スタイルトップ  >  おでかけ   >   【招待券プレゼント】猫好き画家の素敵な暮らし「猪熊弦一郎展 猫たち」@Bunkamura ザ・ミュージアム 3/20~4/18まで

【招待券プレゼント】猫好き画家の素敵な暮らし「猪熊弦一郎展 猫たち」@Bunkamura ザ・ミュージアム 3/20~4/18まで

「いちどに1ダースの猫を飼っていた」猫好き画家の「猫たち」を見る

作家や画家には無類の猫好きが大勢いるとはよく言われることですが、画家・猪熊弦一郎さんほど猫好きで猫をたくさん描いた人はいないのではないでしょうか。

 

2018年3月20日(火)から4月18日(水)までBunkamura ザ・ミュージアムにて「猪熊弦一郎展 猫たち」の開催を記念して、絵本ナビスタイルでは、無料ご招待券をプレゼントいたします!猫好きな人、猪熊弦一郎さんが好きな人、または絵を見て気になった人、春のおでかけにいかがでしょう?この機会にふるってご応募くださいね。

猫好きの画家・猪熊弦一郎さんを猫からひもとくユニークな展覧会

猪熊弦一郎(いのくま・げんいちろう)( 1902-1993年)さんは、百花繚乱の昭和の画壇にあって試行錯誤を繰り返しながらも、常に独自の境地を維持し、極めて個性的な作品群を残した画家です。

 

「いちどに1ダースの猫を飼っていた」ほどの無類の猫好きとして知られ、私生活でも作品のモチーフとしても猫は重要な存在でした。本展は彼が愛した猫たちを描いた作品を堪能しつつ、猪熊弦一郎の奥深い世界に触れるきっかけとなるよう企画された展覧会です。猪熊の地元・香川県の丸亀市猪熊弦一郎現代美術館所蔵の猫を描いた油彩、水彩、素描を中心に、猫以外の主題の作品も加えた百数十点によって構成された展覧会です。

猪熊弦一郎さんはどんな人?

画家。1902年香川県高松市生まれ。東京美術学校で藤島武二に師事。1938~1940年滞仏、アンリ・マティスに学ぶ。1955年再びパリへ向かう途中、立ち寄ったニューヨークに魅了され、そのまま同地に留まりアトリエを構える。およそ20年間ニューヨークを拠点に活動、渡米をきっかけに画風は具象から抽象へと大きく変化した。帰国後は東京とハワイを行き来し生涯現役で制作を続ける。1991年故郷に丸亀市猪熊弦一郎現代美術館開館。1993年 90歳で逝去。JR上野駅の大壁画《自由》や三越の包装紙デザインでも知られる。 

展覧会の見どころ

◆1.無類の猫好き画家が描いた数百匹の猫たちが大集合。

 

「いちどに1ダースの猫を飼っていた」ほどの猫好きとして知られた画家、猪熊弦一郎さん。たくさんの猫に囲まれた暮らしのなかで、猫をモチーフに写実的なスケッチ、シンプルな線描、デフォルメした油彩画など実にさまざまな作品を描きました。本展では百数十点にのぼる作品をご紹介します。

 

◆2.猪熊弦一郎の奥深い世界に触れるきっかけとなる。

 

戦前にはマティスと交流し、戦後は20年間ニューヨークを拠点に活躍、その後はハワイでも活動した猪熊弦一郎は、昭和の百花繚乱の画壇で極めて個性的な作品群を残しました。猫以外の主題の作品も加えた本展の構成は、猪熊の奥深い芸術世界に触れるきっかけになるでしょう。

 

◆3.香川県で開催された話題の展覧会が東京にやってくる。

 

地元では親しみをこめて「いのくまさん」と呼ばれる猪熊弦一郎さん。香川県にある丸亀市猪熊弦一郎現代美術館で2015年に開催された「猫達」展は、絵画ファンのみならず、全国の猫好きの人々が訪れて話題となりました。今回、パワーアップして東京にやってきます。
 

展覧会情報

展覧会名:猪熊弦一郎展 猫たち
会 期:2018年3月20日(火)~4月18日(水)会期中無休
会 場: Bunkamura ザ・ミュージアム 〒150-8507 東京都渋谷区道玄坂2-24-1
TEL:03-5777-8600(ハローダイヤル)
開館時間:10:00~18:00 毎週金・土曜日は21:00まで(入館は各閉館の30分前まで)
主催:Bunkamura

特別協力:丸亀市猪熊弦一郎現代美術館

     公益財団法人ミモカ美術振興財団

協力:ilove.cat
入館料(税込み):一般1300(1100)円、大学・高校生900(700)円、中学・小学生600(400)円
※( )内は前売および団体料金

※団体は20名様以上。電話でのご予約をお願いします。(申込先:Bunkamura  Tel:03-3477-9413)
※学生券をお求めの際は、学生証のご提示をお願いいたします。(小学生は除く)

※障害者手帳のご提示で割引料金があります。詳細は窓口でお尋ねください。

掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部
人気連載
JavaScriptをOnにしてください