スタイルトップ  >  絵本・本・よみきかせ   >   絵本ナビ編集長の気になる1冊   >   もし地獄にいる恐ろしい鬼がサラリーマンだったら!?
絵本ナビ編集長の気になる1冊

もし地獄にいる恐ろしい鬼がサラリーマンだったら!?

 

もうすぐやってくる節分の日。大きな角と鋭い牙、恐ろしい顔をした鬼の面をちらほら見かけるようになる季節です。なにしろ災いや厄をもたらすと言われる鬼。迫力があるに決まっています。子どもたちだって、鬼が突然登場したら(お面だってわかっていても)泣き出したくなっちゃうのはわかりますよね。

 

でも、もし。
その恐ろしいと思っていた鬼が「サラリーマン」だったら。
ビシッとスーツを着込んで、名刺を持ち、毎朝地獄に通っているのだとしたら。
そんな奇想天外なことなんて、想像もつきません!

 

……ところがいるのです。サラリーマンの鬼が。
絵本の中に。

『オニのサラリーマン』は地獄カンパニーの平社員!?

オニのサラリーマン
オニのサラリーマン

お、オニがスーツを着込んでいる……なんというインパクトなのでしょう。

彼は赤オニのオニガワラ・ケン、地獄カンパニーの平社員。
今日も愛妻弁当を持ち、家族に見送られ、満員バスに揺られて地獄まで出勤です。

「オニガワラ、おまけ きょうは、なんの かかりや?」
「ちのいけじごくの みはりやねん」
「えぇなあ。らくちんやんか。」

お、驚くほど平凡な会話です。かつてないほど、地獄がお気軽に描かれています。
血の池地獄はまるでプール。
オニガワラさんは監視員のごとく注意をしながら、お昼の時間を迎えます。
美味しい愛妻弁当を食べ終わると、満腹になってコクリコクリ……

ハッ!大変です。
どんなに楽ちんだと言っても、居眠りはいけません。
気が付けば、血の池地獄に極楽からぶらさがっている“糸”にぶら下がり、亡者たちが大量に逃げようとしているではありませんか!! この光景、どこかでみたような……?

さてさて、大変なミスをしたオニガワラさんはどうなったのでしょう。
恐ろしい姿をして、コワイものなど何もなさそうなオニたちの日常も、意外に大変なのかもしれません。読み終われば、哀愁の漂ったその背中に同情と親しみの心が生まれてくるのです。

このヘンテコリンなお話を生み出したのは富安陽子さん。なんでも2014年のお正月にほぼこのストーリーのままの初夢を見たのだとか!?やっぱり普通じゃありません。そして、まるで見てきたかのように、画面隅々まで地獄カンパニーの様子を描き出す大島妙子さんの絵も素晴らしいのです。オニガワラ家で飼っているペットや町にあるお店など、サイドストーリーも気になって仕方がなくなるのです。是非、オニのサラリーマンの日常の続きを読みたいものです。

 

(磯崎園子 絵本ナビ編集長)

http://www.ehonnavi.net/ehon/110018/%E3%82%AA%E3%83%8B%E3%81%AE%E3%82%B5%E3%83%A9%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%B3/

面白くてひねりがきいている!(みんなの声より)

サラリーマン家庭にはズドンとヒットします。
めちゃめちゃおもしろい!関西弁なのもまた魅力!


地獄に勤めているサラリーマンの鬼が主役なのですが、
大島妙子さんの細かい描きこみも面白く、
隅々まで見たくなります。


地獄にはバス通勤なのですが、そのバスが
病院経由なので、バスを待っている妖怪が
風邪を引いていたり。
そして衝撃のオチは、なんとあの有名な
芥川作品のイメージなのです!!!
このひねりはすばらしい!
2015年下半期ベスト3に入ります。これは!


これを読んだ後に、蜘蛛の糸を読んであげたら
おもしろくてためになる読み聞かせ時間

間違いなしです!


(はっしゅぱぴーさん 40代・ママ )

掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部
人気連載