絵本ナビスタイル トップ  >  絵本・本・よみきかせ   >   【夏フェア 絵本】夏といえば、スイカ! スイカといえば、夏!

【夏フェア 絵本】夏といえば、スイカ! スイカといえば、夏!

 

暑い暑い夏。
汗をたくさんかきながら、かぶりつきたい果物といえば…
やっぱり「スイカ」ですよね。 美味しそう!

水分たっぷり、シャキシャキ食べれば大満足。
それは、絵本の中のキャラクターたちも同じ気持ちのようですよ。

小さな「あり」たちにとっては、とてつもなく大きくて…『ありとすいか』

ありとすいか

ありとすいか

ある夏の日の午後。
ありが見つけたのは、まっ赤に熟したすいか。これはうまいぞ、巣に運ぼう!
でもね・・・。
小さな小さなありにとって、すいかはとてつもなく大きいのです。
たとえそれが輪切りになったとしていても、びくともしません。
そこで、大勢の仲間を呼び出して、
「よーいしょ! こーらしょ!」
それでも動かないすいか。
そこでありたちが考えついた方法とは・・・?

もしも、自分がこんなに大きなすいかを見つけたら、どんなことになるんだろう。
甘くて美味しい、水分たっぷりのすいか。
食べきれないほどのすいか。

続きはこちら>>>

 

(磯崎園子 絵本ナビ編集長)

すきだから いっこまるごと かじりたい…『すいか!』

すいか!

すいか!

おじいちゃんの畑であま~く育ったすいか。うららちゃんとだいちくんの兄弟や動物たちがおもいっきりかぶりつく。その味は……もちろん、最高! 一気に食べたら、みんなすいかになっちゃた!? すいかのおいしさを、色彩豊かな絵と「すいか」の折り句(各句の初めに物の名前を一字ずつ読み込んだ言葉遊び)でリズミカルに表現。思わずすいかが食べたくなっちゃいます。読み聞かせにもピッタリ。

すいかカーで真夏のドライブ! 『モリくんのすいかカー』

モリくんのすいかカー

モリくんのすいかカー

舞台は夏の海。海水浴に来たモリくんたちのところに、大きなすいかが!
さっそくみんなですいか割りを楽しみます。
ぱかーん!見事にまっぷたつに割れたすいか、中味を美味しく食べた後はやっぱりあれですね。モリくんと仲間たちは、食べ物を使ってくるまを作ってしまうのが大得意なのです。
しかも!今回はなんと水陸両用、船にもなっちゃうんです。
夏の暑い日差しの下、広い海の上にぷかぷか浮かぶすいかカー・・・なんて涼しげ、なんて気持ちが
良さそうなんでしょう。するとすいかカーの下にぶきみな黒い影がやってきて?

続きはこちら>>>

 

(磯崎園子 絵本ナビ編集長)

http://www.ehonnavi.net/ehon/85439/%E3%83%A2%E3%83%AA%E3%81%8F%E3%82%93%E3%81%AE%E3%81%99%E3%81%84%E3%81%8B%E3%82%AB%E3%83%BC/

すいかが割れる、しかけが楽しい『ねこざかなのすいか』

すいかのプール

すいかのプール

「さっく さっく さっく」「しゃぽん」

今年も真夏のお日さまをしっかり浴びて、すっかり熟してます。大きなすいかがぱかっと割れたら、さあ、すいかのプールのプールびらきです!

一番乗りはおじいさん。タネをすぽっと抜いて、自分だけの小さなプール。すると子どもたちも後から後からやってきます。さっくさっく足音立てたり、飛び込んでみたり、みんなでぴちゃぴちゃすれば、すいかジュースがたまります。すいかの皮ですべり台を上手に作るのはおじいさん。すぅーっ、どぶん。

……なんて素敵、すいかのプール。

真っ赤に熟した大きなスイカを目の前にした時、水分をたっぷり含んだその表面を眺めながら、「ああ今すぐここに飛び込みたい 」。一度でも想像を膨らませてしまったことのある方へ。この絵本にはまさにそんな夢が詰まっているのです。想像通りの音をたて、想像通りの気持ちよさ。そうそう、これこれ!

子どもたちの楽しい空想の世界を、愛らしく、でもとても具体的にいきいき描くこの絵本は韓国から。すいかへの憧れは共通のようです。思いっきり遊んだ一日はあっというまに終わります。でも大丈夫。来年もまたきっと……ね!

(磯崎園子 絵本ナビ編集長)

https://www.ehonnavi.net/ehon/119417/%E3%81%99%E3%81%84%E3%81%8B%E3%81%AE%E3%83%97%E3%83%BC%E3%83%AB/
https://www.ehonnavi.net/ehon/119417/%E3%81%99%E3%81%84%E3%81%8B%E3%81%AE%E3%83%97%E3%83%BC%E3%83%AB/

その数はなんと…『30000このすいか』

30000このすいか

30000このすいか

山の中の広い畑での~んびりと
おひさまの光をたっぷり浴びて育った見事な「すいか」たち。
その数はなんと30000個。まるまるとしていて美味しそうです。

ある日のこと。
カラスの噂話を耳にしたすいかは
驚愕の事実を知って気絶しそうになります。

「ねえ。みんな きいた?わたしたち たべられるんだって!」

それはたまったもんじゃないと、すいかたちは夜中に脱走を企てます。
静かな月夜です。
真夜中の山の道路をごろごろごろ ごろごろごろごろ。
30000個のすいかがごろごろごろ逃げているんです。
なんという迫力!なんという光景なんでしょう。

続きはこちら>>>

 

(富田直美 絵本ナビ編集部)

http://www.ehonnavi.net/ehon/108305/30000%E3%81%93%E3%81%AE%E3%81%99%E3%81%84%E3%81%8B/

すいかのたね

すいかのたね

朝、昼、晩ごはんにすいか、デザートもすいか、すいかが大好きすぎるワニが、うっかり種を飲み込んでしまったからさあ大変!
特色印刷による、おもしろかわいい絵ととぼけたユーモアも楽しい、2014年「ドクター・スース賞」受賞作品。
Amazon(米)で900件、Goodreads(ソーシャル読書サービス)で800件のレビューが付く、超人気絵本の初邦訳です。

主人公の間の抜けたワニくんがとにかく愛らしいのです。
うれしげにスイカをかじる表情もかわいいのですが、種を飲み込んでしまった後の絶望の表情も最高。
子どもたちも大うけすること間違いなしの一冊です。

掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部
この記事の関連キーワード
人気連載
JavaScriptをOnにしてください