スタイルトップ  >  絵本・本・よみきかせ   >   寝る前に親子で読みたい、幸せな眠りのための赤ちゃん絵本『おやすみ~』

寝る前に親子で読みたい、幸せな眠りのための赤ちゃん絵本『おやすみ~』

おやすみの時間、家族みんなで幸せな気持ちになれる絵本

おやすみ前、ゆったりした気持ちになったり、楽しい夢の世界をのぞいたり。眠るための心と身体の準備を手助けしてくれる「おやすみ絵本」。
寝る前の絵本の時間は、寄り添って過ごす親子の大事なコミュニケーションの時間でもありますね。
親としては、早く寝付いてほしい気持ちが先に立ってしまうときもあるけれど、やっぱり1日の終わりは幸せな気持ちで眠りについてほしいもの。
「しあわせいっぱい 赤ちゃん絵本」シリーズ(くもん出版)から、小さい子にぴったりの、家族みんなで幸せな気持ちになれる絵本『おやすみ~』をご紹介します。

心地よいリズムに、だんだんうとうと……

おやすみ~

一日のうちで一番幸せな時間が「おやすみの時間」。
そんなママやパパもいるのでしょうね。
だって、わが子の寝顔は可愛すぎるから!

だけど、赤ちゃんがすやすや寝入ってくれるまで、ちょっと時間がかかることも。
元気で目がぱっちりになっちゃったり、
もっと遊んでいたかったり、
暗くなるのが嫌いな子もいるかもしれません。

そんな時には、一緒に絵本。
『に~っこり』『おいし~い』に続く、いしづちひろさんとくわざわゆうこさんによる人気シリーズ、「しあわせいっぱい赤ちゃん絵本」3作目の作品です。

はみがきをてつだってくれるハブラシさん、歌が上手なピアノさん、お空でひかるおほしさま・・・大好きなみんなに順番に「おやすみ~」ってあいさつをしていきます。
今日も楽しい一日だったね。
今度は、誰におやすみを言おうかな。
ふんわり毛布をかけてもらったら、一番大好きなママとパパに・・・!

ママやパパの優しい声で繰り返す「おやすみ~」の声。
心地よいリズムに、だんだんうとうとしてきます。
みんな一緒におやすみの時間。絵本の中の赤ちゃんもとっても可愛い寝顔です。
家族みんなを幸せな気持ちにさせてくれるこの絵本。
おやすみ時間の定番にくわえてみてくださいね。

赤ちゃんが1日のおわりに、自分の身の回りにあるものに、順番におやすみのあいさつをします。
歯ブラシに、おもちゃのピアノに、つみきにも。

「おやすみ」の繰り返し、心地いいリズムが穏やかな眠りへ誘います。
大好きなパパママの優しい「おやすみ」の声に、安心して体も緩んでいきます。
読んであげる大人も、子どもに「おやすみ~」と読んであげるだけで癒されるのが不思議です。

『おやすみ~』みんなの声 ご紹介!

『おやすみ~』を読んだパパママ・じいじばあばから、絵本ナビへたくさんの「幸せいっぱい」のレビューが寄せられています。

「おやすみ~」の時は、親も最高に幸せ!
(ムスカンさん 30代 ママ)
何をしててもかわいいなぁ~と思いながら日々過ごしていますが、一番かわいいのは、やっぱり、「おやすみ~」の時間。
今日もいちにち楽しかったね。
そんな気持ちで、パジャマをきておふとんに入る娘のお胸をトントンすると、本当に幸せな気持ちになります。
赤ちゃんが読むと楽しめるから「赤ちゃん絵本」だと思ってたけど、きっとそれだけじゃないんだな~、
子供を可愛いと思う親が読んでも、最高に幸せな気持ちを再認識させてくれる、それが赤ちゃん絵本なんだなぁと思わせてくれる、幸せなあかちゃん絵本の一冊です。

安心しておやすみ~
(Dandelion629さん 40代 ママ)
乳幼児に読むのにピッタリの絵本です。
日常のひと場面を切り取っていて、ここにあるのは安心感。一日の終わりに、この絵本を暖かい声で読んでもらえた子どもは、例え記憶に残らなくても、心の奥に幸せの感覚や愛されている自信が蓄えられるんじゃないかしら。きっとそれは生きていく為の大きな力になるはず!家庭で子どもとたっぷり楽しみたい絵本です。

何気に孫に似ています
(とくちゃんさん 50代 じいじ)
昨年に初孫が誕生したおじいちゃんです。
何気に顔が孫に似ています。
孫の絵本が出来たようで嬉しくなるのはじじばかでしょうか。
何でもない日常の出来事が、子どものイベントに見えて来ます。
シンプル イズ ベスト !
何度でも繰り返し読んでやれる1冊です。

作者のいしづちひろさんは、身近に孫のような存在の子どもたち(姪っ子さん甥っ子さんのお子さんたち)がいて、その子たちはみんな、自分の好きなものや愛着のあるものに、「おやすみなさい」と声をかけるのだそうです。

インタビューの際のいしづちひろさんの言葉を引用します。

子どもたちが、みんな自分の大好きなものに対して「おやすみなさい」と言いながらお辞儀をしているように見えるのは、無意識のうちに「ありがとう」の気持ちを伝えようとしているからじゃないかしら…と。『おやすみ~』の中にはそんな発見も入っています。

「おやすみ」の中に「ありがとう」の気持ちがある。そう考えると「おやすみ」の挨拶がさらに幸せに感じられませんか?

https://www.ehonnavi.net/specialcontents/contents.asp?id=332

いしづちひろさんのインタビュー記事はこちらから!

新学期が始まって、忙しい朝がさらにバタバタ。規則正しい生活のために、小さいうちから早寝・早起きを身につけたいものです。寝る前の絵本で「おやすみ~」と言い合って、親子でリラックスできるひとときを習慣にできたらいいですね。

 

「しあわせいっぱい 赤ちゃん絵本」シリーズは、0歳から親子で読んで、家族みんなでとってもしあわせな気持ちになれる絵本が揃っています。ぜひシリーズで楽しんでみてくださいね。

 

「しあわせいっぱい赤ちゃん絵本」シリーズ おすすめ動画公開中!

掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部
人気連載
JavaScriptをOnにしてください