スタイルトップ  >  絵本・本・よみきかせ   >   【入園入学おすすめ絵本】『あっちゃんあがつく たべものあいうえお』

【入園入学おすすめ絵本】『あっちゃんあがつく たべものあいうえお』

 

あっちゃんあがつく あいすくりーむ
いっちゃんいがつく いちごじゃむ

 

子どもたちに聞いたら、「知ってる!」「幼稚園にある!」「これ大好き!」 きっとこんな声が聞こえてくると思います。

この絵本は、「あっちゃん」から始まって、「わっちゃん」どころか「ばっちゃん」「ぺっちゃん」、「んっちゃん」まで!? みんなの名前がおいしいたべものになっちゃう、うたって、あそべて、たのしめる、大人気「たべものあいうえお」絵本なんです。

『あっちゃんあがつく たべものあいうえお』って、どんな本?

リズミカルなことばあそびで、楽しい「たべものあいうえお」

あっちゃんあがつく たべものあいうえお

軽快で楽しい「たべものあいうえお」。

最初に登場するのは、
「あっちゃん あがつく あいすくりーむ」。
最初のページを見た途端、思わず声が出ちゃうはず。
「おいしそう」「可愛い」「…でも、やっぱりおいしそう!」
手足のあるアイスクリームさんたちが4人(?)、いい表情をしながら歌って踊っているのです。
カップアイス、棒アイス、もなかアイス…
何だか目に馴染みのあるようなアイスばかり。
子ども達の目が釘付けになっている様子が簡単に思い浮かびます。
隣のうたのページにも“あの”小さくてチョコでくるまれたアイスくんたちが登場しています。
次に「いっちゃん いがつく いちごじゃむ」。
ああ、なんておいしそうないちごジャム、塗られてパンが喜んでいるよ!

…なんて、いちいち解説していたら時間がいくらあっても足りません。
だって「あっちゃん」から始まって、「わっちゃん」どころか「ばっちゃん」「ぺっちゃん」、「んっちゃん」まで!?
濁音、半濁音も含めて69音すべてが登場するんです。
ものすごい数のおいしそうで可愛らしい食べ物たちが出てきちゃうんです。
背表紙も分厚いのです。
1ページ1ページそれぞれの絵にストーリー性が見えてきて、
更にお互いにつながっているところもあったりして。

とにかく読み応えがすごい。いくらでも楽しめて、すっごくお得な気分になれる絵本なのです。
子どもがゆっくりと言葉遊びをしている横で、お母さんは思う存分食べ物の絵を堪能できちゃったりもします(笑)。
おいしそうな食べ物を描かれる画家さんを無条件に信頼してしまう…というクセがある私なのですが、
この一冊で当然のごとく、すっかりさいとうしのぶさんの大ファンになってしまいました。

(絵本ナビ編集長 磯崎園子)

おいしそう!

あいうえお順に、食べ物がどんどん登場します。

ええっと、わたしは、かっちゃんだから、「かすてら」! 
じゃあ、へっちゃんは……? 「へるしーさらだ」!
 

思わずくすっと笑ってしまう、ユーモアたっぷりの食べ物たちの姿。
どのページでも、食べ物が遊んでいたり踊っていたり。それぞれのストーリーが見えてきて楽しいんです。
何より、細かく描きこまれた食べ物が、とってもおいしそう!!

ひらがなに興味をもったら

この分厚さ!「あ」から「ん」まで、濁音、半濁音も含めて69音すべてが登場します。

楽しんでいるうちに、自然と「あいうえお」が身につくのも魅力です。

『あっちゃんあがつく』みんなの声ご紹介!

こどもたちの反応を見れば、この絵本の人気ぶりは一目瞭然。
絵本ナビへ寄せられた、たくさんのレビューからピックアップしてご紹介します。
 

「ページ数の多さ」自体が楽しい

(ケンプーさん 40代 パパ )
素朴であたたかい絵がなんとも楽しい。
そして、なんといってもそのボリュームある「ページの多さ」自体が楽しい作品です。
めくってもめくっても次から次から出てくるユーモアたっぷりのたべものたち。
姉妹編ともいえる「しりとりしましょ」も楽しく、この2冊は子どものお気に入りです。
この絵本を見たら読後感は満腹ですが、でも、たいていお腹がすきます。
幼児にとっての「たべもの絵辞典」のような役割もあるし、
何度でも読めるのでお徳感もあります。
サイズも小さく、プレゼントにも最適だと感じました。

3歳の娘が放しません

(まちゃかぼとぅさん 30代 パパ )

リズムにのって楽しそうに読んでます。

ひらがなを学んで“読んでいる”のか、それとも読んであげているうちに“覚えてしまった”のかビミョーなところですが。。。

1ページに読む量が少ないので、次々にページをめくれるところもいいところだと思います。本の楽しみを学べると思います。厚い本に対する抵抗力が減ると言うか。。。

自分の好きなところから、どのページからでも読めるところもいいところでしょう。

ママが好きなのはチョコの「ち」

(レーズンさん 30代 ママ)

娘が3歳の誕生日プレゼントに購入、ひらがなを無理なく覚えるのに、とっても役にたちました。

絵がとっても、愛らしくいつもお店で見ているパッケージやなつかしのお菓子も登場します。(駄菓子やに行きたくなることも)

出てくることばは、食べ物ばっかりで興味しんしんでくいついていました。「あ」のアイスクリームからはじまり、「ち」のチョコ、なんと濁点シリーズまでも「が」のガム、「ず」のチーズなどなど。ちなみに、アイスのページでは、ピ○のアイスが転んで、中身が出ちゃったり、「せ」せんべいのページでは、おせんべいかけちゃって泣いてたり、食べ物達がキャラクターとなり、それを見ているだけでもたのしいです。

うちはそうなのですが、お子さんが濁点の名前のお子さんでも、簡単におぼえられます。

今は、4歳になった娘は、お友達に手紙を書くとき、この本を隣に置き

むずかしいひらがなを辞書がわりにして、書いています。

普通の絵本より少しだけお値段がプラスですが、すてきな本でした。

『あっちゃんあがつく たべものあいうえお』インタビュー公開中!

この人気絵本がどんな風に生まれたのか、作者さいとうしのぶさんへ行ったインタビューが公開中です! お腹がすいてくるおいしいエピソード満載の楽しいインタビューをお楽しみください!

https://www.ehonnavi.net/specialcontents/contents.asp?id=20 インタビュー記事はこちらから

この絵本の子どもたちの心をとらえる魅力を早くに見抜き、多くの子どもたちに広めたのは、全国の書店に勤める書店員さんでした。書店員さんが語る『あっちゃんあがつく』の魅力も、合わせてチェックしてみてくださいね。

https://www.ehonnavi.net/specialcontents/contents.asp?id=302 インタビュー記事はこちらから

『あっちゃんあがつく たべものあいうえお』関連作品

カルタも一緒に楽しもう♪

たべものかるた あっちゃんあがつく

「たべものあいうえお」絵本、『あっちゃんあがつく』のカルタ版です。
取り札も読み札もカラーで、各69枚ずつ、予備の札もそれぞれ3枚ずつ、ついています。お菓子の箱のようなしっかりした箱をあけると、ユーモラスなたべものが、どんどんでてきます。好きなたべものは、自分でとれるよう、ぜひ、がんばってみてください。

掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部
人気連載
JavaScriptをOnにしてください