スタイルトップ  >  おでかけ   >   夏休み、親子で行きたい! 絵本展覧会「ことばらんどでたからさがし!中垣ゆたか展」

夏休み、親子で行きたい! 絵本展覧会「ことばらんどでたからさがし!中垣ゆたか展」

ページいっぱいに描かれた、人、人、人…一体何人の人がいるの?!

楽しそうな人、驚いている人、困ってる人…ひしめき合うたくさんの人々によーく目を凝らすと、一人一人はみんな違う顔、表情、動きをしていて。

絵本の中のあちらこちらで繰り広げられている、小さくて壮大なストーリーに子どもも大人もとりこになってしまう、中垣ゆたかさんの作品。

 

その中垣さんの展覧会が、東京町田市にある町田市民文学館ことばらんどで、9月18日まで開催されていると聞き、絵本ナビスタッフ親子もおじゃましてきました!

ことばらんどでたからさがし!中垣ゆたか展

みどころ① 絵本が目の前に飛び出した!色鮮やかで楽しい原画

ぎょうれつ」「よーい、ドン!」「さがすえほん ごちゃまぜ」など開くたびに新しい物語を見つけられる絵本をはじめ、今年4月には新刊「エーくんビーくんの なんでもつくります!」「あっちこっちえほん タロとチーコのひみつのだいぼうけん」、年内にも発売予定の新刊があり、精力的に創作活動をされている中垣ゆたかさん。

東京都町田市在住の中垣さんの個展が、地元である町田市文学館ことばらんど開かれています。

 

展覧会では、中垣さんのおなじみの作品から最新刊まで、80点以上の原画が以上が展示されています。

中垣さんの絵本を読み始めたら集中し過ぎて外界との通信をすっかり絶ってしまう子どもたち、絵本の中から飛び出してきた原画にも言わずもがな、食い入るように見入っています。

 

原画を見ると、そのにぎやかで細やかなイラストに、驚きと感動が増すばかり。

笑ったり、怒ったり、困っていたり、おしゃべりしていたり。

一人ひとりのキャラクターの表情が豊かで、飽きることがありません。それを見逃したくなくて、端から端まで目で追っていくと、あっという間に時間が過ぎていて。

ある絵本ナビスタッフ(昭和生まれ)が「中垣さんのイラストを見ていると、どこか懐かしくなる」と話していた言葉をふっと思い出しました。

カラフルでポップなイラスト、でもそのキャラクターたちはなんだかとっても親しみ深いんですよね。

絵本のおはなしはもちろんですが、このキャラクターたちが織りなす物語が気になって、何度絵本を開いてもワクワク楽しいのは、子どもも大人も、いっしょですね。

みどころ② 最新刊「タロとチーコのひみつのだいぼうけん」たからさがしへGO!

たっぷり原画を楽しんだ後は、絵本の世界に飛び込もう!

今回の展覧会のさらなるみどころは“たからさがし”。

最新刊『タロとチーコのひみつのだいぼうけん』の世界がめいろになって、展示室に再現されているのです!

 

さぁ、行ってみようか!と振り返った時には子どもたちはもういません。

館員の方にいただいた宝の地図「たからさがしワークシート」を持って、さっそく大冒険へと出かけていきました。

分かれ道をどう進むかによっておはなしの展開が変わるたからさがしは、絵本とは違う、自分だけのストーリーを楽しめます。

それにしてもこの迷路、絵本から飛び出して大きくなっても、なかなかどうして難しい。簡単にお宝は見つかりません!

 

・・・あまりお話しするととネタバレになってしまいそうなので、この辺で。

大人の方も果敢に挑戦してみてください!

あ!ちゃーんと宝の山にたどり着けた人には、お楽しみが待っていますよ♪

「あっちこっちえほん タロとチーコのひみつのだいぼうけん」の世界に飛び込もう!

あっちこっちえほん タロとチーコのひみつのだいぼうけん

選ぶ道でストーリーがどんどん変わる!

きみが選ぶ道でストーリーがどんどん変わる!さがしっこ等のあそびが70こ以上!個性豊かでおもしろい登場人物がいっぱい!何度も夢中で楽しめて、集中力と想像力を伸ばせる、今までにない素敵な遊び絵本です。

きみが選ぶ道でストーリーがどんどん変わる!
さがしっこやめいろ等、楽しい遊びが70こ以上!
個性豊かでおもしろい登場人物がいっぱい!

何度も夢中で楽しめて、集中力と想像力を伸ばせる、今までにない素敵な遊び絵本です。

みどころ③一体どうやって描いているの?創作のヒミツ

「この絵は、たくさんのこまかーな人々は、一体どうやって描かれているんだろう?」
中垣さんの絵本をめくりながら誰もが一度は、不思議に思うのでは。
この目で原画をみると、その思いはますます強くなるばかり…。


展覧会では、そんな中垣さんの“創作のヒミツ”にも迫っています。
一枚の絵を描き上げるまでの工程や愛用している画材、作品の貴重なラフスケッチのほか、中垣さんの一日の過ごし方まで!

たしかに、絵本作家さんやイラストレーターさんがどんなふうに一日を過ごしているのかって、気になりますよね。

「仕事」をテーマに、子どもたちの自由研究になっちゃうかも?!

中垣さんが小さい頃に遊んでいたおもちゃ(同世代のパパは懐かしすぎて大興奮まちがいなし!)、好きなマンガや映画のほか、パンクロッカーとしての顔も持つ中垣さんらしく大好きなCDも。
中垣さんの「好き」が、作品のおもしろさにもつながっているんだなぁと、そのルーツを知ることができます。

 

中垣さんの絵本を担当した各出版社の担当編集者が語る「中垣さんのこと教えて!」インタビューも必見。

そのエピソードからは、作品だけではわからなかった意外な?予想どおりな?お人柄を知ることができて、ますますファンになっちゃう方も多いのではないでしょうか。

入り口では中垣さんがお出迎え!

展覧会は9月18日(月・祝)まで開催中。

この内容で無料!親子でたっぷり楽しめる展覧会、ぜひ足を運んでみてくださいね。

町田市民文学館ことばらんどは、JR・小田急線町田駅から徒歩で10分ほど。

 

お子さん連れのみなさんは、帰り道、文学館そばにある豊かな自然に囲まれた芹が谷公園内の広場で水遊びを楽しむコースも、オススメの夏の一日です。

絵本展覧会「ことばらんどでたからさがし!中垣ゆたか展」

 

開催日時:2017年7月15日(土曜日)から9月18日(月曜日)

開催時間:10時から17時

休館日:毎週月曜日(ただし、7月17日、9月18日は開館)、8月10日(木曜日)、9月14日(木曜日)

場所:町田市民文学館2階展示室

観覧料:無料

協力:偕成社、教育画劇、佼成出版社、小学館、福音館書店、フレーベル館、ほるぷ出版

 

>>くわしくはこちら

 

http://www.city.machida.tokyo.jp/bunka/bunka_geijutsu/cul/cul08Literature/tenrankai/20170531153917235.html

中垣ゆたかさんの作品

ぎょうれつ

細かくかきこまれた行列を楽しむ

あれ、なんのぎょうれつ? 並んでみたら思っていたよりもずっと長かった!細かく書きこまれたたくさんのおもしろい人たちのぎょうれつを楽しむ絵本。

よーい、ドン!

「いちについて、よーい、ドン!」町の大運動会は、ちびっ子競争、ムカデ競走…幼稚園の子どもも知っている身近な競技ばかり。ぼくがどこにいるかわかるかな?さがし絵の要素も入った新感覚絵本。

掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部

人気連載