スタイルトップ  >  絵本・本・よみきかせ   >   世界が夢中になった探し絵本、ついに日本上陸!『アッタとタッタのさがしもの クリスマス ツリーのかざりがゆくえふめい!』

世界が夢中になった探し絵本、ついに日本上陸!『アッタとタッタのさがしもの クリスマス ツリーのかざりがゆくえふめい!』

イタリア、フランス、ドイツ、ロシア、カナダ、中国、韓国ほか世界各国で大人気の色鮮やかなユーモラスな絵本「LOST」シリーズ最新版!

数々の名作絵本を輩出した、米国イラストレーター協会最高賞受賞のシリーズが、待望の日本初上陸です。

絵本をひらくと、目がまんまるになるくらい鮮やかな色彩と、細やかな描写にびっくり。子どもも大人も夢中になるはずです。日本で馴染みのある色使いとはまた一味も二味もちがう、新しい絵本の世界を体験してみましょう!

見開きには、さがしもの以外にも気になるものがたくさんつまっています!

まるで、おもちゃ箱のような楽しいものをぎっしりつめこんだ世界が、ページをめくるたびに広がります。そんないつまでも眺めていたい絵本を生み出したのは、アメリカを中心に世界的に活躍するイラストレーターのb.b.クローニンさん。

 

印象的なカラフルな世界とページの隅々まで繊細に描かれた緻密な絵が特徴的なその作品は、一度目にするといつまでも人々の記憶に残ります。クローニンさんが幼い子どもたちのために描いた絵本『The Lost House』(2016年刊)は、アメリカで最もすぐれた美しい絵本に授与される米国イラストレーター協会Original Art Awardにて金賞に輝き、ニューヨークタイムズ、ウォールストリート・ジャーナルをはじめ大絶賛されました。その後、世界7ヶ国後で翻訳され、2作目の『The Lost Picnic』(2017年刊)を発表、そしてこのたび発売された3作品目の『The Lost Christmas』が日本に初上陸した『アッタとタッタのさがしもの クリスマス ツリーのかざりがゆくえふめい!』となります。

 

日本版の訳を手がけたのは、カルチャー誌や文芸誌にエッセイや小説を発表しているエッセイストのしまお まほさん。可愛らしくて、楽しくなる訳で、「The LOST」シリーズをさらに盛り上げています。

 

世界でこれだけ人気のある作品がようやく日本語でも読めるなんて嬉しいですね!

クリスマスに親子で読んでみたい!海外の探し絵本!

アッタとタッタのさがしもの クリスマス ツリーのかざりがゆくえふめい!

《米国イラストレーター協会最高賞受賞、“アメリカでもっとも美しい絵本”、待望の日本初上陸!》
イタリア、フランス、スペイン、ロシア、カナダ、中国、韓国ほか、世界各国で大人気の絵本シリーズ「THE LOST」、最新作“クリスマス”がついに日本にやってきます。いつまでも眺めていたい、色彩あふれるユーモラスな贈りもの。こんなにゆたかな色彩と細部まで愛しい“さがし絵本”、はじめて!クリスマス絵本に新たな決定版の誕生です。


====
今日はクリスマスイブ。
アッタとタッタは、まだツリーの飾りつけが終わっていないじいじのおうちに、お手伝いにやってきました。
でも、じいじのおうちは宝物でいっぱい。だから、いろんなものが行方不明…。

さあ、みんなもいっしょに、オーナメントを探しましょう。
ツリーの飾りつけ、クリスマスに間にあうかな?
====

海外での大絶賛の声をご紹介

美しく、目に楽しい絵本。独特な画風と斬新な色の組み合わせが目を引く。
魅力的で独特なイラストに好奇心をそそられ、ページをめくるたびに新しい世界が展開するようだ。(ニューヨークタイムズ)

『ミッケ!』を驚くほど芸術的に変貌させたような絵本である。(O マガジン)

“視覚的驚異” ともいえる本作は、20 世紀初頭の古典名作絵本を想起させるが、蛍光色の使い方とユーモアは、まさしく現代的である。(ブックリスト誌)

斬新な色彩あふれるイラストに、読者は年齢を問わず引き込まれるだろう。(グッドハウスキーピング)

クリスマスに、驚きの新体験を親子で楽しんでくださいね!

富田直美(絵本ナビ編集部)
 

掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部
この記事の関連キーワード
人気連載
JavaScriptをOnにしてください