スタイルトップ  >  絵本・本・よみきかせ   >   「第12回MOE絵本屋さん大賞2019」発表!第1位は『なまえのないねこ』

「第12回MOE絵本屋さん大賞2019」発表!第1位は『なまえのないねこ』

株式会社白泉社が主催する「第12回MOE絵本屋さん大賞2019」の大賞および部門賞が2019年12月20日に決定しました。

「MOE絵本屋さん大賞」は、月刊「MOE」が全国約3000人の絵本専門店・書店の絵本売場担当者へのアンケートをもとに、支持を集めた新作絵本30冊と部門賞(「新人賞」「パパママ賞」)を決定する年間ランキングです。受賞した作品は、全国3000店以上の書店でフェアを実施予定です。

島田ゆかさんの『ぶーちゃんとおにいちゃん』がシンボルです

第1位 『なまえのないねこ』 文:竹下文子 絵:町田尚子 (小峰書店)

『なまえのないねこ』

なまえのないねこ

第12回MOE絵本屋さん大賞2019第1位!
第3回未来屋えほん大賞・大賞!
第10回リブロ絵本大賞・大賞!
第8回静岡書店大賞〈児童書新作部門〉第2位!

八百屋や書店、パン屋、蕎麦屋、喫茶店などの飼い猫たちが、みんな持っている「名前」に憧れている、ひとりぼっちの猫。
ある日、お寺の猫に「自分で好きな名前をつければいいじゃない」と言われ、名前を探すことに。
名前のない猫が見つけた「ほんとうに欲しかったもの」とは?
愛猫家で猫が主人公の作品を多く発表している作家と、同じく愛猫家で猫の絵が人気の画家による猫愛に溢れた絵本。

第2位 『ころべばいいのに』 作:ヨシタケシンスケ (ブロンズ新社)

『ころべばいいのに』

ころべばいいのに

発想えほん第4弾。きらいな人がいてもいいんじゃない!ヨシタケシンスケ流こころの処方箋。イヤな気持ちって、自分ではどうしようもないどしゃぶりの雨のようなもの。そんなときはね・・・!

第3位 『たべものやさん しりとりたいかい かいさいします』 作:シゲタサヤカ (白泉社)

『たべものやさん しりとりたいかい かいさいします』

たべものやさん しりとりたいかい かいさいします

商店街で「しりとり大会」開催!おすしやさんにパンやさん、ラーメンやさんチーム…優勝はどのお店!? 笑い&涙ありで、心も満腹に!

第4位 『それしか ないわけ ないでしょう』 作:ヨシタケシンスケ (白泉社)

『それしか ないわけ ないでしょう』

それしか ないわけ ないでしょう

「大人になったときに未来に待っているのは、大変なことばかり。それって本当!? それしかないわけないでしょう! 考え方ひとつで楽しい未来がたくさん見えてくるはず。未来に不安を抱えるすべての人に読んでほしい一冊。」

第5位 『へいわとせんそう』 文:たにかわしゅんたろう 絵:Noritake  (ブロンズ新社)

『へいわとせんそう』

へいわとせんそう

くらべてみると、みえてくる。「へいわのボク」と「せんそうのボク」では、なにが変わるのだろう。同じ人や物や場所を見開きごとにくらべると、平和と戦争のちがいがみえてくる。これまでになかった平和絵本!

<本作に寄せて>

戦争が終わって平和になるんじゃない。
平和な毎日に戦争が侵入してくるんだ。  谷川 俊太郎

第6位 『みずとは なんじゃ?』 作:かこさとし 絵:鈴木まもる  (小峰書店)

『みずとは なんじゃ?』

みずとは なんじゃ?

あさ おきて、かおを あらう みず。
うがいを したり、のんだりする みず。
みずとは、いったい どんな ものなのでしょうか?
暮らしの中で出会う水を通して水の不思議な性質を知り、
自然環境に目を向けるきっかけとなるような、科学する心をはぐくむ絵本。
かこさとしさんが手がけた最後の絵本。

第7位 『Michi』 作:junaida (福音館書店)

『Michi』

Michi

Michi

作:junaida
出版社: 福音館書店

ひとすじの道、そして幾千の物語

表紙をめくると、背中を向け、足を踏ん張って立つ子ども。小さな一歩を踏み出そうと決心した、その行く手には、まっ白な道が、どこまでものび、その先には、ふしぎな町の数々が、待ち受けている。彼、彼女と一緒に道をたどるようにして、ページをめくってみてください。次々に現れる、ため息のでるような色彩と繊細なタッチで描かれた町のすみずみに目をこらせば、秘められたたくさんの、そして自分だけの物語が見つかるかもしれません。

第8位 『ねえさんといもうと』 文:シャーロット・ゾロトウ 絵・訳:酒井駒子 (あすなろ書房)

『ねえさんといもうと』

ねえさんといもうと

小さいいもうとは、いつもねえさんといっしょです。学校へ行くときも、遊ぶときも、おやつを食べるときも。ところが・・・。

日本オリジナル版、待望の刊行!

第9位 『ねこのずかん』 作:大森裕子 監修:今泉忠明 (白泉社)

『ねこのずかん』

ねこのずかん

大人気ずかんシリーズ第3弾。猫の種類、生態から「猫語」「猫と仲良くなるには?」まで、無類の猫好きが贈る、猫のすべて。

第10位 『ノラネコぐんだん おばけのやま』 作:工藤ノリコ (白泉社)

『ノラネコぐんだん おばけのやま』

ノラネコぐんだん おばけのやま

お団子屋さんに忍び込み、勝手にお団子を作って美味しくいただこうとするノラネコぐんだん。すると、お団子が竜巻に飛ばされて…!?

【部門賞】

新人賞 第1位 『むれ』 作:ひろたあきら (KADOKAWA)

『むれ』

むれ

【読み聞かせで子どもがむらがる! 笑える探し絵本】
シンプルなテキストに、びっしり描き込まれた”むれ”。子どもたちは夢中になって“むれ”の仲間はずれを探します。

ひつじのむれ、さかなのむれ……、とうめいにんげんのむれ?

だんだんかわった“むれ”が登場します。
最後に登場する驚きの”むれ”に、子どもたちは大興奮!

ひと味違った探し絵遊びができるこの1冊。読み聞かせ会にも最適な、子ども参加型の「笑える探し絵本」です。
 

パパママ賞 第1位 『ノラネコぐんだん おばけのやま』 作:工藤ノリコ (白泉社)

『ノラネコぐんだん おばけのやま』

ノラネコぐんだん おばけのやま

お団子屋さんに忍び込み、勝手にお団子を作って美味しくいただこうとするノラネコぐんだん。すると、お団子が竜巻に飛ばされて…!?

※第11位以下は、12月28日発売の「MOE」2月号でご確認ください

各部門賞第2位以下は、12月28日発売の「MOE」2月号でご確認ください。

2019年12月28日発売の「MOE」2月号

MOE 2020年2月号

■ 特別ふろく ■
ヒグチユウコカレンダー2020

ヒグチユウコさんのカレンダーが手に入るのはMOEだけ! !
A4サイズ16ページの豪華仕様&壁掛けタイプ。
描きおろしの絵も収録!


■ 巻頭大特集 ■
全国の絵本屋さん3000人に聞いた年間ランキング!
第12回MOE絵本屋さん大賞2019

今年も、全国の絵本屋さんが選ぶ「今年もっともオススメしたい絵本」が決定します!

絵本ランキングはいったいどうなるのか。
受賞作家へのインタビュー、絵本屋さんたちの推薦レビューを通して受賞作品の魅力をたっぷりとお届けします!

同時発表の「新人賞」、幼児向け絵本を対象にした「パパママ賞」にもご注目ください!
!


■ おもわず笑顔になるキュートさ!
猫雑貨コレクション

■ 物語の世界を楽しもう!
絵本&キャラクターカフェめぐり

■ 静謐なる光の時間
デンマークの画家 ヴィルヘルム・ハマスホイ

■ ヒグチユウコ最新ニュース

■ かわいくておいしい11軒
京都のチョコレート屋さん

■ 大人の絵本ガイド
絵本で愛を贈る

■ 新・季節連載
「しばわんこの和のおもてなし 冬」 川浦良枝

■ 審査結果発表!
第8回 MOE創作絵本グランプリ

■ ヨシタケシンスケ最新ニュース

■ 好評連載 ■
「ワンワンちゃん」工藤ノリコ
「旅ごはん」小川糸/文牧野千穂/絵
アーティスト・インタビュー 美内すずえ
注目の作家インタビュー 堀内紅子
MOEのおすすめ新刊絵本
広松由希子の絵本棚 世界で見つけた! 宝物絵本

kodomoe2月号表紙(20年1月7日発売)

パパママ賞は、2020年1月7日発売の育児情報誌「kodomoe」2月号でも特集いたします。

掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部
人気連載
募集・プレゼント・お得情報
JavaScriptをOnにしてください