絵本ナビスタイル トップ  >  おでかけ   >   絵本ナビニュース2020   >   『スマイルショップ』刊行記念 きたむらさとし原画展10月10日より開催
絵本ナビニュース2020

『スマイルショップ』刊行記念 きたむらさとし原画展10月10日より開催

『スマイルショップ』刊行記念 きたむらさとし原画展開催

きたむらさとしさんの新刊絵本『スマイルショップ』(岩波書店)の出版を記念した原画展が開催されます。

その他、教科書にも掲載された人気絵本『ミリーのすてきなぼうし』などの絵本原画も展示されます。絵本の制作過程(ダミー)や、近作の絵画・立体作品などもあり、作品が出来上がる過程や背景まで見られる、ちょっと特別な展覧会になっています。

きたむらさとし最新絵本『スマイルショップ』

https://www.ehonnavi.net/ehon/153725/%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%83%97/ 『スマイルショップ』(岩波書店)表紙より

一人の男の子が、手の中に大事なお金をにぎりしめています。
このおこづかいで、今日、はじめてのお買い物をするのです。
マーケットを歩きながら、いろんなものをワクワクと見ていたとき、
なんと、男の子はお金をなくしてしまいました。
がっかりする男の子が、ふと顔を上げた先に見えたのは、
「スマイルショップ」という看板。
このお店で、男の子は何を手に入れたのでしょう。そしてそれを、
どうやって手に入れたのでしょう? 
お金では買えない、もっとすばらしいものがあることと、
それを手に入れる方法を、男の子は知りました。そしてきっと、
この絵本を見たあなたも、それを知ってハッとし、幸せな気持ちになるに違いありません。

https://www.ehonnavi.net/ehon/153725/%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%83%97/

きたむら さとし

 

1956年 東京生まれ。1982年にイギリスで絵本作家としてデビューし、以来、イギリスを拠点に世界的に活躍を続ける。約10年前に帰国し、現在は神戸市に在住。絵本作家、イラストレーターとして活躍。デビュー作「ぼくはおこった」(評論社)でイギリスの新人絵本画家に与えられるマザーグース賞を受賞。「ぼく ネコになる」、「おんちのイゴール」などの著書の他、「ふつうに学校にいくふつうの日」(小峰書店)では絵本日本賞翻訳絵本賞を受賞。 その他「ぞうのエルマー」シリーズの翻訳者としてもおなじみ。

■会場:ギャラリー島田(神戸市)

■開催日:10月10日(土)〜21日(水)11:00〜18:00 

※会期中:無休/作家在廊。オンラインでの公開も予定しています。
詳しくは、ギャラリー島田のHPをご覧ください。

合わせておすすめ! きたむらさとし絵本の世界

教科書にも掲載された人気絵本『ミリーのすてきなぼうし』

ミリーのすてきなぼうし

お気に入りのぼうしを買おうとお店に入ったミリーですが、お金がありません。代わりにお店の人がくれたのは想像のぼうしでした。
ミリーは次から次へといろんな想像のぼうしをかぶって街を歩きます。
そして、ミリーの目にうつる人々の頭にも……。
子どもたちの想像力を刺激する、楽しい絵本。

https://www.ehonnavi.net/ehon/28926/%E3%83%9F%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%81%AE%E3%81%99%E3%81%A6%E3%81%8D%E3%81%AA%E3%81%BC%E3%81%86%E3%81%97/

デビュー作『ぼくはおこった』

ぼくはおこった

アーサーは、おこった。すると雷がなり、嵐がおそい、町がひっくりかえった。まだおこっていると、地球がわれ、月も、星もこっぱみじんにくだけちった。火星のかけらにすわって、アーサーはかんがえた…。

★絵本にっぽん賞特別賞/マザー・グース賞/第24回・よい絵本

掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部
この記事の関連キーワード
人気連載
JavaScriptをOnにしてください