スタイルトップ  >  絵本・本・よみきかせ   >   子どもとの時間とれてる?ハッピーセットの絵本で、すきま時間が読み聞かせ時間に

子どもとの時間とれてる?ハッピーセットの絵本で、すきま時間が読み聞かせ時間に

バタバタな毎日でも、読み聞かせの時間はコレで作れる!!

子どもとの時間とれてる?

何でこんなに忙しいの⁉と思うぐらい、子育て中の生活は、毎日慌ただしいものです。

気付いたら、

「あ、もうお迎えの時間!!」

「□□しようと思ったのに今日もできなかった(泣)」

なんてことも。

 

夜だけでも、ご飯作りやお風呂、寝かしつけ、登園登校の準備とやらなきゃいけないことは満載。これに日々の家事がプラスされ「子どもとの時間が十分にとれていないかも」「もっと読み聞かせしてあげたい」と思っているママ・パパも多いのではないでしょうか?

このサイズ感が秀逸! 忙しいご家族には「ほんのハッピーセット」がオススメ

「ほんのハッピーセット」は、おまけのひとつとして絵本がもらえるハッピーセットのこと。でもなぜこれがオススメなのかというと、それはもらえる絵本に理由が!

もらえる絵本は毎回20~24ページ程度のボリュームで大人の手のひらサイズぐらい。家事育児に忙しくても、さっと取り出せて読めるお手軽感で、すきま時間が読み聞かせの時間に大変身しちゃいます♪

これまでに出されたハッピーセットの絵本。手のひらサイズで持ち運びのしやすさも◎

\こんなシーンにぴったりです/

◆少しの時間でも本に触れさせたい時、親子の時間を作りたい時

 

◆家事やお仕事中に、読み聞かせをお子さんにお願いされた時

 

◆夜やお昼寝の、寝かしつけタイムに

 

◆お出かけ先までの移動中に

 

◆外出時、子どもにちょっと大人しくしてもらいたい時   

 

◆書店でじっくり絵本を選ぶ時間がとれない時 …etc.

「でも、発売済みの絵本を刷りなおしただけでしょ?」と、あなどってはいけません!なんとハッピーセットの絵本は、人気作家さんやこれから注目の作家さんが描き下ろすオリジナルで、質もバッチリ! ハッピーセットを購入すれば新作絵本が入手できてしまうのですから、活用しないテはありません。

忙しくても、ハッピーセットの絵本で親子の時間が作れますよ

そもそも、なぜマクドナルドが絵本を?

「ほんのハッピーセット」は、子どもたちがより気軽に本に触れる機会と、親子の時間を作り出すことを目的に生まれた取り組みです。「思いやりの心や感動する心を育み、豊かな人間性を育てる」という想いが込められており、これに賛同した絵本作家さんたちが、お子さんの健全な成長を願って毎回作品を描き下ろしているんですよ。

ハッピーセットの絵本を読んだ人から、こんな声が届いてます♪

「本を読む習慣ができました」

「絵本・図鑑に触れるきっかけになりました」

「親も一緒に読んだり、読み聞かせることでコミュニケーションもとれました」

「本のクオリティが高く、中身も充実していて大満足!」

いろんな言葉と絵に触れることで、想像力も豊かになりそうですね!

最新の絵本は、金魚がくしゃみを……!? 磯崎編集長の見どころ解説

ハッピーセットの絵本は、2~3か月おきに新しい作品が登場しています。最新となる11月22日からの絵本は、せき ゆうこさん描き下ろしの『ちっちゃな くしゃみ』です。

【描いたのはこの作家さん】

何でも食べる「ぱくちゃん」が登場するシリーズが、絵本ナビでも大人気!せき ゆうこさん

 

武蔵野美術大学卒業。おもな作品に『ぱくっ』『もっとぱくっ』『いっぱい ぱくっ』『あ~ん ぱくっ』『あっぱれ! ぱくっ』『ぱくちゃんいろの えほん』『ぱくちゃん かずの えほん』(以上、小学館刊)、『おばけのおうち いりませんか?』『オオカミがキケンって ほんとうですか?』『おかしとおうち くれませんか?』(以上、PHP研究所刊)などがある。東京都在住。

 

画像:『ぱくっ』(小学館刊)

絵本ナビ編集長が『ちっちゃな くしゃみ』をチェックしてみました♪

©2019 Yuko Seki

絵本ナビ編集長 磯崎園子

「絵本ナビ」編集長として、おすすめ絵本の紹介、絵本作家さんへのインタビューや、絵本ナビコンテンツページの企画制作などを行っている。大手書店の児童書売り場担当という前職の経験と、自身の子育て経験を活かし、絵本ナビのサイト内だけではなく新聞・雑誌・インターネット等の各種メディアで「子育て」「絵本」をキーワードとした情報を発信。著書に『ママの心に寄りそう絵本たち』(自由国民社)がある。『父母&保育園の先生おすすめの赤ちゃん絵本200冊』(玄光社)監修。

金魚鉢の中のきんぎょが、可愛いくしゃみ。
「くっしゅん!」
誰にも気がつかれないくらいの、小さな小さな出来事、だったはずなのに……⁉

 

そばで飛んでいた「蚊」がよたよた、犬のからだにちくっ。
口にくわえていたボールが落ちてころころ、見つけた女の子が拾って。
手から離れたふうせんが空高く飛んでいき。

 

知らないところで、どんどんつながる小さな出来事。
いつの間にか、舞台は夜の空に浮かぶ月。
その時、地球を揺るがすほどの思いもよらない大事件が起こるのです。
……起こった、のかな?

 

予測のつかない展開の連続に、ページをめくるたびに驚いたり喜んだりしている子どもたちの顔が目に浮かびます。もしかして、自分が知らないだけで、どこかでこんな事が起きているのかも⁉ 想像するだけで、いつもの景色がちょっと違って見えたりして。

 

「ハッピーセットのえほん」最新作で、こんな楽しい作品を手がけているのは「ぱくっ」シリーズで大人気のせき ゆうこさん。お話はもちろん、何と言っても、おめめぱっちりユーモラスなきんぎょの姿や、ちょっととぼけた顔のうさぎさんなど、彼女ならではの魅力的なキャラクター達もしっかり味わえます。

 

「次はなにが起こるかな……?」
そんな会話を交えながら、親子で楽しい絵本時間を過ごしてくださいね。

 

(磯崎園子 絵本ナビ編集長)

 

【こちらもおすすめ♪】 子どもの知的好奇心をくすぐる、ずかんシリーズ

「ほんのハッピーセット」で選べるおまけには図鑑もあります。小学館の人気シリーズ「図鑑NEO」がハッピーセット用にカスタマイズされたもので、11月からの最新作は『乗りもの 鉄道/新幹線・特急①』。鉄道好き親子、必見です!!

 

©Shogakukan

ハッピーセットをオトクに食べよう

マクドナルドのアプリならば、ハッピーセットがおトクに食べられるクーポンがGETできます。ダウンロードしてみよう!

掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部
人気連載
JavaScriptをOnにしてください