絵本ナビスタイル トップ  >  絵本ナビ便り   >   「子どもの未来を本で応援」#JETBOOK作戦

「子どもの未来を本で応援」#JETBOOK作戦

児童養護施設の子どもたちにあなたの最高の1冊を|JETBOOK作戦

きっかけは「本読みたいから教科書貸して」

2歳から児童養護施設に住み、この春施設を卒業されて大学1年生となった山内ゆなさん。彼女がこのプロジェクトの立案者。

彼女が施設で生活していたころ、年下の子どもたちから「本を読みたいから国語の教科書を貸してほしい」と言われたことがあったのだそう。施設ではネット環境が整ってなかったりスマホを持っていなかったりと情報を得る機会が少なく、学校の教科書でさえ貴重な読みものに感じる子もいたのです。

施設の子どもたちがいろいろな情報に触れ、新しいことを発見していける機会を作りたいと思うようになり、人生で出会った最高の本を児童養護施設の子どもたちに送りたいと『JETBOOK作戦』を始めました。

JETBOOK作戦とは

『JETBOOK作戦』では、これまでで出会った本の中で最高の1冊を、子どもたちへのメッセージと一緒に届けるというプロジェクトです。届いた本を通じて子どもたちが新しい発見したり、メッセージを読んでたくさんの人たちの価値観に触れることができます。

集まった「①自分が人生で出会った最高の一冊」と「②その本を選んだ理由や想い」を事務局で集計・整理し、参加表明をした全国の児童養護施設用に振り分けられ、地域の本屋さんに事務局から注文し、届けてもらうという仕組みです。
 

クラウドファンディングがスタート!

あなたが人生で出会った最高の1冊を児童養護施設の子どもたちに届けるプロジェクト #JETBOOK作戦 を支援したい! そんな方が参加できる「クラウドファンディング」がスタートしています。募集は5月31日(月)午後11:00まで。

詳細はこちらから↓

掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部
人気連載
JavaScriptをOnにしてください