スタイルトップ  >  絵本・本・よみきかせ   >   【クリスマス絵本 アドベントカレンダー2016】 24日までの毎日1冊絵本を紹介します!   >   【アドベントカレンダー】12月8日 おおきいツリー ちいさいツリー
【クリスマス絵本 アドベントカレンダー2016】 24日までの毎日1冊絵本を紹介します!

【アドベントカレンダー】12月8日 おおきいツリー ちいさいツリー

12月1日から24日まで、毎日1冊ずつ絵本をご紹介します。
クリスマス当日まで待つ楽しみを、絵本とともに味わってくださいね。

ちょっと大きすぎない…?

 

もうすぐクリスマスがやってきます。キラキラ輝く町のイルミネーションも素敵だけれど、おうちに飾るクリスマスツリーって、特別な存在ですよね。

 

ウィロビーさんのお屋敷に、トラックでツリーがとどきました。青々とした、見たこともないくらい大きなツリー。さっそく大広間に飾りますが、あれあれ、大きすぎて天井につっかえてしまいます。執事のバクスターが木の先っぽをおのでばっさり。ちょうどいいサイズになりました。

 

切られた先っぽは、小間使いのアデレードへのプレゼントに。アデレードの部屋に飾られたツリーはちょっぴり大きくて、はさみで先っぽをちょきん。その先っぽを庭師のチムが見つけて……。

 

今度は誰が拾うのかな? 自分のおうちにちょうどいいサイズにするために切られたツリーの先っぽが、見つけた人や動物たちの特別なクリスマスツリーになっていくようすは、まるで魔法のよう。なんとも楽しい気持ちになります。

 

そしてツリーがおうちにやってきたらどんな飾りつけをしましょうか。みんなのおうちをちょっとのぞいてみましょう。
金や銀のきらきらしたものや、鈴や、はちみつのお菓子や、ポップコーンを糸でつないだものや、チーズで作ったお星様! なんとも素敵なアイディアが満載です。それぞれのおうちのクリスマスの飾りつけもかわいらしくて、見どころのひとつ。

 

み~んな笑顔で幸せなクリスマス、いいですね。クリスマスを待ちながら、楽しみに読みたい一冊です。

 

(光森優子  編集者・ライター)

 

みんなのクリスマスツリー

 

数あるクリスマスツリーのお話の中で、一押しの絵本です。
ウィロビーさんのお屋敷に届けられた大きなツリー。
でも少々背が高すぎて天井につかえるのです。
早速先っぽをちょんぎってめでたし。
切れ端は小間使いにあげるのです。
ところが彼女のツリー置き場でもつかえて先っぽをちょん切って、
その切れ端を庭師が拾って…。
お話は延々と続きます。
最後の切れ端なんて、お屋敷のツリーからしたらとてつもなく小さいんですが、
それでもねずみ一家にはちょうどよい幸せサイズ。
おおきいツリーからちいさいツリーまでみんなみんな幸せ!
その発想が我が子達には受けました。
ツリーの存在感を感じます。
ページを繰るたびにツリーの緑色がとても素敵です。
いろんな人々、動物達の飾りつけも見所です。

 

(レイラさん 30代・ママ 男の子12歳、男の子9歳)

http://www.ehonnavi.net/feat/xmas_advent/adventcalendar.asp
掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部
人気連載
JavaScriptをOnにしてください