スタイルトップ  >  絵本・本・よみきかせ   >   本の上をおもちゃが走る!『プルバックでゴー! あかいきしゃはどうぶつえんいき』

本の上をおもちゃが走る!『プルバックでゴー! あかいきしゃはどうぶつえんいき』

こんなしかけ絵本があったなんて! 「プルバックでゴー」シリーズ

ゼンマイを使って動くプルバックのオモチャが、絵本の中の道を自由自在に走りまわる「プルバックでゴー!」シリーズ。

ギフトにもおすすめのこのシリーズは、乗り物好きの子どもたちが一目で夢中になるしかけ絵本です。

シリーズ5冊の中からご紹介するのは、赤い汽車が牧場や川辺などを走って動物園を目指す、とってもかわいい人気作です。

汽車を走らせて、動物園を目指そう!

プルバックでゴー!あかいきしゃはどうぶつえんいき

絵本の上を汽車が走る!?
「プルバックでゴー!」シリーズ第5弾は、シュッシュッポッポ、赤色が可愛らしい汽車の登場です!
赤い汽車の行き先は、みんなが大好きな「動物園」。
朝の賑やかな駅から出発した汽車はトンネルを通り抜けて、
ウシさんたちがのんびり草を食べている山をぐんぐん通り抜けて、
釣り人や遊んでいる子どもたちがいる湖畔を、果物がたくさんとれる緑豊かな村をものすごいスピードで走る、走る、走る!
さて、ようやく到着した動物園にはどんな動物たちが待っているのかな?

絵本には、2~3回後ろに引いてネジを巻くと走るプルバックの可愛らしい小さな「汽車」が付いていて、
開いたページは、それぞれ違う風景が楽しめるコースになっています。
コースの上を走らせると「ジーーッ」と音をたてながら、くるくると動き回り目的地へ向かいます。
どのコースにも、かわいい動物やレジャーを楽しんでいる人たちが描かれているから、
お子さんとコミュニケーションをとりながら、何回でも遊べちゃいますね!

富田直美(絵本ナビ編集部)

『プルバックでゴー! あかいきしゃはどうぶつえんいき』って、どんな絵本?

プルバックで汽車が走る!

プルバックとは、ゼンマイを使った稼働装置のこと。この装置が付いたオモチャを後ろに引くと、ゼンマイが巻かれ、手をはなすと前に進みます。日本では「チョロQ」などが人気です。

プルバックの汽車は、絵本にセットされています。

ボードブックタイプの絵本のページには、プルバックが走るために溝が作られており、この溝に沿って、汽車が走ります。 

走るスピードが、意外と速いのが楽しい!

さがし絵が楽しめる!

絵本のページには、さがし絵の要素もあるので、家族やおともだちと一緒に、絵の中を探して遊ぶのも楽しいですね。

みんなの声 ご紹介!

ぜんまい最高~
(ミユココさん 30代・パパ 女の子8歳)

 

子どもがぜんまいで動くおもちゃが好きなので、絵本ナビの動画でみて即買いでしたが、これは本当に購入して正解!ちょっと脱線もしちゃうけど、子どもがぜんまいの強弱を考えながら集中してくれるのでその辺も魅力。基本しっかり走るので、親子で楽しめます。しかも4コースもためしめて、その中身もかわいらしい地図のように
もなっているので、他もおもちゃなどを組み合わせ遊んでも良さそうだし、クイズもあったりといろいろ楽しめる内容になってました。ぜんまいおもちゃがお好きな子どものみならず、赤ちゃんのうちからながーく楽しめる絵本です。おすすめ!

本屋で夢中でした。
(lunaさん 30代 ママ 大阪府 男の子7歳)

 

滅多に脱線することなく、上手にコースを走るプルバック汽車です。
コースも可愛らしいし、汽車も丸っこくてとてもキュート。
そして、スピードが速いのが面白いらしく、繰り返し走らせていました。
我が子は小1なので、遊べる期間が短いと予想し購入を見送ったんですが、小さい子なら長く遊べるので良いお買い物になりそうです。

ブルバック絵本に夢中です!
(ぴょーん爺さん 60代 じいじ・ばあば 愛知県)
 
赤い汽車を、2~3回引いてぜんまいで回るのが、凄く面白いみたいです。孫たちは、乗り物の玩具が大好きなので4人で赤い汽車の動物園行きを楽しんでました。コースも4コースあるので、飽きることなく取り合いをしながら遊んでます!

乗り物が大好きな息子の2歳の誕生日に、母がプレゼントしてくれました。ポッポーと言って喜んで、何度も何度も遊び、どんどん想像力も膨らみ色んな場所からスタートさせたり隠したり。ちょうどイヤイヤ期突入?と思った矢先、この本で何度助けられていることか。とっても子供らしい楽しい本です。

(大日本絵画×絵本ナビ 「しかけ絵本アワード」コメントより)

クリスマスに2歳の息子にプレゼントしました。包みを開けた途端に何度も繰り返し遊んでいます。本の上を車が走る様子を喜んで見ています。こんなに喜んでもらえるとプレゼントしがいがありますね。車好きの子にオススメ! 

(大日本絵画×絵本ナビ 「しかけ絵本アワード」コメントより)

「ワインドアップでゴー!」シリーズ

https://www.ehonnavi.net/specialcontents/contents.asp?id=273 インタビュー記事はこちらから

鎌倉にあるしかけ絵本専門店「メッゲンドルファー」の嵐田一平さんに、「プルバックでゴー!」シリーズの魅力について伺いました。

掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部
この記事の関連キーワード
人気連載
JavaScriptをOnにしてください