スタイルトップ  >  おでかけ   >   秋のおでかけならココ!LET’S GO!親子で大満足の1日体験!「ツインリンクもてぎ」

秋のおでかけならココ!LET’S GO!親子で大満足の1日体験!「ツインリンクもてぎ」

おでかけ 2016.10.17
[PR]ツインリンクもてぎ×絵本ナビ

肌を撫でる風にすっかり秋を感じると、紅葉が楽しめる季節が近づいてきた!と自然とワクワクしてきませんか。
秋は絶好の行楽シーズン、今年は家族でどこに出かけよう・・・?選択肢も多くて迷ってしまいますよね。
そこで、絵本ナビ編集部では、たくさんある選択肢の中から森の中のモビリティテーマパークをご紹介したいと思います。子どもたちが一人で運転することができる「のりもの」がたくさんあったり、キャンプを楽しめたりするツインリンクもてぎ。知る人ぞ知るそのテーマパークは驚くほど魅力がいっぱいなんですよ!中でも親子で一緒に発見・体験し、子どもの成長を楽しめる場所として、森とおもいっきりふれあうことができるハローウッズの魅力にフォーカスしてお伝えします!
しっかりと予習ができたら、この秋にご家族でツインリンクもてぎデビューはいかが?

【限定5名様】自然をたっぷりご満喫ください!入場ご招待券をプレゼント!

今回、秋の行楽シーズン真っ只中、特別に絵本ナビユーザーのみなさんに入場ご招待券をプレゼントいたします。この機会を逃すことなく、是非ご応募くださいね!親子で忘れられない素敵な体験が待っていますよ。

http://www.ehonnavi.net/ehon00adv.asp?no=9541

森が、サーキットが、星空が!親子で楽しめるこんな場所があったんだ!

「ツインリンクもてぎ」を知ってますか?

クルマやバイク好きのパパがいるご家族ならご存じの方も多いはず。栃木県にある「ツインリンクもてぎ」は、東京ドーム137個分の広大な面積をもつクルマやオートバイのレースが開催されるレーシングコースがある施設です。もちろん、レースが行われる日にはモータースポーツファンで大変賑わう場所なのですが、実はそれだけではないのです!サーキットの横に広がる大自然を体感できる森・ハローウッズや、子どもも楽しめる本格的なのりものを運転できるモビーパーク、そしてグランピングが体験できるキャンプも楽しめてしまう、日帰りでも1日たっぷり満喫できる場所なのです。これは行くしかない!

虫の目線・鳥の目線から、知らなかった森のすべてを遊びつくす!ハローウッズ体験

子どもの目がキラキラ輝きだす!森の「ドラマ」を発見するのはわたし!

いざハローウッズへLET’S GO!ハローウッズには、エントランスゾーンにある「遊びエリア」、森の中で思いっきり遊ぶ「遊び・体感エリア」、森の生き物たちと出会ってつながりを体感できる「発見・体験エリア」、感動的な絶景を楽しめる「展望エリア」と大きく分けて4つのエリアがあります。森の奥へすすめばすすむほど、新鮮な空気とそこに広がる大自然にビックリ!ハローウッズには、多様な生命を育むために、手を入れる場所、手を入れない場所を敢えて作っているのだそう。それは、森そのものが教材であり、いろいろなことを学ぶことができる教室という考え方から。木も虫も植物もみんな本物!「あっ見て!トンボだ。」「このお花なんていう名前だろう?」ゲームやアニメではできないリアルな驚きと楽しい体験がたくさん待っていますよ。

この時期に出会える生き物たちを見つけて、じっくり観察してみよう!

年間を通じて、ハローキッズの森で会える生きものは、なんと4,800種類というのだから驚きです。
秋、冬、春、夏、豊かに変化を続け、私たちに違う表情を見せる森とそこに住む生きものたち。訪れるたびに新鮮な発見がありそうですね。
森のインフォメーションでは、森の旬や見どころ、楽しみ方を聞いて、季節ごとに変わるおすすめコースやスポットを教えてもらいましょう。

自分で見つけたら教えてもらおう!森の案内人キャストスタッフ

ハローウッズでは、森の案内人であるキャストスタッフが森のことをいろいろと教えてくれます。森ならではのふれあいが待っている発見・体験エリアでは、森のエキスパートであるキャストに話しかけてみましょう!ちょっとしたヒントをもらって、なかなか姿を見せてくれない動物や虫の「気配」を感じながら森を歩くと、感覚が研ぎ澄まされていろいろなことに気づくはず。

森の中で一番高い、標高220メートルの「カブトムシの丘」には、カブトムシが大好きなクヌギやコナラの樹に囲まれていて、全高18メートルから森を観察できる樹冠タワーがあります。他には、どんぐりの木とそのどんぐりを食べる生きものたちの生態や知恵を学べるアカネズミの広場や日本の里山を再現した美しいハッチョウトンボの棚田。そして、教えてもらったことを実践できる生命の広場で、石や木に隠れている生き物を探したり、森からそそぐミズスマシの沢で、珍しい野草やカエルを見つけたり。子どもたちは、夢中になって自分で発見する楽しみや観察することで知るたくさんの気づきに目がキラキラ!大人たちも一緒に大興奮!

新しい才能が開花?!森のクラフト体験!

ハローウッズの楽しみのひとつに、ものづくりがあります。
豊かな里山で、自然と元気にふれあう時間をすごした記念に、森のクラフトにも挑戦してみましょう!いろいろ木の実や枝をつかったクラフト。ノコギリやナタだって使っちゃいます。ここでは、「危ない」と言われていることを体験することで、「安全」を自ら体験して覚えます。道具を使って自由に作ることを覚えたら、新しい自分を発見できそう!これはご家族で楽しめますね。
※【毎日開催】ガイドウォークやクラフト体験など森あそび・ものづくり
現在開催中の森あそび情報
現在開催中のものづくり情報

http://www.twinring.jp/hellowoods/program/

【予約制特別プログラム】

自然体験プログラムには、アウトドアのプロと一緒に参加できる様々な「体験」が用意されています。植物や昆虫、いろんな生き物を観察できる自然体験フィールドをはじめ、クラフト工房やオートキャンプ場、冒険教育ができる施設もあります。キャンプやアウトドアクッキングなど、「やってみたいけど、上手くできるか不安」という方も安心のプログラムです。新しいことにチャレンジしたい方に特におすすめします!>>>

「できた!」「やったね!」頭と体を使って、森とおもいっきり遊んじゃおう!

たっぷりと自然を満喫するエリア以外にも、思う存分体を使って、たくさん遊べるエリアもありますよ。森への入り口にある「遊びエリア」では、これから待ち受けるワクワクを期待させる楽しいものがいっぱい。じゃぶじゃぶ池で遊んだら、冒険の塔へ。こわくない?渡れるかな?一気にドキドキの冒険のつりばしへ。その先に待っているのは・・・?

「遊びエリア」の先には、森の中にある「遊び・体感エリア」があります。
ここは、頭と体を使った遊びゾーン。登って、跳んで、どんどん森の中へ入っていきます。250㎡の笹藪に張り巡らされた「うりんぼ迷路」の中には、なんと9mのつり橋も!自然の中で、どこまでできるか、自分の力をたくさん発揮してみるいい機会!自分の体験から実感した「できる」は絶対に忘れられない子どもの成長につながります。日頃運動不足のママやパパより大活躍しちゃうかも!

鳥の目線で森の中を飛ぶ!爽快感がクセになる!2タイプのジップライン!!

日本最大級!往復561m 森からサーキットの大空へ空中散歩!

「ツインリンクもてぎ」に行く目的はこれ!というぐらい大人気の空を滑走できるジップラインが2種類あります。「メガジップラインつばさ」は、ハローウッズの森とサーキットを繋ぐ、壮大なスケール感を体感できます。折り返し地点となる中間デッキからは、国際レーシングコースが一望でき、眼下には、のりものであふれる、賑やかなモビーパークが広がります。景色を眺めなら季節を感じることのできる、気持ちのいい爽快感がクセになるアクティビティです。爽快感だけでなく、秋~夏まで四季折々の景色も一緒に楽しめますよ!
(※体重制限:35Kg以上90kg以下の方)

ムササビの気分になって、森の中を大滑走!吊り橋を渡り、木々の上から大自然を観察!

「森のジップライン ムササビ」は、まるでムササビのように森の中を、6本のジップラインと3本のつり橋をわたりながら、木々の観察がじっくりできるアクティビティです。その全行程にかかる時間は、なんとおよそ90分!キャストのガイドを受けながら進んでいきます。樹冠タワーでは、普段見ることのできない、木の上の枝や葉の茂っている、光合成など樹木の活動が活発に行われている世界が間近で観察できます。ゆらゆらゆれるつり橋を渡る「樹間トレイル」は樹間をすり抜け、地面より少し高い位置から里山を楽しむことができます。まるで森の中の小動物みたいに、動き回り、鳥のように森の中を飛び回る、今までに体験したことのない爽快感が待っています!

はじめての「のりもの」デビューは自分で運転できちゃうモビパークへLET’S GO!

お好きなのりものをどうぞ!未就学児から大人まで、年齢別に楽しめるのりものがたくさん!!

「ツインリンクもてぎ」でのもう一つのお楽しみといったら、やっぱり「のりもの」!
特にここでは、どんなに小さなお子さんでも楽しめるのりものが充実しています。特に、はじめてのりものを自分一人で操作し、成功体験できる貴重なおすすめの場所なんです。

「楽しい!」がいっぱい!凸凹道、坂道、水の中も走れるアクロエックスを運転!

小学3年生以上のお子さんから一人で運転ができるアクロエックス。2歳から小学2年生までのお子さんなら中学生以上の付き添いで乗れるこののりものは、本物のクルマみたい!凸凹道や、坂道、はたまた水の中までどんな道も走ることができちゃうんです!家族やお友だちと協力しながら、ドキドキの悪路を突破して高得点をねらっちゃおう!

できた!はじめてのバイクに挑戦できちゃう!街や森の中をツーリング

3歳以上で補助なしの自転車に乗れるお子さんならキッズバイクトレーニングにのることができます。トレーニング終了後にはライセンスも発行されちゃうんだから本格的!ライセンスを取得したら、街や森の中を走れるキッズバイクツーリングにも挑戦できますよ!はじめてのバイクに大興奮!颯爽とうきうきツーリングです。

まだまだあるよ!自分で運転!楽しいドライブを満喫できちゃう!

小さい子が自分で運転できるのりものもまだまだありますよ~!ピンキーバイクやピンキードライブはなんと3歳からOK! テールスライドするクルマで本格レースが楽しめちゃうドリフトキッズレーサーは小学1年生から乗れちゃいます。

本格派はプロレーサー顔まけ?!走る!ラップタイムで競うモトレーサー

もちろん、お友だち同士、ご家族でタイムを競うこともできるモトレーサーや、本格ドリフト走行が楽しめるドリフトSなど子どもも大人も楽しめるのりものも!
 

走行タイムによってランクのちがう、自分の写真入りライセンスカード(※有料)も子どもたちにはたまらないご褒美!ここでもたくさんの「できる」を体験できますよ。自信をつけた、笑顔いっぱいのわが子を誇らしく見守りたいですね!

のりものが気になる子におすすめの絵本は?

「みつけてごらん!」「どーこだ?」 子どもと大人がいっしょに楽しみながら、さまざまなのりものを知る写真絵本。

たくさん遊んでおなかが空いたら、美味しいものを!期間限定のイベントチェック!

秋の森フェスタで、秋の味覚を楽しもう!!

思いっきり遊んだあとは、やっぱり「おなかがすいた~」。
そんな、みなさんは、おいしいイベントにでかけましょう!
ツインリンクもてぎでは、期間限定のイベントも頻繁に開催されているんです。今なら、秋の森フェスタが開催中ですよ。おすすめイベントは、11月5日(土)6日(日)に予定されている「森のワンスプーンピクニック」。いろいろな美味しいものをちょっとずつ味わいたいなぁ、そんな贅沢な願いを叶えてくれるワンスプーンピクニックは、栃木の魅力たっぷりです!是非、ご家族で美味しい時間を過ごしてくださいね。

http://www.twinring.jp/autumn_m/

ゆったりと家族だけの時間をすごす森と星空のキャンプヴィレッジ

森の中でデイキャンプ?グランピングエリアで過ごす特別な時間!

日帰りでも、宿泊でも楽しめる森と星空のキャンプヴィレッジは、家族でのんびり過ごすのに最適な時間を提供してくれます。テントの中で過ごす時間はどこか非日常的!子どもはもちろん大人もワクワクしちゃいます。準備をしてこなくても気軽にBBQも楽しめるのがうれしいところ。それもシェフが厳選した食材で!なんとも美味しくて贅沢なひと時ですね。

夜はまた一段と優雅な時間。星空を眺めながら今日あった1日の出来事を振り返って・・・。

自然の中で森の空気を思いっきり感じながら宿泊したいなら、ログキャビン(トレーラーハウス)もおすすめ!テントや寝袋に抵抗のある方はここから挑戦してみてはいかがでしょう?

子どもとゆったり過ごす時間におすすめの絵本は?

おやすみなさい

森に夜がやってきました。静かな月明かりの下で、おやすみの時間がみんなにやってきます。ページをめくるごとに深まる夜空。眠りにつく準備をする動物の親子や植物たち。カヒミ カリィさんの、心地よくて優しいリズムの文章とともに、自然の気配や音に耳をすませ、静かに眠りたくなる絵本です。
 

まだまだあります!ゆっくり宿泊したら・・・こんなところも楽しんで!

ゆっくりと宿泊して楽しむなら、ホンダコレクションホールは絶対見ておきたいですね。ASIMOのスーパーライブも要チェック!何回きても、飽きることのない、大人から子どもまで楽しめるテーマパークです。

いかがでしたか?
魅力的な日帰り旅行の候補先として、是非くわえてみてくださいね!
きっと、ご家族の忘れられない思い出がいっぱい作れますよ。

http://www.ehonnavi.net/ehon00adv.asp?no=9541

森の中のモビリティテーマパーク ツインリンクもてぎ

森でおもいきり遊べる「ハローウッズ」、お子さまから乗り物を運転できる「モビパーク」、歴代のHondaの2輪、4輪車両を約300台展示している「ホンダコレクションホール」、ゆったりと泊まれる「ホテルツインリンク」、自然を感じながら特別な時間を過ごせる「森と星空のキャンプヴィレッジ」など、ファミリーで日帰り、宿泊でお楽しみいただける森の中のモビリティテーマパークです。
http://www.twinring.jp/
掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部

この記事の関連キーワード

人気連載