スタイルトップ  >  おでかけ   >   東京で開催!絵本のひきだし 林明子原画展@松屋銀座 2018/07/19-29

東京で開催!絵本のひきだし 林明子原画展@松屋銀座 2018/07/19-29

『はじめてのおつかい』(1976年) 筒井頼子・作、林明子・絵、福音館書店刊、原画は宮城県美術館蔵

約200点「はじめてのおつかい」「こんとあき」など懐かしい絵本の原画が一堂に!

林明子さんが描いた初めての物語絵本「はじめてのおつかい」が出版されたのは、1976年。

それから現在に至るまで、ベストセラー絵本としてたくさんの方に支持され、今も大切に読み継がれています。「こんとあき」「あさえとちいさいいもうと」など、みなさんご存じの林明子さんの絵本は、発行総数1,600万部を超え、世代を超えて愛され続けているものばかりです。

 

松屋銀座では、このたび、絵本作家・林明子さんの絵本原画を一堂に集めた“はじめての展覧会”が、2018年7月19日(木)~7月29日(日)まで開催されます。展覧会では、絵本の中の子どもたちが見せるほんのわずかな心の揺らぎや、“葉っぱ一枚一枚のみずみずしさ”まで優しく繊細に描き出した、林明子さんの美しい原画約200点を展示します!この展覧会は、昨年より全国を巡回した林明子さんのはじめての大規模な原画展です。各地で大変好評を得た巡回のラストを松屋銀座が飾ります。

期間は短いですが、林明子さんの絵本の原画に出会える貴重な機会です!お見逃しなく!

『おふろだいすき』(1982年) 松岡享子・作、林明子・絵、福音館書店刊、原画は宮城県美術館蔵

展覧会「絵本のひきだし 林明子原画展」の展示構成

●第1章 若きイラストレーターとして

1973年に科学絵本「かみひこうき」(かがくのとも)の挿絵をてがけ、絵本作家への扉を開けました。展覧会のはじまりに、デビュー初期に描かれた「かみひこうき」「しゃぼんだま」(かがくのとも、1975年)など初期の作品を原画で紹介します。また、デビュー以前にイラストレーターとして活動していたころの初々しい作品も展示。林さんの「はじめの一歩」を感じていただきます。

 

●第2章 はじめてのおつかい

林明子さんにとって、初めての物語絵本となった「はじめてのおつかい」(1976年)。文を担当した筒井頼子さん(同じく本作がデビュー作)とのエピソードなど、作品の背景にも触れながら、懐かしい場面を原画で一堂に展示します。林さんと筒井さんのふたりはその後、「あさえとちいさいいもうと」「いもうとのにゅういん」をはじめ「おでかけのまえに」、「おいていかないで」「とんことり」を共作。いずれも幼い女の子の胸のドキドキが聞こえてきそうな、6つの名作をコンビで生み出していきました。ふたりが作品にこめた思いや、モデルになった子どもたちとの制作秘話などもご紹介します。

 

●第3章 ふくらむ作品世界

林さんは、様々な作家との共作で、数々の名作を生み出してきました。家の中にかくされた手紙をたどって物語が進む『きょうはなんのひ?』(作・瀬田貞二)、次々に現れるゆかいな動物たちと一緒におふろを楽しむ『おふろだいすき』(作・松岡享子)、見知らぬ街でひとり立ちする魔女の女の子の姿を描いた『魔女の宅急便』(作・角野栄子)など、どれもとても魅力的な物語です。内容や趣はそれぞれに異なりますが、林さんは物語に合った技法や表現で鮮やかに世界を描き出していきます。

 

●第4章 林明子のものがたり

林さんは、「はじめてのキャンプ」(1984年)ではじめて文・絵とも自作の絵本を生み出しました。

以降、「はっぱのおうち」「こんとあき」「まほうのえのぐ」など、愛らしい女の子を主人公に、何げない日常におとずれるファンタジーが魅力の物語を描き出していきます。この章では、林作品の真骨頂ともいえる繊細な描写を、林さんが文・絵とも自作した絵本の原画でお楽しみいただきます。

 

●第5章 様々な技法で

林さんは、繊細な水彩画のほか、様々な手法で絵本制作に取り組みました。

1986年に出版された「おつきさまこんばんは」は、印刷の色版ごとに原画を描き分ける「描き分け」の手法でつくられたシンプルでカラフルな作品。「でてこい でてこい」では、切り絵の手法を用いました。様々な技術を駆使し、作品に寄り添った表現を模索していった、林さんの技術の高さと多様さを紹介します。

 

●第6章 そして、ひよこさん

2013年、林さんは、夫で児童文学者の征矢清(そやきよし)さんと作った「ひよこさん」を発表しました。ちいさなひよこがおかあさんのあたたかさにふれる、やさしい物語が、林さんの最新作です。ふわふわとしたひよこの羽毛や、ページごとに刻々と色を変える空の色の鮮やかさなど、林さんの繊細な技術が光ります。

『かみひこうき』(1973年) 小林実・文、林明子・絵、福音館書店刊、原画は宮城県美術館蔵
『はっぱのおうち』(1985年) 征矢清・作、林明子・絵、福音館書店刊、原画は宮城県美術館蔵
『ひよこさん』(2013年) 征矢清・作、林明子・絵、福音館書店刊、原画は宮城県美術館蔵
『とんことり』(1986年) 筒井頼子・作、林明子・絵、福音館書店刊、原画は宮城県美術館蔵
『はじめてのキャンプ』(1984年) 林明子 作・絵、福音館書店刊、原画は宮城県美術館蔵

林明子さんの絵本

こんとあき

とっても、とっても、とってもよかったー。


この絵本には、たくさんの素晴らしいものが、たくさん、たくさん詰まっています。ここには、とても書ききれないくらい・・。ただのきつねのぬいぐるみであるこんが、どんな時にも忠実にあきを守ろうとする姿に胸を打たれました。それは、きっと自分を作ってくれたおばあちゃんが、最初にあかちゃん(あき)のお守りをたのんだからでしょう。腕がほころんでも、しっぽを電車の扉に挟まれても、犬にやられてあきの言うことがよくわからなくなっても、どんな時でも自分のことより、あきが不安にならないように「だいじょうぶ、だいじょうぶ」と言って気丈に振舞います。でも、あなたは、あきよりも小さなぬいぐるみなのに・・・。もう、胸がきゅんとなり、どうか助かりますようにと、祈らずにはいられなくなりました。優しい、優しいおばあちゃんになおしてもらい、後はお風呂に・・・というところで、今まで見せたこともないほど、慌てて、お風呂を嫌がって逃げるこんが、すごくかわいくってたまりません。
登場人物の表情、質感がどれも見事で、瑞々しく、いとおしくなります。特に、私は、あきが電車の窓に、ほっぺをぺたっとくっつけて、こんが戻って来るのをじーっと待つ姿。彼女の内面の不安が見事に描かれています。林明子さん、どうしたらこんなに優しい絵が描けるのですか。ただ、ただ、親子で大満足です。本当に心がぽかぽか温まる素晴らしい絵本でした。
(はなしんさん 30代・千葉県市川市  女5歳、男3歳)

ひよこさん

親子のあたたかさ


あかちゃん向け絵本なのでとても単純です。
でもそこが1歳児の興味をひくらしく、しっかり見てくれています。
このシリーズはどれも2歳前の子に大ヒットするので
本当に大助かりです。

この絵本、ひよこがとてもかわいいのですが
それもそのはず「おつきさまこんばんは」などでおなじみの
林明子さんのイラスト。

色使いもとっても素敵で癒される1冊です。

(ぺんぎんさんさん 40代・茨城県 男の子3歳、男の子1歳)

まほうのえのぐ

描きたい病がむくむく。 


よしみちゃんはお兄ちゃんが大事にしてる絵の具を、なんとか貸してもらえます。絵を描いているうちに、動物たちが絵の具を一本、また一本と、持っていってしまいます。その動物たちを追いかけていくと・・・・。動物たちとよしみちゃんとのふれあいが、会話があるわけでもないのに、こちらにとても伝わってきます。それぞれが描く絵がこれまた「なんかわかるー」と言いたくなるように個性的でぴったりとしてるのです。よしみちゃんの絵もお兄ちゃんがひっくりかえっちゃうほど上手に描けてます。絵の具をぺたぺたと思いっきり絵を描きたくなる一冊です。
(うさ。さん 30代・大阪府箕面市  女5歳)

おふろだいすき

きみはおふろはすきですか?  


って聞かれたら『はい!』っていいお返事ができちゃうような、たのしくてあったかい絵本です。まこちゃんとプッカのおふろには、かめやペンギン、おっとせいやおおきなかばや、クジラまで出てきちゃいます。せっけんのいいにおいと、ふわふわのゆげがいっぱい詰まった、まこちゃんのおふろ。おっとせいが作る大きなしゃぼんだまや、かばの耳の裏を洗うところや、クジラのシャワーなど、ウチの子供が大好きなページがいっぱいです。おかあさんの声でみんなが消えちゃうのが、私としてはもどかしいところではありますが・・・おかあさんもおふろがすきですよ~♪
(ねこゴハンさん 30代・千葉県船橋市  男8歳、男2歳)

林明子さんプロフィール

1945年東京生まれ。絵本作家。大学卒業後、イラストレーター真鍋博のアトリエに入る。独立し、1973年にはじめて絵本「かみひこうき」(「かがくのとも」56号、福音館書店)に挿絵を添える。

1976年、筒井頼子氏とともに初の物語絵本「はじめてのおつかい」を出版。「こんとあき」「まほうのえのぐ」「あさえとちいさいいもうと」等絵本作品を多数発表。角野栄子「魔女の宅急便」(1985年、福音館書店)の第1巻の挿絵も担当。

展覧会情報

絵本のひきだし 林明子原画展

会場  :松屋銀座8階イベントスクエア

会期  :2018年7月19日(木)~7月29日(日)

時間  :10:00~20:00

     (7月22日(日)は午後7時30分閉場、7月27日(金)は午後8時30分閉場、

     最終日は午後5時閉場/入場は閉場の30分前まで)

主催  :朝日新聞社

協力  :福音館書店

出品協力:宮城県美術館

入場料金:一般 1,000円(700円)、

     高校生 700円(500円)、中学生 500円(400円)、小学生 300円

     ( )内は前売り料金

前売り :2018年6月末より、ローソンチケット他で7月18日まで販売予定

問合せ :松屋銀座 03-3567-1211

掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部
人気連載
JavaScriptをOnにしてください