スタイルトップ  >  絵本・本・よみきかせ   >   絵本ナビニュース2017    >   【news】「共感・独立・直感」の3タイプで分類した親子関係を紐解く!『子どものやる気を引きだす親 うばう親』

絵本ナビニュース2017 

【news】「共感・独立・直感」の3タイプで分類した親子関係を紐解く!『子どものやる気を引きだす親 うばう親』

執筆のきっかけは次女との親子関係だった?

10月2日から旭屋書店の各店舗では“あなたの子育てが楽しくなる一冊"で作家・河野真杞の新刊『子どものやる気を引きだす親 うばう親』を紹介&フィーチャーした『本TUBEニュース』コーナーが設置されているそうです。

2016年9月に発売されたi-colorカウンセラー・河野真杞さんの著書『子どものやる気を引きだす親 うばう親』をピックアップし、著者インタビューを実施されました。統計心理学i-colorを活用し、各種スポーツコーチやJr.アスリートの保護者、子育て中の親を対象にセミナーや個別アドバイスを実施している河野さん。まずは、この本のベースとなっているi-colorについて伺っています。

「i-colorは、人は生まれながらに、価値観や思考癖を持っている、というところを根底に、それをタイプに分けたもの。日本で作られていまして、日本人累計3000万人以上のデータを集めて、それを解析した結果です。人を分析するときに、人の情報としてある一番細かく分けられるものって、生年月日なんです。生年月日ごとに何か傾向性が出ればそれを色々な場面に活かせるということで、最初は営業の効率化などを目的として、複数の企業さんで研究チームを組んで作られたものです。」

i-colorは大きく分けて12種類あり、本著内では親子関係に焦点を当てて、それぞれに一番大きな違いが見られるという3種類のタイプが登場しています。相性としては、3×3の9タイプを40ほどの親子事例を交えながら紹介しており、自分や相手のタイプは巻末に早見表で調べられるようになっています。親子関係で悩んだことのある方が読めばたちまち「その通り!どうして家のことが分かるんだろう」というような内容の連続。河野さんの執筆のきっかけは、自身の親子関係だったんだそうです。

「娘が二人いるのですが、二人目の育児で悩みました。一人目の育児は、意外と楽だったんです。二人目も同じ女の子なので楽勝だと思っていたら、赤ちゃんのうちは大丈夫だったんですが、コミュニケーションが取れるようになってから、何かちぐはぐするんですよ。私が良かれと思って言ったことに傷ついたり、すぐ機嫌が悪くなったり。何なんだろう?という時にちょうど統計心理分析学に出会いました。なるほど!と全て紐解け、同時に娘を随分と傷つけていたことも分かりました。」
 

河野さん自身は【独立タイプ】、河野さんの次女は【共感タイプ】。【共感タイプ】の子供は親とくっついていたいが、【独立タイプ】の親は子供に自分の道を切り拓いていってほしい、そこですれ違いが生じてしまうこともあるといいます。


「このあいだも、上の子が大学生になって、通えない距離ではないのですが一人暮らしを望んだのです。私は【独立タイプ】なので、当然『大賛成!行ってらっしゃい』という感じで了承しました。その話をしている横で、次女から『私は大学入っても出ないからね、追い出さないでね』と、言われてしまったんです。『大丈夫、追い出さないから』と伝えました。」

 

婚活の会社や、女性のキャリア選択、就活、企業では社内研修や、配属にも活用されているというi-color。本著は、親子関係で悩んでいる方はもちろんのこと、カップル、夫婦、それ以外の人間関係にも対応できる内容となっています。身近な誰かとの関係にどことなく悩める方であれば、「私とあの人は考え方が近かったんだな」と納得したり、「タイプが違ったからあんな言い方をされたのか」など、今までのコミュニケーションの謎が紐解けるでしょう。スピリチュアルな占いが苦手な方も、本書での統計学にしっかりと基づいたタイプ分析であれば、抵抗なく読んでいただけるかと思いますよ。よりストレスのない人間関係を手に入れたい全ての方におすすめの一冊です。

子どものやる気を引きだす親うばう親

3,000万人以上を分析した統計心理学i-colorを用いて徹底アプローチ!
親と子を生年月日で「共感」「独立」「直感」の3タイプに分類。
それぞれのタイプごとに、子どものやる気と強みの伸ばし方を解説しています!


◆本TUBEとは・・・
著者出演動画数は国内最大級!本屋が作った動画で気軽に”本”と出会えるコミュニティサイトです。 
読んでみたくなる本が動画で見つかる、 読んだ本の記録や整理できる本棚機能など、 
毎日の読書がもっと楽しくなるコンテンツが盛りだくさん!
http://www.hon-tube.com/ 
掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部

この記事の関連キーワード

人気連載