スタイルトップ  >  絵本ナビ便り   >   絵本ナビが2017年JEPA電子出版アワードで大賞を受賞しました!

絵本ナビが2017年JEPA電子出版アワードで大賞を受賞しました!

絵本ナビは「大賞」「チャレンジマインド賞」を受賞!

2007年に日本の電子出版の普及と技術の向上を目的として開始された「JEPA電子出版アワード」。その年の電子出版トレンドがわかるイベントとして注目されています。

「デジタル・インフラ賞」「スーパー・コンテンツ賞」「エクセレント・サービス賞」「チャレンジ・マインド賞」「エキサイティング・ツール賞」という全部で5つのジャンル賞は一般からの投票とJEPA会員社の投票を合算した投票数で受賞企業・団体を決定。大賞はジャンル賞の中から、JEPA会員社の投票で選出されます。

 

審査の結果、絵本ナビが「大賞」「チャレンジマインド賞」を受賞することができました!

絵本ナビ代表カナガキからの受賞メッセージ

お子さんを連れて本屋さんで絵本を選ぶのは結構大変です。絵本ナビならいつでもどこでも、お子さんと一緒に、またはお子さんが寝てからゆっくり絵本選びができます。これも「全ページためしよみ」や「読み放題」をユーザーの皆さんにご利用いただき、絵本作家さんや出版社さんがご協力いただいているおかげです。絵本選びがもっと便利に、もっと楽しくなるよう、「幸せな時間」が過ごせるよう、これからもサービスを改善し、追加していきます。

評価ポイントは絵本ナビの「全ページためしよみ」「絵本読み放題」

絵本ナビは「絵本選びをもっと楽しく」を目指してできたサイトです。親にとっては、我が子に読む絵本は、きちんと全部読んでから与えたい、でも赤ちゃんや子どもを連れて本屋さんに行き、ゆっくり絵本を選ぶのはなかなか大変。そんなパパママに寄り添うサービスが評価され、大賞、チャレンジマインド賞を受賞することができました。

 

「JEPA電子出版アワード」にて受賞スピーチをする代表カナガキ

絵本ナビの「全ページためしよみ」「絵本読み放題」とは?

全ページためしよみ

絵本ナビの全ページためしよみは、2017年12月時点で2000を超える作品を、会員登録することでパソコンやスマートフォンにて全ページ1回だけお楽しみいただけるサービスです。

お子さんに読んであげる絵本は内容をしっかり見て判断したい、というパパママにとって、自宅でそれが可能になります。また、一度読んだことで安心して絵本を購入できるため、絵本の売り上げにも貢献しています。絵本は「何度も読むもの」だからこそできることです。

絵本読み放題

「絵本読み放題」は、「絵本ナビプレミアムサービス」またはNTTドコモの「スゴ得コンテンツ※1※2)」の有料会員になると、約200作品の絵本がスマートフォンやタブレットにて読み放題になるサービスです。

本屋さんで売っている人気絵本を、スマートフォン・タブレットで何度でもご覧いただけます。赤ちゃんから大人まで、幅広い年齢の方が楽しめる絵本が勢ぞろい!いつでも絵本を持ち歩け、乗り物の中やちょっとした待ち時間など、どんな場所でも気軽に絵本の世界にとびこめます。

第11回電子出版アワード 受賞メディア

2017年第11回の電子出版アワード各ジャンル賞と大賞は下記のとおりでした。

  • デジタル・インフラ賞   TIMEMAP(一般社団法人タイムマップ)
  • スーパー・コンテンツ賞  東洋経済オンライン(東洋経済新報社)
  • エクセレント・サービス賞  図鑑.jp(山と渓谷社)
  • チャレンジ・マインド賞   絵本ナビ(絵本ナビ) 【大賞】
  • エキサイティング・ツール賞  ジャンプPAINT(集英社、メディバン)
  • 特別功労賞 長谷川秀記 氏 (元日本電子出版協会会長) 電子出版への貢献に対して
掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部
この記事の関連キーワード
人気連載
JavaScriptをOnにしてください