スタイルトップ  >  グッズ・ギフト   >   「11ぴきのねこ」がシックな雰囲気に…?シリーズ誕生50周年記念の複製画登場!

「11ぴきのねこ」がシックな雰囲気に…?シリーズ誕生50周年記念の複製画登場!

「ニャゴ ニャゴ ニャー」
好奇心旺盛で、よくばりで、ちょっとずるくて。そのくせ、どこか間の抜けているのが愛らしい11ぴきのねこたち。そんな彼らが活躍する愉快な冒険物語「11ぴきのねこ」シリーズの記念すべき第1作目『11ぴきのねこ』が誕生から50周年を迎えました!

 

記念して登場するのがこんな複製画。ファン必見、300枚の完全限定生産です。

絵本『11ぴきのねこ』 誕生50周年を記念した複製画が届きました!

【複製画】馬場のぼる 『散歩』
【複製画】馬場のぼる 『散歩』

絵本『11ぴきのねこ』 誕生50周年を記念した複製画が届きました!
展覧会などでもなかなか目にすることのなかった貴重な原画の雰囲気をそのままに、最新の技術で印刷しています。ゆったりほのぼのとした馬場のぼるの世界であなたのお部屋を彩りませんか?額縁のアンティークな味わいは子ども部屋にもぴったり!ご自宅のインテリアとしてはもちろん、お誕生日や出産祝いにもおすすめです。
ベビーカーに乗ってお散歩しているネコの親子の愛らしさは、眺めるたびに幸せな気持ちを運んでくれそうです。

【サイズ】画寸:101×145 mm
 額外寸 :222×273mm

【素材】 額:木製
 盤面 :アクリル板

【付属品】壁掛け用紐

絵本『11ぴきのねこ』 誕生50周年を記念した複製画が届きました!
展覧会などでもなかなか目にすることのなかった貴重な原画の雰囲気をそのままに、最新の技術で印刷しています。ゆったりほのぼのとした馬場のぼるの世界であなたのお部屋を彩りませんか?額縁のアンティークな味わいは子ども部屋にもぴったり!ご自宅のインテリアとしてはもちろん、お誕生日や出産祝いにもおすすめです。
ベビーカーに乗ってお散歩しているネコの親子の愛らしさは、眺めるたびに幸せな気持ちを運んでくれそうです。

【サイズ】画寸:101×145 mm
 額外寸 :222×273mm

【素材】 額:木製
 盤面 :アクリル板

【付属品】壁掛け用紐

https://www.ehonnavi.net/shopping/item.asp?c=5102994654&LID=TEM
https://www.ehonnavi.net/shopping/item.asp?c=5102994654&LID=TEM

◆300枚の完全限定生産。ただしシリアルナンバーは入っていません。
◆「レコグラフファイン」という日本の伝統工芸品である越前和紙の表面に特殊な加工を施した印刷技法が用いられています。
デジタル版画とも呼ばれており、和紙特有の風合いを残しつつ、原画の繊細な色調や奥深さも鮮やかに再現できる技法です。 さらに耐光性に優れ、長期間にわたって美しい色合いを保つことが可能です。
※レフグラフファインは株式会社アートカフェのオリジナル技術です。

【複製画】馬場のぼる 『ワインで乾杯』
【複製画】馬場のぼる 『ワインで乾杯』

ワイン片手に乾杯するネコの至福の表情は、眺めているだけで、くつろいだ気持ちにさせてくれそうです。

ワイン片手に乾杯するネコの至福の表情は、眺めているだけで、くつろいだ気持ちにさせてくれそうです。

https://www.ehonnavi.net/shopping/item.asp?c=5102994646

不思議と大人っぽい雰囲気も似合うんですね。

https://www.ehonnavi.net/shopping/item.asp?c=5102994646

大好きな絵本の複製画は本棚にもぴったり!

合わせておすすめ!絵本「11ぴきのねこ」シリーズ

祝!誕生50周年『11ぴきのねこ』

11ぴきのねこ

いつもおなかがぺこぺこの、11ぴきののらねこがいました。
ある日、ひげの長いじいさんねこがやってきて、山のずっと向こうの湖に怪物みたいに大きな魚が住んでいる、勇気があるなら行ってごらん、と言いました。
どんな大きな怪物だって、みんなで力を合わせれば・・・
11ぴきのねこは、湖をめざしてでかけました。
湖の中の島に陣取ったねこたちは、魚の怪物に襲いかかりますが、何度もはねとばされてしまいます。
知恵を絞って力を合わせ、ついに魚の怪物を捕まえました。
「みんながこれをみたら おどろくぞ」
「はやくかえって みんなにみせてやろう」
「それまでは ぜったいに たべないこと!」
「さんせーい」
ところが帰る途中で真っ暗な夜が来て…!

https://www.ehonnavi.net/shopping/category.asp?n=271
掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部
この記事の関連キーワード
人気連載
JavaScriptをOnにしてください