スタイルトップ  >  絵本ナビ便り   >   母の日だから、私が読みたい絵本。

母の日だから、私が読みたい絵本。

 

今年もあと少しで母の日です。
母の日と言えば、毎年、プレゼントは何にしようかなあと悩む方も多いのではないでしょうか。
私もその一人。こうして絵本やグッズに毎日触れている身でも、何をあげたらより喜んでもらえるかしら…と試行錯誤です。


そんな時、ネット上で見つけてしまった「母の本音。母の日に欲しいプレゼントランキング」。
お母さん達の回答の上位は「子ども達と一緒に過ごす時間」「子ども達からの感謝の気持ち」だったのです。ああ、そうか。お母さん達が欲しいのは、モノじゃなくて気持ちだったんだな。(例外もあると思いますが)

 

いつも、どこかでちゃんと「お母さんありがとう」って思っているのだけど、なんだかんだ気恥ずかしさも相まって伝えるタイミングを逃してしまうもの。
改めて母への感謝の気持ちと向き合いたくて、引っ張り出したのがこの絵本です。

母の日に感謝を込めて贈りたい絵本

ちいさなあなたへ

ちいさなあなたへ

「あのひ、わたしは あなたの ちいさな ゆびを かぞえ、 その いっぽん いっぽんに キスを した」ではじまるこの絵本には、母であることのすべてがつまっています。親でいることの喜び、不安、苦しみ、つらさ、寂しさ、子どもへの思い――普遍の真実が、あたたかな絵とシンプルな言葉で語りつくされ、読む人たちの涙をさそいます。だれもが一生の宝物にしたくなるような絵本です。
 

結婚を控えた友達に必ずプレゼントしているこの絵本。(ただしお母さんと仲が良い子に限る)
まだ子どもがいない私は、「母からのメッセージ」として受け取っています。

楽しい事があったときも、心が凍るような事があったときも、いつも強く立ってそばで見守ってくれていた「お母さん」へ思いをよせるのに、ぴったりの絵本です。

 

最後のページの一文。
あのさらっとした一言に、
母の愛の深さが詰まっているように感じます。

 

きっと、読み終わった後には素直な気持ちで「お母さんいつもありがとう」って電話が出来るかも。
感謝の気持ちをこめて、お母さんへプレゼントするのもオススメです。

絵本に添えて贈りたいプレゼント

http://www.ehonnavi.net/shopping/category.asp?n=6808&utm_source=goods&utm_medium=pc&utm_campaign=0_437_big&refsrc=nvtop283
掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部

この記事の関連キーワード

人気連載