スタイルトップ  >  絵本・本・よみきかせ   >   お気に入りの傘は何色? 雨の日が楽しくなる絵本♪

お気に入りの傘は何色? 雨の日が楽しくなる絵本♪

 

雨の日になると、ウキウキした顔をの子がいるよ。どうして?
それはね、お気に入りの傘を使えるから!
さあ雨の中のお散歩、いってらっしゃーい。

何色の傘が好き?「赤いかさ」の絵本

雨が待ちきれないモモちゃん、どうしてかって言うとね…『新装版 ちいさいモモちゃんえほん あめこんこん』

新装版 ちいさいモモちゃんえほん あめこんこん

ちいさいモモちゃんえほんが、読み聞かせにぴったりのサイズになりました!
あめふりごっこ する もん よっといで
新しいかさと長ぐつを買ってもらったモモちゃん。雨がふるのをまちきれません。
 

https://www.ehonnavi.net/ehon/28460/%E6%96%B0%E8%A3%85%E7%89%88%E3%81%A1%E3%81%84%E3%81%95%E3%81%84%E3%83%A2%E3%83%A2%E3%81%A1%E3%82%83%E3%82%93%E3%81%88%E3%81%BB%E3%82%93%E3%81%82%E3%82%81%E3%81%93%E3%82%93%E3%81%93%E3%82%93/

お気に入りの赤いかさの下には…!『あかいかさ』

あかいかさ

赤いかさを持って出かけた女の子。動物たちがかさに入れて、と集まってきます。ウサギもキツネもニワトリも、そして大きなクマまでが……。かさのなかで楽しいコーラスがはじまります。

赤いかさに注目
ほとんどの絵が白黒で、女の子の持っている、この「あかいかさ」だけが「赤色」
だから、とっても引き立ちます。
雨が降ってきて、動物たちが、女の子のかさに入ってくる。
その繰り返しなんだけど、
「あれ、お母さん?ちょっと前のページにもどって。」
息子がふと気づきました。このかさ、ちょっと大きくなってない?って。
そう、かさに動物たちが入ってくるたびに、かさは少しずつ大きくなり…
出ていくと、少しずつ小さくなっていくのです。
その変化が少しずつで、ページをめくるわくわく感があります。派手さも、劇的な出来事もないけど、読後にほっとする感じがして、大好きです。
(たかくんママさん 30代・ママ 女の子9歳、男の子5歳)

ちゃぷ ちゃぷ ちゃぷ♪雨の日って楽しい!『あめふりさんぽ』

あめふりさんぽ

今日はあめふり。
そうだ。
大好きな赤い雨傘をもって長靴をはいて、水色のカッパをきて
あめふりさんぽにいこう。

ちゃぷ ちゃぷ ちゃぷ
長靴で楽しい音をたてながら、雨好きのお友だちと一緒に
あめふりさんぽ。

カタツムリさん、アジサイさん、オタマジャクシさんにカエルさん。
みんなで楽しく歌います。
ぽたぽた ぽったん ぴたぴた ぴったん

憂鬱な雨の日がこんなに楽しくてキラキラしているなんて。
自分の持っている雨傘や長靴を、出会ったカタツムリやアジサイにかしてあげる女の子。
女の子と一緒になってあめふりを楽しむ生き物たちの生き生きとした楽しい表情。
ああ、雨の日ってこんなに楽しいものだったんだ!
透明感のある色彩とあたたかいぬくもりを感じる水彩画の世界が印象的な江頭路子さん。
雨がふればふるほどはしゃぐ色の世界が本当に素敵。
そしてもちろん雨があがったら…。
最後のページで、思わずにっこりとしてしまう優しい絵本です。

(富田直美  絵本ナビ編集部)

https://www.ehonnavi.net/ehon/102276/%E3%81%82%E3%82%81%E3%81%B5%E3%82%8A%E3%81%95%E3%82%93%E3%81%BD/

広げると雨がふりはじめる…!?『まほうのかさ』

まほうのかさ

主人公は運動がとても苦手な一年生の男の子、いちろう。
いちろうは体育が大嫌い。いつも体育の時間が近づくと、なんとか休めないか、雨がふって中止にならないか、念じています。だけど、さすがにお天気を自由に変えるなんて無理。

……ところが、ある夜。いちろうの夢に、マントを着た不思議な女の子が出てきてこう言うのです。
「わたし、まじょの女の子なの。なにか、わたしに してもらいたいことは ない?」
いちろうは、すぐに答えます。
「あした、雨がふると いいんだけどなあ」
すると、その子はいちろうに、赤いかさを渡します。それが「まほうのかさ」だと言うのです。
広げると雨がふりはじめて、とじるとすぐに雨がやむ、魔法のかさ。
本当にそんなことできるの?
そもそも、これは夢じゃないの?
だけど朝、玄関には本当にその赤いかさがささっていて……。

物語の展開は、魔法のように軽やかに・・・とはいかず、事態は2転3転していきます。
魔女だって、さらりと夢を叶えられるわけじゃないようです。
健気に運動場を駆け回る彼女は、なんだか必死で、凛々しくて、でもとってもチャーミングで。
やりとげた姿を見ていると、悩んでいたことがなんだかちっぽけな気がしてきて。
日常の中の、ちょっと不思議な出来事。
はたさんの描く、躍動感あふれる印象的な場面の数々とともにお楽しみください!

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

https://www.ehonnavi.net/ehon/108154/%E3%81%BE%E3%81%BB%E3%81%86%E3%81%AE%E3%81%8B%E3%81%95/

私が持っているのは…?「黄色のかさ」の絵本

大好きな黄色のかさでお散歩!『ちいさなきいろいかさ』

ちいさなきいろいかさ

ちいさなかさ!きいろいかさ!ばくさんも、きりんさんもはいったふしぎなかさ!大好きな黄色のかさを買ってもらって、はじめてひとりで散歩にでかけた女の子の、新鮮な感動をさわやかに描きます。

こんな傘あったら雨の日が楽しそう
夢のような傘です。なにしろ、濡れて困ってる動物たちがどんなに背が高くても大きくても、それに合わせてなっちゃんの傘は形を変えてしまうんです。
雨の日に自分の小さい傘をひろげてピチャピチャ歩くだけできゃっきゃっと喜んでいる娘もとても共感してるみたいです。
(なつのママさん 30代・ママ 女の子3歳)

子どもと雨のささやかなひととき『あめあめぱらん』

あめあめぱらん

あめあめぱらん ぽつぽつぱらん……

うかぶははっぱ はっぱはみどり

みどりはかえる かえるはうたう……

シンプルなことばあそびと、美しいやわらかな水彩画で、子どもと雨のささやかなひとときを描いた絵本です。

梅雨におすすめ
雨のふる日に、このやさしくあかるい表紙を見て、おもわず手に取りました。
かんたんな言葉だけで、かかれています。
言葉が、つぎの言葉につながるのですが、雨の日の様子が、よくわかる言葉がえらばれています。
音のリズムもいいですし、小さなこどもも楽しめると思います。
そして、絵がとってもきれいです。
あめのひのきれいなところだけが、とりあげられたような色合いです。
こんな絵本を、梅雨によめば、あかるい気分になれそうです。
(あんじゅじゅさん 40代)

雨粒が語りかけてくる絵本『あめ ぽぽぽ』

あめ ぽぽぽ

ある雨の日、ぼくはママといっしょに公園に出かけます。
ぽぽぽ、さあさあ、ぴとぴと、じゃくじゃく、きらきら…など、
歌人・東直子がつむぐ、リズミカルに光る言葉の数々。
子どもも大人も心地よくなる、雨粒が語りかけてくる絵本です。

 

https://www.ehonnavi.net/ehon/28142/%E3%81%82%E3%82%81%E3%81%BD%E3%81%BD%E3%81%BD/

雨の日って、きれいで ふしぎで いつもとちがうにおいがする?『あめのひのくまちゃん』

あめのひのくまちゃん

雨のお散歩は、すてきなことがいっぱい!

雨が ふってきました。
さっきまで 遊んでいた 公園は、
どうなっているかしら?
疑問に思ったくまちゃんは、見に行きます。

葉っぱから落ちる雨粒を喜ぶ生き物たち。
水紋を数えるカニさん親子。
森の中で、雨に気づかないリスたち。

くまちゃんは気づきます。
雨の日って、きれいで ふしぎで いつもとちがうにおいがするってこと。

くまちゃんといっしょにお散歩に行きませんか?

https://www.ehonnavi.net/ehon/91352/%E3%81%82%E3%82%81%E3%81%AE%E3%81%B2%E3%81%AE%E3%81%8F%E3%81%BE%E3%81%A1%E3%82%83%E3%82%93/

おじさんのお気に入りは「渋いかさ」?

立派な傘がぬれるのが嫌で…!?『おじさんのかさ』

おじさんのかさ

おじさんは、とってもりっぱな傘をもっていました。
でかけるときはいつも傘をもって出かけましたが、
雨が降っても傘をさしませんでした。
なぜって、傘が濡れるからです。
ある日おじさんが公園で休んでいると、雨が降ってきました。ちいさな男の子が雨宿りに来て、友達の小さな女の子の傘に入り、二人で歌を歌いながら帰ります。
「あめがふったら ポンポロロン
あめがふったら ピッチャンチャン」
おじさんもつられて歌いだしてしまいます。

黒くて大きいお父さんの傘を抱えて…『かさ』

かさ

かさ

作・絵:太田 大八
出版社: 文研出版

雨が降りしきる公園の脇を、女の子が歩いています。
真っ赤な傘をさして、大きな黒い傘を脇に抱えて。
友達とすれ違い、線路の橋を越え、歩道橋をわたって、女の子と赤い傘が進んでいきます。
やってきたのは駅。そう、おとうさんを迎えに来たのです。
ケーキを買って、おとうさんの大きな傘に入り、家路につきます。

https://www.ehonnavi.net/ehon/1641/%E3%81%8B%E3%81%95/

磯崎 園子(絵本ナビ編集長)

掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部
この記事の関連キーワード
人気連載
JavaScriptをOnにしてください