スタイルトップ  >  絵本ナビ便り   >   【お知らせ】イソザキ編集長「kufura」連載【絵本ナビ編集長の読み聞かせ相談】#4公開中!

【お知らせ】イソザキ編集長「kufura」連載【絵本ナビ編集長の読み聞かせ相談】#4公開中!

https://kufura.jp/family/childcare/64481 仕事も家庭も、私らしく!を叶えるヒント 公式HP「kufura」(クフラ)より

仕事も家庭、どちらも大切にしながら忙しい毎日を送る女性のためのWebメディア「kufura(クフラ)」にて連載中の絵本ナビ編集長イソザキのコラム。 月に1テーマずつ、読み聞かせの悩みについておすすめの絵本と共に回答していきます。第4回として公開された、そのテーマは…?


「ねえ、この絵本読んで!」子どもの方から催促してくれるのはすごく嬉しい。でも、いつも子どもが好きな絵本ばかりでいいのかな……? 
3月のテーマは「昔話を読みたがらない子ども…これでいいの?」についてです。
イソザキが選んだ絵本は…?
詳しくは、「kufura」のコラムをご覧くださいね!

【今月のおすすめ】

『ぐりとぐら』の人気コンビが贈る、明るく楽しい昔話集『ねこのおんがえし』

ねこのおんがえし

「ねえ、お話して!」と子どもにせがまれても、すらすらとお話が口から出てくる…何て事はなかなかできない。
でも昔話や民話などの多くが、「語り」伝えられてきたというその事実。これって凄い事だよなぁ、と思っていたら。
こんな興味深い本が出版されました。「読みたい 聞きたい」昔話を中川李枝子さんの文で書かれた、というのです。
どのような思いがあったのでしょう。(この本の後書きにその魅力的な言葉がたっぷりと語られています。)
昔話を取り上げるのはむしろ苦手だったと言う中川さん。でも、保育士時代に沢山見られたお話を聞く子ども達のきらきらした目や、幼い頃、レパートリーは少ないながらも、お父様が上機嫌に面白おかしく昔話を聞かせてもらった記憶に後押しをされた様ですね。
口に出して読んでみると、これが実に楽しいのです。誰もが知っている「桃太郎」を語っても、やっぱり中川さんらしく優しく愉快なお話に。(こんなに変わるものなのですね。)そこに同じくお父様の語りを聞いて育った山脇百合子さんの期待通りの挿絵が入ります。「語る」素晴らしさを熟知なさっているのだと、読みながら感動してしまうのです。
自分でお話を作って聞かせる、なんて離れ技は出来なくても、こんな本があると繰り返し読んであげたくなります。
子ども達が、絵本とまた違った反応を見せてくれるのも面白いですよ。繰り返し聞く事によって驚く程言い回しを覚えていたり、内容を理解しています。そんな彼らの想像力にも関心させられてしまうのです。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

コラム内でも様々な絵本をご紹介していますので、参考にしてくださいね。
 

掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部
人気連載
JavaScriptをOnにしてください