スタイルトップ  >  絵本・本・よみきかせ   >   ポプラ社×ブックハウスカフェ「こどもと本が出会う場所」イベントレポート

ポプラ社×ブックハウスカフェ「こどもと本が出会う場所」イベントレポート

こどもの本の専門出版社として、今年70年を迎えるポプラ社。2017年7月15日(土)~8月31日(木)まで、神保町にあるブックハウスギャラリーで、夏休み特別イベント「こどもと本が出会う場所」を開催しています。今回は特別、オープン初日の様子をレポートします!

「子どもと本が出会う場所」会場内の様子は……?

会場を入ってすぐのスペースでは、みんな大好き『ネズミくんのチョッキ』の仲間たちがおでむかえ。

さらに進むと、絵本の中に入り込んだような楽しいスペースが、会場内のいたるところに広がっています。特におすすめのコーナーをいくつか回ってみましょう。

うさこのふくをつくろう!

「めがねうさぎ」シリーズのうさこのコーナーでは、いろいろな紙とのりが置いてあります。

作者のせなけいこさんになったつもりで、紙をちぎって、うさこにカラフルな服を着せてあげましょう。
 

えほんの しゅじんこうに なろう!

このコーナーは撮影OK! 準備されているアイテムを身に着けて写真を撮れば……。

本物の、絵本の表紙みたい!

きせかえマグネットであそぼう!

大人気!『ルナとレナのきせかえコレクション』も特大マグネットで展示されているので……。

好きなキャラクターに衣装を着せて、楽しいきせかえ遊びが体験できちゃう!

もちろん、絵本を自由に読めるコーナーも充実しています。

オープニング記念トークショー 角野栄子さん「おばけのアッチがうまれてから」

会期中、毎週末に人気作家さんのトークショーが開催されるのも、今回のイベントのみどころのひとつ。初日は「小さなおばけ」シリーズや、「魔女の宅急便」シリーズでおなじみ、角野栄子さんのトークショーが行われました。ポプラ社をイメージしたようなグリーンの洋服で登壇された角野さん。「今日はちょっとのどの調子が悪くて……。普段はもっといい声なのよ」との第一声に、会場からあたたかな笑い声が起こりました。

デビュー作が、1970年にポプラ社から出版された『ルイジンニョ少年』だったこともあり、「ポプラ社との付き合いは50年くらいかしら?」となつかしそうに話す角野栄子さん。

トークショーでは、角野さんが作家になったきっかけや、まもなく37作目が刊行される大人気童話「小さなおばけ」シリーズが生まれた背景について話してくださいました。

そしてトークショーの最後には、『おばけのアッチ パン・パン・パンケーキ』の読み聞かせも!

作者に本を読んでもらうというとても貴重な機会に、大人の参加者の皆さんも子どもに戻ったような表情で、耳を傾けていました。

 

絵本から読み物まで、本の面白さがぎゅっと詰まっていて、足を運ぶたびに新しい発見が、きっとある「こどもと本が出会う場所」。

会場を楽しみつくしたら、ぜひ1階のブックハウスカフェにも立ち寄ってみてください。飲み物を注文された方には、こんな可愛い特製コースターのプレゼントもありますよ!(会期中限定)

夏休み、ぜひご家族で足を運んでみてはいかがでしょうか?

イベント情報

日時:2017年7月15日(土)~8月31日(木) 11:00~17:00 ※会期中無休

場所:神保町・ブックハウスギャラリー

入場無料

【会期中毎週開催される、特別トークショーもオススメ!】

・8月6日(日) 14:00~15:30

 サトシンさん×羽尻利門さん 子どもとおとなのための絵本ライブ

・8月12日(土) 14:00~15:30

 ナカオマサトシさん×ドーリーさん おたのしみトークショー

・8月19日(土) 14:00~15:30 

 臼井二美男さん講演会 

・8月26日(土) 14:00^15:30

 きむらゆういちさん×竹内通雅さんトークショー

掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部

この記事の関連キーワード