スタイルトップ  >  絵本ナビ便り   >   熊本地震チャリティ絵本イベント「ツペラとニジとおむすびのぜいたくトゥナイト」開催レポート

熊本地震チャリティ絵本イベント「ツペラとニジとおむすびのぜいたくトゥナイト」開催レポート

2017年1月27日、長崎書店(熊本県熊本市)で、熊本地震チャリティーイベント「ツペラとニジとおむすびのぜいたくトゥナイト」を開催しました。
その様子を、この記事でレポートしたいと思います。

 

その前に「ツペラとニジとおむすび」とは…?

熊本の皆さんと楽しい時間をすごしたい!という気持ちからうまれたスペシャルユニット、「ツペラとニジとおむすび」。
メンバーは、絵本ナビでも大人気のtupera tupera 亀山達矢さん、ニジノ絵本屋 いしいあやさん、パントマイムのお兄さん 金子しんぺいさん、そして「おはなしおむすび」兼絵本ナビショップ店長セトグチの4名です。

 

(セトグチは、休日に「おはなしおむすび」としておはなし会の活動をしています。)

絵本イベントで熊本を盛り上げよう!スペシャルユニット誕生

「熊本で楽しいイベントをやりたい」と話していたところ、亀山さんが「1月に熊本に行くけど、一緒に行く?」と誘ってくれたのが全ての始まりでした。

「いざ、準備!」とノリノリな4人でしたが、なんと、1か月後にtupera tuperaご一家が京都へお引越しをするとのこと。
プログラム決めの打ち合わせを1度しただけで、当日までは亀山さんとは全てメールでのやり取り。衣装決めは写真を送り合い、動きの確認は動画を送って…。遠距離での準備期間を乗り越えて、本番を迎えました。

打ち合わせは、引っ越し目前のtupera tuperaアトリエで。チラシ用の写真を、CDジャケット風にパチリ。
なんと、tuperatuperaさんがこんな素敵なチラシを描き下ろしてくれました!これで俄然、やる気モード全開です。

「ツペラとニジとおむすびのぜいたくトゥナイト」本番当日

朝一番で長崎書店さんへ。長崎社長、児童書担当の中山さん、長崎次郎書店児童書担当の大村さんの力をお借りして、みんなで会場準備に取り掛かります。

音響調整中の金子さん。
紙うんこ吹雪や装飾をその場でチョキチョキッと作り上げる亀山さん。ものすごい速さで、かつ丁寧に切っています。
こちらはトークショー「アヤの部屋」のリハーサル風景。
亀山さん&中山さんによる『パンダ銭湯』。息ぴったりです♪

何度も流れの確認をし、開場が近づくにつれ緊張のドキドキが止まらない4人…。
そして19時になり、イベントスタート!この日のために作ったオリジナルテーマソングからお披露目です。

 

「ぜいたくトゥナイト」なので、特別なプログラムをたくさん用意しました。
tupera tupera絵本ライブに、絵本制作秘話。メンバー全員で『これはすいへいせん』絵本バトルを開催したり、亀山さん&長崎書店 中山さんコンビよる『パンダ銭湯』があったり。

トークショー「アヤの部屋」では、いしいさんが黒柳徹子さんに扮し、普段は聞けない大人の質問を亀山さんに答えてもらいました。

中盤では金子さん&セトグチによるユニット「おむすびひろば」のパフォーマンスタイムも。パントマイムと絵本のコラボレーションをお披露目しましたよ。

 

そして最後は、この日のために温めてきた「しろくまもとのパンツ劇場」。なんと、あの名作『しろくまのパンツ』の劇場ver.です!
亀山さんの絵本読みに合わせ、いしいさんがしろくまさん役を。セトグチがねずみさん役を。金子しんぺいさんがその他の全キャラクター役を演じました。


絵本ならではの仕掛けのおもしろさを表現するために、考え抜いて、こだわって完成させた作品。お客さんにも参加してもらい、みんなで楽しむことができました♪
ラストページの歌の部分は本邦初公開、亀山さんによるラップver.でかっこよく締めました。

「しろくまもとのパンツ劇場」、大成功!

こうして無事に幕を下ろした「ツペラとニジとおむすびのぜいたくトゥナイト」。61名のお客様とスペシャルな時間を過ごすことができました。

ご参加いただいた皆様、ご協力くださった皆様、本当にありがとうございました!

長崎書店の皆さんと、ツペラとニジとおむすびのメンバー。
入場料の一部は熊本地震義援金として寄付をさせていただきました。

「おむすびひろば」で読んだ絵本

ひげらっぱ

ある日、ぷーた君はへんてこなラッパを拾いました。
ラッパをママに向かって吹いたら、ぴよよよよ~ん ママにひげが生えました。
ママったら「まあ! なかなか似合うわね」だって。
「こりゃ、すごいラッパだ」ぷーた君は、町のあちこちでラッパを吹きました。すると、パンにも、ビルにも、地面にも、お日様にも、つぎつぎひげが生えました。みんなうれしそうにひげ自慢。そして、ぷーた君も…!?

おおきなかぶ

大きなかぶをみんなで力を合わせて抜くという単純な物語の中に、大らかさ、力強さ、ユーモアなどが満ちあふれ、ロシア民話の楽しさを味わわせてくれます。

よかったねネッドくん

パーティーに出かけたネッドくん。運がよかったり悪かったり、スリルが連続の大冒険。アメリカで爆発的な人気をよんだ絵本です。

掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部