スタイルトップ  >  おでかけ   >   【招待券プレゼント】体感できる恐竜王国へようこそ!「ギガ恐竜展2017ー地球の絶対王者の謎ー」開催

【招待券プレゼント】体感できる恐竜王国へようこそ!「ギガ恐竜展2017ー地球の絶対王者の謎ー」開催

ルヤンゴサウルス 環境復元画

いよいよ夏休み!
水族館や博物館、美術館と展覧会、子ども向けのイベントも多い中、やっぱり夏といえば恐竜展。

楽しみにしている子どもたちやママ・パパも多いのではないでしょうか?


この夏、注目の恐竜展のひとつが、7月15日に幕張メッセで開催した「ギガ恐竜展2017-地球の絶対王者のなぞ-」

なんと日本恐竜展史上最大となる恐竜をはじめ、日本初公開の全身復元骨格や化石標本、生体モデルやロボットなど200点以上を間近に見ることができるんです。

 

まるで“体感できる恐竜王国”。

この夏、必見の日本最大規模の恐竜展のみどころに迫ります!

 

【読者限定プレゼント】

絵本ナビスタイルでは、特別にユーザーのみなさんを展覧会へご招待!

5組10名様のチケットをプレゼントします。

ふるってご応募くださいね!

「ギガ恐竜展2017ー地球の絶対王者の謎ー」みどころは?

およそ2億3000万年前から6600万年前まで、地球は「恐竜が大繁栄する惑星」でした。

恐竜は、なぜ1億6400万年もの長きにわたって、この地球上で絶対王者として君臨することができたのでしょう?

 

その大きさや形、ライフスタイルや進化の道筋から「恐竜大繁栄の謎」を追います。

【みどころ1】超巨大恐竜「ルヤンゴサウルス」を日本初公開!

ルヤンゴンサウルス 全身復元骨格(河南省地質博物館所蔵)

全長約38メートル、高さ14メートル、世界最大級の超巨大竜脚類「ルヤンゴサウルス」の貴重な実物化石と、全身復元骨格を日本で初めて展示します。

圧巻の迫力を、間近で見ることができます。

【みどころ②】新種と判明したばかり「中国の赤ちゃん竜」実物化石を日本初公開!

ベイビー・ルイの愛称で呼ばれる、世界で唯一の大型オビラプトロサウルス類で、かつ卵から孵る前の状態の実物化石が日本初公開されます。
中国からアメリカに密輸されるなど様々な出来事を経て、2017年5月にベイベイロン・シネンシスと学名が付けられたばかり

貴重な化石です。
 

【みどころ③】共食い説を裏付けるティラノサウルスを日本初公開!

「ティラノサウルスは共食いをしていた!」
その説を裏付ける、尾が食いちぎられたとされるティラノサウルス(愛称:ワイレックス)の全身復元骨格も日本初公開。

当時の様子を再現したCG映像もあって、迫力満点です。

ティラノサウルス(愛称:ワイレックス)環境復元画
ティラノサウルス(愛称:ワイレックス)全身復元骨格(ヒューストン自然科学博物館での展示風景)

恐竜のヒミツに迫る!展覧会の構成

恐竜展では全体を7つのテーマで構成され、恐竜の基礎知識から最新の研究成果までが紹介されます。

 

1. 恐竜とは?

「恐竜はいつからいたのか?」「首長竜と恐竜の違いとは?」など、恐竜の基礎が分かるコーナー。

原始的な恐竜が私たちを出迎えてくれます。

 

2. さまざま形の恐竜たち

角のある恐竜や鎧を持つもの、頭が大きく膨らんでいるもの、なかには“帆”を持つ恐竜まで、恐竜は、色々な形をしています。
その姿にはどのような意味があったのかが、紹介されています。

(左)コンカベナートル環境復元画 (右)コンカベナートル全身復元骨格(福井県立恐竜博物館所蔵)

3. 恐竜の内部を探る

発掘される恐竜は、その多くが骨や歯など丈夫な部分が化石となったものです。

では、皮膚の様子や脳の形、呼吸のしかたなどはどのように調べるのでしょうか。

「恐竜の生きている姿」を知るための、様々な手がかりを展示します。


4. 恐竜の生活

恐竜はどのような卵から生まれ、どのように成長するのでしょうか。

また、肉食・植物食など食性に加え、四足歩行と二足歩行の違いなど、恐竜はどのようなライフスタイルを持っていたのでしょうか。
貴重な卵の化石や、日本初公開となる世界で唯一の大型オビラプトロサウルス類の胚化石「ベイベイロン・シネンシス(愛称:ベイビー・ルイ)」、共食いの痕跡が残る日本初公開のティラノサウルス(愛称:ワイレックス)などを紹介します。

オビラプトルサウルスの卵(浙江自然博物館所蔵)

5. 恐竜の大移動

恐竜が生きていた中生代では地球の姿は今とは全く違い、大陸の移動や分裂に加え、気候も大きな変動を繰り返していました。

こうした環境の変化の中で、ティラノサウルス類は、当時陸続きであったアジアと北アメリカの大陸間を「大移動」しながら、進化を果たします。

羽毛の痕跡が残るアジアのティラノサウルス類であるユウティラヌスや北アメリカの原始的なティラノサウルス類であるビスタヒエベルソルなどが紹介されます。


6. 日本で繁栄した恐竜たち

恐竜が繁栄した時代にアジアの一部だった日本でも、各地で恐竜の化石が見つかっています。

中でも最も多くの恐竜が発見されている“恐竜王国”福井から、日本を代表する恐竜が紹介されます。


7. 恐竜の繁栄

約2億3000万年前から6600万年前までの1億6400万年もの長きにわたり、地球は「恐竜が大繁栄する惑星」でした。

恐竜たちの絶滅した原因を通して、生物の進化史における恐竜大繁栄の秘密が解き明かされます。

大人気「おかあさんといっしょ」歌のお兄さんが、音声でナビゲート!

音声ガイド/恐竜大繁栄の秘密を追え!なぞ解き冒険音声ツアー

恐竜は、誕生から1億6400万年もの間、地球の絶対王者として君臨することができたのか?その秘密とは…?

音声ガイドツアーをナビゲートするのは、この春惜しまれつつNHK「おかあさんといっしょ」を卒業したばかりの横山だいすけさん

この展覧会が、音声ガイドナレーション初挑戦です。

 

さあ、冒険のはじまり。
だいすけお兄さんと一緒に、恐竜の世界をのぞいてみましょう!

http://giga2017.com/highlight.html

ギガ恐竜展2017-地球の絶対王者のなぞ-


会期
2017年7月15日(土)-9月3日(日)(休館日なし=51日間)
開場時間
9:30ー17:00(入場は閉場30分前まで)
会場
幕張メッセ国際展示場11ホール(千葉市)
〒261-8550 千葉市美浜区中瀬2-1


主催
読売新聞社、幕張メッセ
協賛
Z会
後援
駐日中国大使館、千葉県、千葉市、千葉県教育委員会、千葉市教育委員会、千葉県私立小学校協会、チバテレ、bayfm78
特別協力
福井県立恐竜博物館、河南省地質博物館、浙江自然博物館、ニューメキシコ自然史科学博物館
学術協力
福井県立大学
協力
全千葉県私立幼稚園連合会、千葉市幼稚園協会、千葉県保育協議会、千葉県民間保育振興会、千葉市保育協議会、千葉市民間保育園協議会、JR東日本 千葉支社、京成電鉄、新京成電鉄、北総鉄道、東葉高速鉄道、首都圏新都市鉄道、千葉都市モノレール、京成バス、船橋新京成バス、千葉中央バス、千葉海浜交通、ちばシティバス、千葉内陸バス、ちば国際コンベンションビューロー
お問い合わせ

TEL.03-5777-8600(ハローダイヤル)

恐竜のこと、もっと深く、くわしく!

講談社の動く図鑑MOVE 恐竜 新訂版

大増ページの新訂版は新種の恐竜を多数掲載。海外の新進気鋭の研究者の寄稿コラムもあり、最新の研究結果に基づいた図鑑です。またDVDは61分にボリュームアップ! 最新CGアニメーションで、恐竜の誕生から絶滅までと、恐竜たちの、動いて、戦う姿が観られます。

新版 小学館の図鑑NEO 恐竜 DVDつき

No.1恐竜図鑑にDVDつき新版登場!

いちばん売れている恐竜図鑑『NEO恐竜』が全ページパワーアップして、新版登場!恐竜はもちろん、翼竜や首長竜など計400種以上を、進化のようすがわかりやすい系統順に紹介しています。
新版『恐竜』は、最新の研究にもとづいた精緻で美しいイラストと世界中から集めた貴重な写真が満載!さらに、ほかの図鑑では手薄になりがちな、日本全国で見つかっている恐竜も、ていねいに取り上げています。
また、恐竜の魅力の1つは、まだまだ謎が多いことです。そこで、研究者の間でも意見が分かれているテーマについては、それぞれの学説をわかりやすく解説することで、子どもたちの「自分で考える力」を育てます。

さらに、『小学館の図鑑NEO ドラえもん・のび太のびっくり恐竜DVD』を巻頭に封入。恐竜たちの生き生きとしたくらしのようすやティラノサウルスVSトリケラトプスの大迫力バトルを映像で紹介します。ナビゲーターは、ドラえもんとのび太が担当。小さい子どもたちにもわかりやすく、恐竜の世界をいっしょに冒険します。4つの番組に分かれた70分の映像は、類書中ナンバー1の長さです。

世界恐竜発見地図

探険! 発見! 地図のたび。
なんと地球は恐竜だらけだった!?

世界のどこで、日本のどこで、どんな恐竜が見つかっているか?
この絵本図鑑を開けば、それがわかります!
すべて描き下ろしで、登場する恐竜はなんと600頭!

恐竜、翼竜、魚竜を掲載し、類書にはない圧倒的な情報量。
『どうぶつのあしがたずかん』でおなじみのヒサクニヒコ先生、渾身の1冊です!

ハラハラ ドキドキ 恐竜のせかい
ティラノサウルス VS ケツァルコアトルス
最新の学説に基づく図鑑ページ付き

白亜紀後期の恐竜王者・ティラノサウルスは、どんな生活をおくっていたの? ハラハラドキドキ、大迫力の恐竜バトルを楽しみながら、6,700万年前の世界を知ろう! 最新の学説に基づく図鑑ページ付き。

これがティラノサウルス!?
毛がふさふさ、羽毛恐竜のヒミツにせまる!

恐竜の化石から次つぎと羽毛が発見された。
恐竜は羽毛をつかって、どのように生きていたのか。
いったい、恐竜はどんな生きものだったのか。
最新研究をもとに、恐竜の生態と進化のヒミツにせまります!

もっと恐竜とあそぼう!

ティラノサウルスのパズル、シルエットクイズ、化石当てクイズ、ステゴサウルスの間違い探し、肉食恐竜・草食恐竜迷路、三畳紀の森の恐竜探しなど、盛り沢山! 恐竜の知識で遊ぶ、楽しいゲームブック!

掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部

この記事の関連キーワード

人気連載