉の数々。駄洒落や回文になっている訳でもないけれど、何だかそれぞれのキャラクターが浮かびあがってくるような軽やかで楽しい文章。一体どんな風に思いつかれるのでしょうね。それから、最初は順番もばらばらだった一つ一つの文章を、見事に絵本の世界に仕上げてしまう山村さんの絵の世界。こちらも、どうしてこんな楽しいストーリー展開になってしまうのか、読めば読むほど不思議になるのです。お二人の才能の絶妙な組み合わせ、これこそがこのシリーズの最大の魅力なのかもしれませんね。

「おやすみゴリラくん」

おやすみゴリラくん

何も知らない警備員のおじさんの後ろで、動物たちがうれしそうに列をなす、そのユーモラスな表情、しぐさが多くの小さな子供たちの心をとらえます。夜の動物園が舞台ですが、色彩はとても鮮やかであたたか。それぞれの動物たちがおりの中に携える小物群にも注目を。「おやすみ」の言葉以外、文章は何も登場しませんが、見開きいっぱいの絵が展開をおもしろおかしく盛り上げ、可愛らしい一夜のお話を語ります。 

<手を伸ばせば、珠玉の絵本がすぐに読める環境を>

http://www.ehonnavi.net/shopping/item.asp?c=5102866761

【2歳】 絵本全冊ギフトセット(ギフトラッピング込み)


厳選された絵本・児童書を毎月お届けしている「絵本クラブ」の【2歳コース】の全配本リスト作品をセットにしました。
この年齢に読んでおきたい作品を選書しています。特別なプレゼントにぜひどうぞ。
(すでにお持ちの作品は外して買い求めいただける便利なセットです)

(「ギフトラッピング込み」セットは、有料ギフトラッピングを無料でお付けします)

掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部
この記事の関連キーワード
人気連載